i80286 (intel 80286) Intelが1982年に発売した16ビットMPU。 
 8080,8086,に続く、インテルのパソコン第3世代を作ったCPUである。 
 アーキテクチュアは8086からかなり変更されており、80286のNative 
 モードである PROTECETモードで動作させると、16MBまでの物理メモ 
 リを管理することができた。この80286の本来のモードを使って動く 
 のが MS-Windows 3.0 であった。 
 しかしこの80286のNativeモードで動作させた場合、8086用のソフト 
 は動かないので、多くの人がこのCPUを8086の互換モードで使用し、 
 「速い8086」という使い方しかしていなかった。MS-Windowsも実際 
 に普及したのはi80386の時代である。 
  
 クロック数は8MHz,10MHz,12.5MHzの製品があった。 

i80287 (intel 80287) Intelが1983年に発売した高速演算プロセッサ。  8087が8086用であったので、80287はそれを80286に対応するようにした  ものである。
i80386 → i386
i80387 (intel 80387) Intelが1986年に発売した高速演算プロセッサ。  80287が80286用であったので、80387はそれを80386に対応するようにした  ものである。
i80860 (intel 80860) IntelRISCプロセッサ。
i80960 (intel 80960) 1988年に発売されたIntelRISCプロセッサ。  32ビットで7〜12MIPSの性能。
iアプリ iモードの携帯電話でJavaを利用できる環境。各社の503シリーズ  以降でこの機能が搭載された。ただし携帯電話用のJavaはJavaの形はしていて  も普通のホームページ用のJavaとはかなり違うシロモノであり、またメモリ  の制限が厳しいので、かなり特殊なテクニックが必要である。  →KVM
Iインターフェイス (I interface) ISDNと端末間のインターフェイス。  INS64に使用されている基本インターフェイスと、INS1500に使われて  いる一次群インターフェイスとがある。
Iビームポインタ マウスカーソルの形状のひとつで、縦線の形のもの。  一般にテキストの上で、そこでクリックするとその場所に挿入可能である  ことを示す。    →マウスカーソル
iモード (i mode) 1999年2月にDoCoMoが始めた携帯電話のインターネット  サービス。メールの送受信を完全にインターネットの仕組みで実現し、  ホームページも通常のHTMLと互換性の高いCompact HTMLを採用したこ  とで、通常のページでもフレームなどが切られておらず、サイズの小さい  ものなら見れるようになった。    (画像まで含めて約2KB以内とアナウンスされている)  このためiモードに考慮して小さなページサイズで構成した「iMode専用」  ホームページが多数出現して、一大文化が興りつつある。iModeに対応し  た携帯電話はわずか1年で400万人を突破。日本国内最大のプロバイダにな  った。2000年中には2000万人くらいまで加入者が増えるのではないかと言  われている。1999年末にカラーの端末も発売された。    なお、iModeのメールは全角文字で250文字までになっている。    iModeに関する詳しい情報は http://www.nttdocomo.co.jp 参照のこと。    →EzWeb
iモード携帯電話 DoCoMoのiモードのサービスに対応した携帯電話。  通常の携帯電話に比べて、液晶の画面が広くなっており、メールやホーム  ページを表示した時に見やすいようになっている。    2000年2月時点での対応機種は下記の通り。   F501i,F502i, N501i,N502i, D501i,D502i, P501i  この内、F502iとD502iがカラーiModeである。N502iはカラーではない。  iモード携帯電話のOSは携帯端末用に特化したTRONである。  →FOMA
IA (Intel Architecture) インテル社のx86系のCPUで使われている  命令系やCPU構造の総称。基本的には32ビットのIA-32と64ビットの  Intel 64に別れる。    一見IA-32の上位かと思ってしまう名称のIA-64Itaniumに使用され  た構造で、IA-32と互換性がなく、放棄された。インテル社が開発した  CPUでIA-32と互換性のないものはおおむね放棄されてきている。  XSCALEなどもそうである。    →LPIA
IA-32 (Intel Architecture 32) IA-64に対してi386からPentium4  までのIntelの第3〜7世代の32bitMPUの命令セット、およびそれを  実現しているアーキテクチュア。  →Intel_64
IA-64 (Intel Architecture 64) Intelが64ビットMPUItaniumおよび  Itanium2で採用した新しい命令セットおよびそれを実現している  アーキテクチュア。  しかし対抗するAMDIA-32を自然に拡張したx86-64(AMD64と改名)  を世に出し、広く受け入れられ、Itaniumの販売成績が悪かったことから  IntelはAMD64互換のIntel 64を出すに至った。
IAB (Internet Architecture Board) インターネットに関する技術の標準  などを定める団体。ISOCの下部団体で、ISOCの方針などを決定する。  →RFC,IETF
IAC (Inter Application Communication) アプリケーション間通信。
IAEA (International Atomic Energy Agency) 国際原子力機関。
IAHC (International Ad Hoc Commitee) ドメイン名に関する問題を解決  するための特別委員会。
IAL (Intel Architecture Laboratory?) インテルの研究所の名前。  パソコンに関する各種技術の研究を行っている。
IALA (Intel Application Launch Accelerator) Intelが開発した  ハードディスクの最適化ツール。
IANA (Internet Assigned Numbers Authority) ISOCの下部組織で、  インターネットのパラメータ設定を調整するための組織。ここがIPアドレ  スやドメイン名の統括をしている。ただし実際の割当作業に関しては  ヨーロッパのRIPE-NCC、アジアのAPNIC、com/net/orgドメインを管理  するInterNICにより行われている。  インターネットに関する組織改編のため、ICANNに業務移行中。  →TLD