Mova ムーバ。NTTが1991年4月に発売した携帯電話。それ以前のモデル  から飛躍的に小型化され、多くの「ふつうの」人達に『こんなものなら  持ち歩いてもいいかな』と思わせた画期的な端末である。    NTTはTVCMでは「これはもう携帯電話ではない。ムーバだ」といった感じの  前衛的なコピーを付けて(映像も前衛的だった)その衝撃的なほどまでに  コンパクトボディを披露した。    ムーバはそれ以前のモデルから高さで半分、厚さで3分の1という極端な  小型化が行われており、これはなんといってもバッテリー技術の進歩が  大きい。  この端末の商業的な成功に乗じて翌1992年7月NTTは携帯電話を扱うための  子会社DoCoMoを発足させた。このため1991.04〜1992.07に発売された  ムーバにのみ NTT のロゴが入っている。
Movie パソコンの世界では動画のこと。初期の頃は特にQuickTimeの  ファイルのことを言う場合が多かったがその後MPEG,RealMedia,AVI  など多くの動画形式が広まった。  →QuickTime,AVI,MPEG,Director
MoviePlayer Apple製のMacintosh用動画ビューワー。
MOX (Mixed Oxide Fuel) 混合酸化物燃料。
Mozilla 元々はNetscape Navigatorの内部名称。MosaicとGozilla(ゴジラ)  の合成語ともいわれる。Netscape NavigatorはWWWサーバーに対して Mozilla  と名乗っている。  1998年Netscape社はNetscape Navigatorのソースコードを公開。これに  基づいてオープンソースのブラウザ開発プロジェクトが立ち上がり、これ  も Mozilla という。後のNetscape Navigator は逆に Mozilla のソース  をベースにモディファイして制作された。
MOZIO →文字メッセージ
mp (mezo piano) 音楽用語で「やや弱く」
MP (Mega Pixel) デジカメの解像度の単位で「百万ピクセル」。
MP (Melting Point) 融点
MP (Military Police) 憲兵
MP (Multi Processor) 複数のCPUを持つコンピュータ。
MP (Magic Point) アドベンチャーゲーム、ロールプレイング・ゲーム  などで魔法を使うためのポイント。魔法を1回使うたびにその魔法に  応じたポイントが消費され、ゼロになると魔法が使えなくなる。回復  魔法や回復グッズ、ヒーリングスポットなどで増やしたり元に戻したり  できる。  →HP
MP (Multi link Protocol) 複数の回線(特にISDN)を束ねて1本として  使用する技術。
MP接続 (Multi-link PPP connection) 複数のネット接続を利用して分散して  データのやりとりをすることにより高速通信をする技術。たとえばINS64で  64KbpsのBチャンネルを2本束ねて128Kbpsの通信をすることなどができる。  (ただし接続料も倍かかる)
MP3 (MPEG 1 Audio Layer 3) 高音質の音楽・音声圧縮規格。実際には  名前の通り、MPEGの規格のオーディオ部分を使用したもの。CD1枚分  のデータ(本来650MB)を50〜60MBという極端に小さなサイズに圧縮でき  るため、インターネットを通した音楽の配信や、携帯型の音楽再生機  用に使用されている。    2011年現在、最も標準的な音声データの配布方式である。    mp3のエンコーディング方式としてはLAME,Fraunhoferの2つの方法が  広く使用されている。FraunhoferはWindows Media Playerが内蔵する方法  でCBRしか使えない。LAMEはオープンソースで開発されているもので、  CBRの他、ABR,VBRも使用できる。    なお、LAME方式、またABR,VBRなどでエンコーディングされていても  Windows Media Player (の最近のものでは)再生可能である。    →m4a,wave
mP6 RiSE Technologyが発売しているPentium互換MPU
Mpact2 Chromatic社が製作しているDSP
MPC (Multimedia Personal Computer) Multimedia Marketing Council  が規定するマルチメディア用パソコンの基本仕様。
MPC (Motorola Power PC) →PowerPC
MPD (Maximum Permissible Dose) 最大許容放射線量。
MPEG (Motion Picture Experts Group) 動画の圧縮方式のひとつで、  それまでに利用されていたQuickTime, AVI などに比べて遙かに高品質  高圧縮であったのが特徴。高品質すぎて当初は専用の再生ボードを装備  しないと見ることができなかったが、1995年頃からPentium75MHz以上の  CPUパワーがあればソフトで再生できるようになった。  MPEGは画像の中で動くものと動かないものとを区別し、動くものはベク  トルと考えて情報を圧縮している。  なおMPEGは本来はISOの動画に関する専門家グループの名称だが、  そこで定められた規格がそのままMPEGの名前で流通している。    →JVT
MPEG-1 MPEGの仕様のひとつで、高圧縮が特徴。VHS程度の画質がある。
MPEG-2 MPEGの仕様のひとつで、放送用に開発された。MPEG-1より圧縮率  は落ちるが、極めて高品質。DVDのビデオもこのMPEG-2を使用している。
MPEG-4 MPEGの仕様のひとつで、ネットを通じた動画配信用。  ある程度普及したところで2002年2月ライセンス料が機械1台につき25セント  (max100万ドル), 利用1時間ごとに2セント(上限無し)と発表されたことから  突然業界の中から反対運動が起きた。    このため、動画配信を企画していた人たちはReal,Windows Media,VP5  などの他の規格に目を向けはじめた。
MPEG-4_part10 動画圧縮規格のひとつ。別名AVC,H.264。  従来のMPEG-4の倍の圧縮率があるがその従来型MPEG-4との互換性は無い。
mph (Miles Per Hour) 時速マイル。
MPH (Master of Public Health) 公衆衛生学修士。
MPM (Maximum Permitted Mileage) 指定空港間の航空券で、追加料金無しで  最大経由可能な距離。一般的にはTPMの1.2倍程度である。
MP/M (Multi-programming control Program for Microcomputer)   Digital ResearchがCP/Mを元に作ったマルチタスクOS。
MPM2 (Multi Media Presentation Manager 2) OS2 2.1から標準で装備されて  いるマルチメディア機能。
mpman 韓国で製作されたMP3の携帯型プレイヤー。
MPNBBS (Magical recall of Pretty mutation Network BBS)  草の根BBSで使用されていたホストプログラムのひとつ。杉浦康之作。
MPP (Massively Parallel Processor) 超並列コンピュータ。パソコン用の  CPUを数十個並列して作った超高速コンピュータ。
MPTS (Multi Protocol Transport Service) OS2 Warp Server for e-Business  において、LANアダプタとサーバアプリケーションを結ぶ働きをする  ソフトウェアの階層。
MPU (Micro Processor Unit) IC化されたコンピュータのこと。現代で  はパソコンのCPUや各種プロセッサとしてMPUが使用されている。  昔はマイクロコンピュータ(マイコン)とも言った。  →CPU,IC
MPU (MIDI Processing Unit) MIDI機器をパソコンに接続するための装置。  32ch音源を使うにはこの上位規格のSuperMPUを使用する。