OLPC (One Laptop Per Child) 子供たちに1人1台のノートパソコンを  与えようというプロジェクト。  →Classmate_PC
Olsen,Ken DEC(Digital Equipment Corporation)の創立者のひとり。  長く同社の社長をつとめる。詳しくは下記参照。  http://www.anecs.net/comp/history/minicom-birth.htm
OLT (On Line Talk) チャットのこと。Biglobeの用語。
OLTP (On-Line Transaction Processing) オンライン・トランザクション処理。  つまりネットワーク・センターなどで多数の端末からの要求をさばく処理  をいう。1980年代頃までは全てをセンターが処理し、端末は単にキーボード  から入力したものをセンターに渡し、センターから送られて来たものを画面  に表示するだけのものが多かったが、日本航空の座席予約システムなどを  皮切りに、端末側がかなりの処理を行なってセンターに過度の負荷を掛けない  システムが登場してきた。この動きもダウンサイジングを後押しした。
OLTPマシン OLTP用にチューニングされたコンピュータシステム。
omega →オメガ
OMG (Object-oriented Management Group) オブジェクト指向のシステムの  標準化のための団体。1989年結成。CORBAなどを作った。
OMR (Optical Mark Reader) 光学式マーク読取装置。
OMS (Open Music System) Opcode社が開発したMIDIをシステムレベルで  使うためのMacintosh用の機能拡張書類。
OMTP (Open Mobile Terminal Platform) NTT DoCoMo, Vodafone, など  世界の大手携帯電話会社8社で2004年6月23日に発足させた携帯電話の基幹技術  を検討するためのコンソーシアム。拠点はイギリス。そのほかの当初メンバーは  フランスのOrange S.A. ドイツのT-Mobile International AG&Co.KG  イギリスのmmO2 Plc イタリアのTelecom Italia Mobile S.p.A.  スペインのTelefonica Moviles S.A. フィリピンのSMART Communications,Inc.  このほかに、オランダのKPN,イギリスの3UK, スペインのAmena,  フランスのSFR, ノルウェーのTelenor, オーストリアのOne Austria  の6社も参加の意向を表明している。
On2 ビデオ圧縮技術を開発しているアメリカの会社。VP6などのVPシリーズ  で知られる。  http://www.on2.com
ONL (ONLine) 接続中
OnNow マイクロソフトが提唱しているパソコンの節電技術。使用していない  部品の電源供給を切っておき、使う前に通電するものだが、これをシステム  レベルで行うもの。
ONOC (Oceania National Olympic Committees) オセアニア五輪委員会  →IOC
OOPS (Object-Oriented Programming Style) オブジェクト指向プログラミング。  1980年代半ばにこれが注目されはやり始めたころは、文字どおり「ウープス」と  発音し、驚異であることを強調する人が多かった。  →オブジェクト指向
OOXML (Office Open XML) オフィス文書の標準形式。  Microsoftが2005年12月に提唱し、2006年12月にECMAで標準化された。  XMLベースのデータでファイルはZIPで圧縮されている。  MicrosoftのOffice2007で標準採用された。同ソフトのデータの拡張子は  次のようになっている。  Word -> .docx Excel-> .xlsx PowerPoint -> .pptx  →XPS
OP (Out of Print) 絶版
op (opus) 音楽家の作品番号。
OPEC (Organization of Petroleum Exporting Countries) 石油輸出国機構  →OAPEC
Open32API Windows用32ビットソフトをOS/2に移植するためIBMが開発した  API。OS/2 Warp4 で利用できる。
OpenBSD Unixのディストリビューションのひとつ。NetBSDの開発者が別に  開発したものらしい。DOS/V機,Macintosh,SPARCなどで動作する。
OpenDoc アップルが中心になって提唱したドキュメントの相互互換環境。  1990年代の早い頃にこれをアップルが発表した時は、新世代の技術として  大いに脚光を浴びたのだが、アップルはいつまでたっても、それを製品化  することができなかった。そのうちMicrosoftが従来のWindowsのDDEを  改良してOLEを作成。こちらが先に普及してしまったため、ひどい本に  なると Open Doc は OLEのパクリだとか書いてあったりする。  アップルという会社はこういうことが多い。せっかく素晴らしい技術を  考案しても、それが全然メドがたたない内に発表だけして、ライバル会社  が先に実用化し、アップルの製品ができあがった頃にはすっかり時代遅れ  になっているのである。  またOpenDocはプログラマへの宣伝の仕方も良くなかった。まるでこれが  登場したら、今までのプログラムの組み方はもう全て変わってしまう、  みたいな言い方をかなり強調したので、それによりアップルそのものに  見切りを付けて当時シェアを急速にのばしつつあったWindowsに転向した  人たちが大勢いたはずである。
Open_eBook マイクロソフトが提唱した電子出版物の標準仕様。  →電子ブック
OpenGL (Open Graphic Library) シリコングラフィックが開発した  2D,3D用のグラフィックAPI。現在は仕様の管理はARBが行っている。  高機能のグラフィック機能を持っており、多くのソフトがOpenGLと  DirectXの双方に対応している。
OpenGroup 1996年2月にOSFX/Openが合併してできた団体。  「UNIX」の商標権をX/Openから引き継ぎ、UNIX系OSを開発している企業に  ライセンスしている。またネットの接続の信頼性・セキュリティ、などの  技術向上も目指している。    コンピュータ関係の企業だけでなく金融・信販関係の企業も参加している。  マサチューセッツ州ケンブリッジに本部がある。
Open_Linux Calderaが発売しているLinuxのディストリビューション。
OPEN_LOOK UnixのGUIの仕様のひとつ。AT&Tとサンが開発しUIが提唱した。  サンの Sun View の仕組みを継承している。  →Motif
OpenMG (Open Magic Gate) ソニーが提唱したパソコン上のデジタル著作権  管理技術。
OPENSTEP NeXT社が開発したOSNEXTSTEPをNeXT以外の環境で動作できる  ようにしたもの。1994年9月に発表された。この開発にはSunmicrosystems  も参加し、同社のOS Solaris上でも動作するようになっていた。    なお、正確には、技術仕様そのものを OpenStep と書き、それを実装した  製品は OPENSTEP と書くらしい。    OPENSTEPは広く普及するかも知れないと考えた人も多かったが実際には  営業力不足などもあり、あまり普及しなかったが、SunのJavaの開発思想  に影響を与えたとも言われている。