JV-Lite (Java Virtual-machine Lite) アクセスが開発した家電などの組込  用のJava実行環境。  ※Lite というのはLight(軽い)ではなく、本来Miller Brewingの商標で   「低アルコール」を意味する。がここでは、Lightと同様の意味で使用   されているものと思われる。
JVM →Java Virtual Machine
JvNCC (John von Neumann Computer Center) ジョン・フォン・ノイマン・  コンピュータセンター
JVOS (JaVa Operating System) 東芝が開発したiTRONベースのJava用OS。  ネットワーク・コンピュータなどでの利用を想定している。
JVT (Joint Video Team) ITUVCEGチームとISOMPEGチームの  合同組織。動画に関する標準規格の策定をしている。
JWA (Japan Weather Association) 日本気象協会  →JMA
【K】
K (kilo) 1000倍、または1024倍。また、KB(kilo-byte or kilo-bit),  KHz(Kilo-hertz), km(kilo-meter), kg(kilo-gram)などの略としても  使用される。
K (karat) 宝石の重さの単位。アメリカでは0.2グラム。イギリスでは0.205  グラム。ct とも。金の純度として使う場合24Kで純金になる。
K (Koechel) ケッヘル。モーツァルトの楽曲に付けられた番号。
K (kelvin) 絶対温度の単位。Kは摂氏(セルシウス)で、-273.15度C=0度K。
K (kitchen) 台所。不動産の部屋の構成を表す時の記号で 2K は二部屋に  台所が付いていることを表す。
Kシリーズ 富士通が展開していたオフコンのシリーズ名。1980年代オフコ  ンが輝いていた時代に、最も売れていたオフコンである。
K点 (Kritischer Punkt) スキーのジャンプ競技で、ここまでが飛べる限界  ですよ、これ以上飛ぶと危ないですよ、というのを表す点。ただしオリン  ピックやワールドカップではこれを越えないとメダルは取れない。
K&R (K&R Kernighan and Ritchie) Cの開発者であり、Cによるソフトの  書き方に関する、提言を行った、ブライアン・カーニハンとデニス・リッ  チー及び、彼らが共著した C の教科書を指す。
K2 (Karakhorum 2) カラコルム山脈にそびえる、世界第二の高峰。
K2 Adobeのプロ用レイアウトソフトInDesign開発コードネーム。同社の  PageMakerの上位ソフトで、Quark社のQuarkXpressの対抗ソフト。  InDesignは1999年3月に発売された。
K5 AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。K5の 5 は 80586、  つまりPentiumと互換性があることを示す。当初は AM5K86 と呼ばれた。  ピンの配列的にも Pentiumの P54C と互換性があり、Pentiumマシンの  CPUを抜いて、これを差し込めば、即使用できる。
K6 AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。元々はNexGen社が  開発していたものをAMDが買い取ったもの。MMX-Pentiumが備えているMMX  命令にも対応している。64KBの一次キャッシュ内蔵。PetiumやMMX-Pentium  が使用している Socket7に対応しているので、それからのバージョンアッ  プ用に使用できる。
K6-2 AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。K6に更に3DNow!  を搭載して、グラフィック関係を強化したもの。Socket7対応。
K6-III AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。K6-2に更に  256KBの2次キャッシュを内蔵。Socket7対応。K6-3 ではなく K6-III に  なったのは、Pentium-III に対抗したためと言われる。
K7 AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。K7は開発コードネーム  で、実際にはAthlonの名前で商品化された。同項参照のこと。
K12 小学校から高校までの12年間の教育。
K56flex (56 kilo-bps flexible ?) 56Kbpsのモデムの規格で、Rockwell  Semiconductor Systems と Lucent Technologies が開発した。56kbpsの  モデム規格をめぐっては、この K56flex と US Roboticsの x2 が熾烈な  争いをおこなったが、最終的には両者を統一してV90という規格ができ  た。K56flexモデムの大半はプログラムの書き換えでV90モデムにアップ  デートできる。  →V.90
K56plus (56 kilo-bps plus) 56Kbpsのモデムの規格で Rockwell Semi-  conductor Systems が開発した。これをもとに Lucent Technologiesと  共同で K56flexが作られた。
K78 (Keycorp 78) Keycorp社が開発したポータブル決済端末。PHSに接続  して使用することができる。
KA (Kilo Ampere) キロアンペア。1000アンペア。アンペアは電流の単位。
Kaバンド (Ka band) 27〜40GHzの無線周波数帯。  →マイクロ波
Kage 「かげ」。2chブラウザの人気ソフトかちゅ〜しゃの作者が  メンテを終了してしまった後、それに2chの新機能に対応させることを  目的として作成されたエクステンダー・ソフト。このソフトのおかげで  かちゅ〜しゃはかなり長い時間、多くの人に利用され続けた。  作者のtripは◆DLL/lGHE。
Kahn,Philippe Borlandの創立者。TurboPascal, Sidekickの開発者。  1983年にBorlandを創立して同社を大きくしてきたが、1990年代に入って  経営に困難が生じると、責任を取って辞任。    その後Borlandからは離れてStarfish社を設立。Borlandから自分が開発した  Sidekickの権利を買い取り、これをLinux向けに改造して提供したりして  いる。Borlandからは引退しても、コンピュータ業界からはまだまだ引退  するつもりはないようである。
kakasi 「かかし」。日本語の構文解析システム。元々は漢字→かな変換を  するために開発されたものだが、その解析システムが優秀であるため、様々  なソフトからその機能を利用されるようになった。全文検索システムnamazu  などもkakasiを使用するのが標準的。  http://kakasi.namazu.org/
KAL (Korean Air Line) 大韓航空。
Kaleida AppleとIBMが共同で設立したマルチメディア関係のソフト技術を  開発するための会社。1996年解散。
KaleidoArt 日立情報ネットワークが開発したデジタル絵画のディスプレイ  システム。画架のような形の41inchのプラズマ・ディスプレイを搭載し、  銀行ロビーや百貨店などでの展示を想定している。
Kaleidoscope Greg Landweberが開発したMacintosh用のユーティリティで  Macintoshのデスクトップを自由にカスタマイズするもの。全体の見栄え  から、アイコン、マウスポインタ形状などを変更できる。
KALI 世界レベルのゲームネットワーク。http://www.kali.net
KanjiKit97_for_Windows パシフィックソフトウェアパブリッシィング社が  開発した、外国のWindows OS上で日本語が使えるようになるキット。
KASUMI (霞) 移動体通信向けの暗号化システム。三菱電機系の開発グループ  により開発された。
Katmai IntelPentium III開発コードネーム。同項目参照。  俗称「加藤舞」。
katana →刀
katana セガのDreamCast開発コードネーム