iPod Appleが2001年10月23日に発売した小型音楽再生機器。 
 iTunesとの組み合わせで、大きなヒット商品となり、2000年代の同社を 
 代表する商品となった。 
  
 2001.10.23 1G 最初のiPod. 5GBHD内蔵。約1000曲。2001.11.17発売。 
 2002.03.21  10GBタイプ。 
 2002.07.17 2G タッチホイール採用。ファイルシステムをHFSからFAT32に変更し 
        Windowsにも対応。10GB/20GB。 
 2003.04.28 3G "UltraThin iPod". FireWireの代わりにUSB接続(但し充電はFireWire). 
        10/15/30GB. 
 2003.09    15GB→20GB, 30GB→40GBに変更。 
 2004.07.19 4G クリックホイール採用. 
 2005.06.28  iPod Photoと統合してカラー液晶に変更.充電もUSBに。 
 2005.10.12 5G 動画再生機能. 30GB/60GB. 
 2006.09.12  輝度の向上.ゲーム機能. 30GB/80GB. 
  
 →iPhone,iPad

iPod_mini iPodの小型版で1inchのハードディスク(4GB)を内蔵している。  日本ではこの機種から人気が出た。
iPod_nano iPod miniの後継機でフラッシュメモリを使用している。  2005年9月7日発売.容量は2GB/4GB. 2006年2月7日に1GBタイプ追加。  当初液晶がひじょうに傷つきやすいとして欠陥商品だという物凄いクレーム  が出た。利用者はゲーム機用のフィルターを貼って自衛していた。    2006年9月12日に出た新バージョンは筐体をステンレスからアルミ合金に変更。  2GB/4GB/8GBのラインナップ。
iPod_photo 画像の保存・表示が可能なiPod. 2004年10月28日発表。  2005年6月28日にiPodと統合してシリーズ終了。(本家iPodがカラー化)
iPod_shuufle iPodから液晶画面をカットしたもの。2005年1月11日発売。  nanoと同様にフラッシュメモリ使用。VFATでフォーマットされている。  0.5GB/1GB. 22gでUSB接続し、普通のUSBメモリとしても使用できた。    2006年11月には15gに軽量化したした新バージョンが出た。1GBのみ。  この世代のshuffleはUSB端子を持っておらずイヤホン端子でパソコンの  USBと接続する。
iPod_U2_Special_Edition 2004年10月28日に発表した特別版。  赤と黒を基調とするデザインでロックバンドU2のメンバーのサイン入り。
IPP (Internet Printing Protocol) パソコンからプリンタに転送する印刷  データをリダイレクトして、WWWに表示させるプロトコル。
IPS (In Plane Switching) TFT液晶パネルの制御方式のひとつ。代表的な  制御方式であるTN方式では液晶を注入した両側の配向膜に電極があり、  その間に電界を掛けるが、IPSでは片方にしか電極はなく、∩型の電界が発生  する。この電界によって液晶を水平方向に回転させて偏光の透過・非透過を  制御するのがIPS方式である。日立が開発した。    電界が水平方向に発生しているので横電界方式とも。TN方式に比べて視野角  を広くしやすいが、駆動電圧を高くする必要がある。素材費はTN型より安価  だが、より高度の製造技術が必要である。  なお日立は1999年9月にIPS方式の色のにじみを抑えるために青色シフト方向  と黄色シフト方向を混在させ結果的に更に視野角を広げたSuper IPS技術を  開発した。  →TFT
IPS (Instruction Per Second) 1秒間に実行する平均命令数。  最近のコンピュータでは通常、MIPS(100万IPS),GIPS(10億IPS)で表示して  いる。  →コンピュータの速度,Hz,MIPS,FLOPS,CPI
IPS (In Plain Switching) 日立が開発したTFT液晶の視野角を広げる技術。  ひとつひとつの画素に櫛形電極を付加し、通常のTN型TFTで使用する、  ガラス基板側の電極は無い。この櫛形電極に電圧を掛けることにより液晶  分子を水平に回転させて光をさえぎる。  現在のところ、TN型に比べて製造技術を要し、歩留まりが良くないため  どうしても高価になっている。  →TFT,TN,VA
IPSec (IP Security) 暗号通信のための標準的なプロトコル。VPNで使用される。
IPSEC (IP SECurity architecture) TCP/IP通信のセキュリティを上げる  技術の総称。
IPT (Improved Programming Technology) IBMが開発したソフトウェア  開発の効率化手法。
IPv4 (IP version four) 現在のバージョンのIPアドレス  →IPアドレス,IPアドレスver6
IPv6 (IP version six) →IPアドレスver6
IPX (Internetwork Packet eXchange) ゼロックスのIDPを改良した  プロトコルで、NetWareOSIの第3層に採用している。  →NetWare,SPX
IPX/SPX NetWareで使用されているプロトコル。  →IPX,SPX
IQ (Intelligence Quotient) 知能指数
IR (Investor Relation) 企業の、投資者向け広報情報。relationは  PR(Public Relation)と同様、知らせるという意味。
IR (Infra-Red) 赤外線。ちなみに紫外線は Ultra-Violet (UV)。
IrBus (Infra-Red Bus) Intel,シャープ、HP,マイクロソフトが共同開発し  た赤外線通信の規格。
IRC (International Red Cross) 国際赤十字
IRC (Internet Relay Chat) インターネット上で、テキストベースでチャット  を楽しむためのアプリケーション。
Ircle Macintosh用のIRCクライアントソフト。
IrDA (Infra-Red Data Association) 赤外線によるデータ通信のための規格  および、それを定めた協会。現在 1.0 と 1.1 がある。     1.0 2400bps〜115.2Kbps   1.1 115.2Kbps〜4Mbps  赤外線による通信は線を引かなくてよいので、オフィス内などでひじょう  によく使われている。「○○さん、電話が入ってますよ」などというメー  ルが赤外線で飛び交っている。大声で呼ぶより、よっぽど早かったりする  のである。    最近はザウルスなどの携帯端末やノートパソコンにはだいたいIrDAの  ポートが装備されている。
iReady 三洋電機、シャープ、東芝、三菱電機が2003年12月17日に共同開発に  合意した白物家電の相互接続のための技術仕様。接続機構はカード型に  してこの規格に対応している家電に取り付けて使用する。