lacoocan @niftyが提供しているホームページサービス。 
 2010年2月1日に会員向けのサービス@homepageを事実上吸収した。 

LaGrande インテルが開発中の新しいセキュリティシステムの開発コードネーム。  LT (La Grande Technology)と略す。
LAME mp3の音声の圧縮方法のひとつ。オープンソースで開発されており、  2012年の時点で、mp3の圧縮方法として最も人気がある。  CBR, ABR, VBR という3つのビットレート設定方法がある。    CBR 固定ビットレート  ABR 平均ビットレート。ビットレートは可変だが最終的に指定の平均レートにする。  VBR 可変ビットレート。ビットレートは可変で、品質を優先する。    →Fraunhofer,mp3
LAMP Linux, Apache, MySQL, PHP の頭文字を並べたもので  その名の通り、LinuxマシンにApache,MySQLを稼働させてPHPでWWWサイトを  開発すること。  →AMP,XAMP,XAMPP
LAMPP →XAMPP
LAN (Local Area Network) 企業や家庭などの構内で構築したネットワーク。  一般にパソコン、プリンタ、スキャナ、FAX、サーバー、汎用機、  などを接続し、メールのやりとり、ファイルやソフトの共有、文書の配布、  スケジュール管理、電子会議、業務文書の交換、業務報告の提出、などな  どといったサービスを構築する。    LANを構成する各パソコンやプリンタなどのことをノードという。    初期の頃はまさに構内だけでの通信であったが、だいたい1998年頃から、  LANをインターネットに接続し、LAN上の各ノードからインターネット  環境も利用できるようにするケースが多くなった。    なおLANが構内のネットワークであるのに対して取引先や支店なども合  わせてひとつのネットを構成している場合 WAN (Wide Area Network)、又  海外の支店などまで統合している場合 GAN (Global Area Network)という。  LANとWANの差は公共の(あるいは他人所有の)道路や敷地をまたぐかどうか、  WANとGANの差は国境をまたぐかどうかである。ただし最近はコストの問題  から敷地を越えた場所とネットワークを結ぶ場合、インターネットを  トンネルしてVPNなどで結ぶことが多い。  LANを管理するソフトとしては、Sun Microsystemsが開発したNFSの考え  方が出発点である。その後、MacintoshではApple Talkが標準で利用  できるようにしたため、パソコンの世界ではまず、MacintoshユーザがLANを  利用し始めた。    その後、MSDOSマシンの世界でもNovelのNetWareが強力かつ安定した  動きを見せて、業界標準の地位を築いた。しかしその後Windows NTの  登場により、安価にLANを構築することができるようになり、更には  Windows95以降はWindowsでも標準でファイル共有が行えるようになった  ため、LANは一気に普及して、当たり前の環境となった。Windows98以降は  家庭でも気軽に通信回線の共有ができるようになった。    家庭でのLANを家庭内LAN, 会社内部のLANを社内LANという。  →ネットワーク,イントラネット,無線LAN,VPN
LANアダプタ (LAN Adapter) →LANカード
LANカード (LAN Card)  パソコンなどをLANに接続するためのインターフェイスカード。  ネットワークアダプータ、LANアダプタ、NIC, などとも言う。  最近のパソコンではPCに内蔵されていることが多い。    大雑把に言って有線(100BASE-T)でつなぐものと無線でつなくものが  あり、最近の多くのパソコンは有線は標準装備していて無線がオプション  になっている。    古くはパソコンのPCカードPCMCIA)アダプタに挿入するタイプ  が広く使われた。業界はその後PCMCIAをExpressCardに置換しようと  したが、全く普及せず、ExpressCardしかスロットのないパソコンは  LANのみでなく、様々な機器との接続に難が生じた。    近年ではUSBで接続するタイプが普及している。
LANで行われるサービス LANでは次のようなサービスが基本的である。  (1)ファイル共有 LANにつながった他のマシンに存在するファイルを転送    したりせずにそのまま利用できる。     (2)プリンタ共有 LANにつながったプリンタに、どのマシンからでも印刷    できる。  (3)回線共有 1台のマシン(回線サーバー)が外線(主としてインターネット)    と接続している状態で他のマシンもネットを通して、その回線を同時に    利用できる。       この機能は現在ではルータを使用するのが一般的である。    Windows98時代はWin98マシンを回線サーバーにしてLAN接続されている    他のWindows98,Windows95マシンからインターネットが利用できた。       iPhoneもこういう機能を持っておりテザリングというが、日本国内    ではキャリアが利用制限しており使用できない。  その他、一般のネットワークで使用される、電子メール、電子会議室、  グループウェア、なども利用可能である。
LANのハード規格 LANのハード的な規格としては下記のようなものがある。  (1)Ethernet XEROXのPARCで開発されたもので、現在のLANの主流で    ある。当初の規格は10Mbpsの速度だが、現在は100Mbpsが主流になって    おり、一部では1Gbpsの規格も使用され始めている。  →100BaseTX  (2)LocalTalk Appleが開発したもので、初期のMacintoshに標準装備さ    れていた。230.4Kbps。標準のLocatlTalkのSTPケーブルを使うタイプ    と、配線しやすい細いUTPケーブルを使用するPhoneNetがあった。    現在はEthernetを使用したEtherTalkに移行している。  (3)TokenRing IBMが開発したもので、EthernetがUNIXマシンやパソコン    の世界で普及したのに対して、TokenRingは基幹業務で早い時期から    使用されていた。速度は1〜16Mbpsと遅いが、秩序付けられたプロト    コルを持つため、かなりのパワーを持っていた。  (3)FDDI 光ファイバを使ったLANで、Ethernetが10Mbpsしかなかった時    代に、そのバックボーンとして使用され始めた。LANは全てFDDIに移行    するのではないかと言われた時期もあるが、100MbpsのEthernetが出た    ため、主流はそちらにいった。TokenRingを改良したようなプロトコル    である。