x86-64 x86のアーキテクチュアを自然に64bitに拡張したもので、当初 
 これを開発したAMDが x86-64 という中立的な名前を付けてIntelに 
 合流を促した。紆余曲折はあったもののMicrosoftの仲介もあってIntel 
 はこれに合意してEMT64(後にIntel 64と改名)を開発。AMDはx86-64 
 をAMD64と改名した。 
  
 そして後にMicrosoftはAMD64Intel 64の総称としてx64の名前を 
 提唱した。詳しいアーキテクチュアについてはx64の項目参照。また 
 そこまでに至る経緯についてはYamhillの項目参照のこと。 

x86Protectモード x86系のCPUでi80286以降に搭載された動作モード。  i80286は24bitのアドレスレジスタを持っていて16MBまでの物理メモリ  (1GBまでの仮想メモリ)にアクセスすることができたが、もっと大事な  のは各プロセスが使用するメモリに保護機能を働かせて他のプロセスから  改変されないようにすることができるようになっていた。プロテクトモード  という名前はここから来ている。  i80286の前の世代のi8086の場合は20bitのアドレスレジスタを持ち  1MBまでの物理メモリを管理していたがこのようなメモリ保護機能がなか  ったので他のプロセスの暴走によりメモリが変更されるおそれがあった。  ただそれ以前のi8086用のソフトでは何かのサービスを呼び出した場合  にそのソフトがこちらの指定した場所のメモリに実行結果を返してくれる  ことを期待して呼び出したりするテクニックが使われているケースがあり  そういうソフトウェアの組合せをプロテクトモードで動作させると当然  うまく動かない。i80286にi8086互換のx86Realモードが用意されたのは  そのためである。  Windows 2.xはこのx86Protectモードで動作していたためDDXOLEの  前の世代のアプリケーション間通信機能)でデータをやりとりする場合、  データの送信側からデータの受信側にメモリのアドレスが渡されても、  間に入っているDDXの管理プログラムがメモリアドレスを変換して渡して  いたので、両者が見かけ上同じアドレスにアクセスしていても実際には  別の物理メモリの場所を見ているという仕組みになっていた。  これは安全であるという安心感はあるがプログラムを作っている側からすると  この仕組みを利用するために受信側と送信側で行うメモリの解放の手順の規約  が厳格で、それにきっちり従っておかないとシステムダウンを招いた。  ただしこの付近の事情はDLL(Dynamic Link Library)を作る場合の規約など  も含めてi386を前提としたWindows3.0の登場でものすごくクリアになった。  なおi386では同じプロテクトモードといってもi386本来のプロテクトモード  と、i80286互換のprotect286モードに分けられていた。これは主として、  アドレスの指定方法の問題と思われる。i386ではアドレスレジスタが32bitに  なって物理メモリ4GBまで、仮想記憶64TBまで対応していた。
x86Realモード x86系のCPUでi8086と互換のモード。i80286以降に搭載  された。それに対してi80286で導入された動作モードをx86Protectモード  という。なおi8086とi80286の間に製造されたi80186は基本的にはi8086の  上位互換なのではあるが、こういう完全な互換モードを持っていなかったため  i8086で動作していたプログラムの中に動作しないものがかなりあり、結果的に  ほとんど使用されなかった。
XAインターフェイス UNIX上で分散トランザクション処理を実現するための  標準インターフェイス。X/Open(現The Open Group)が定めた。
XA-32 IBMが開発した、インテルXeon用のX-Architecture
XA-64 IBMが開発した、インテルItanium用のX-Architecture
Xaminer NTT-Xが開発したセキュリティ診断サービス。
XAML (XML-based Transaction Authority Markup Language) 企業間で取引情報  をXML形式で交換する際の基準。
XAML (Extensible Application Markup Language)  Microsoftが開発したXMLベースのマークアップ言語で、Windows VISTA  で搭載されたWPFで使用されるもの。元々は Extensible Avalon Markup Language  の略であった。AvalonはWPFの開発コードネームである。    電子文書形式のXPSはこのXAMLを使用している。
XAMP (XML,Apache,MySQL,PHP) XML,Apache,MySQL,PHPを利用した  WWWサーバーの環境または開発環境。  →LAMP,AMP
XAMPP (X Apache,MySQL,PHP,Perl) 「ザンプ」と読む。Apache Friendsが配布  しているパッケージで、LinuxWindows環境に、Apache,MySQL,PHP,Perl,  および周辺ソフトなどを簡単にインストールすることのできるツール。  当初はLinux用でLAMPPと称したが、後にWindowsにも対応し、複数のOSに  対応するということから XAMPPの名前になった。
Xanadu 「ザナドゥ」一種の理想郷の名前。Olivia Netwon Johnが主演した  同名のミュージカル映画では、神の娘の主人公が音楽を通して理想郷を構築  するために活躍していた。
Xanadu ハイパーテキスト(HTMLのもとになったもの)の発案者である  Ted Nelsonが提唱した世界規模の情報検索ネットワークシステム。結果的に  は現在のWWWはそれに近いものになっている。
X-Architecture IBMが開発したXeon/Itaniumを利用したミッドレンジ向け  のサーバーソフトウェア・アーキテクチュア。Xeonを使うものをXA-32といい  Itaniumを使うものをXA-64という。  →EXA
XARON_PRO エナジー社が開発したアニメーション製作ソフト。
Xbase dBase互換のデータベース記述言語。
XBox マイクロソフトが2001年11月8日(日本では2002年2月22日)に発売した  家庭用ゲーム機。CPUはPentium IIIを少しデチューンしたもの(733MHz)、  ビデオチップはnVIDIA社の GeForce3 をベースにしたXGPU。メモリー64MB。  オーディオ 256ch音源 5.1ch出力。Dolby対応。DVD, ハードディスク10GB。  100M Ethernet端子。OSはWindows2000のカスタム版。    鳴り物入りで発売されたマシンではあるが少なくとも日本ではかなり悲惨な  営業成績のようである。特に初期の段階で一部のロットでインサートした  DVDディスクに傷が付くというとんでもない不具合が発見されたため、相当  のブーイングを受けたのも響いた。マイクロソフトはこういうデリケート  な問題についてよく分かっていないようで気のない対応をして顰蹙を買った。    セガはこのマシンが発売される前の2001年3月に同社の主力ゲーム機  Dream Castの製造をうち切った(在庫分の出荷も2001年12月7日で終了)が、  ドリームキャストもXBOXと同じ WindowsベースのOS(Windows CE)を  搭載しており、当然そちらに乗り換えるためと想像された。実際、同社は  2002年3月25日にセガの過去のソフトをXBOX向けに調整して発売していく  ことを発表した。
XBOX_Live XBOXを利用してオンラインゲームが楽しめるサービス。
XBRL (eXtensible Business Reporting Language)  XMLをベースにした財務データ記述言語。
XCBF (XML Common Biometric Format)   XMLベースのバイオメトリクスデータの交換形式