awk テキスト処理用のインタープリタ言語。開発者の Al Aho, Peter J. Weinberger, 
 Brian Kernighan の頭文字を取って名付けられた。 

AWM (advanced wave memory) PCM録音を利用したシンセサイザ用音源の  1つ。ヤマハが開発したもの。  →FM
AWS アマゾンが提供するクラウドサービス。  基本的にはユーザーがそのまま使える機能を提供するものではなく、  ソフト開発者のためのインターフェイスを提供している。
AWT (Abstract Window Toolkit) Javaのライブラリで、ユーザーインター  フェイス関連のモジュールが集められたもの。  Javaではユーザーインターフェイスを構築するのにSwingを使う方法も  あるのだが、SwingはJDK1.2 (Java2という)以降でないと実際問題として  使えないが、Windows + IE の環境では多くの人が JDK1.1相当のVirtual  Machineしか搭載していないため Swingを使用したJava Appletを利用でき  ない環境の人が多い。そのためSwingではなく AWTでプログラムを組む人  が多い。    また、Swingの魅力はどのOSでも同じ操作を実現できることなのであるが、  これに対しても反対意見があって、プログラマが期待する動作をさせるより、  そのOSで標準の動作をさせるほうが、利用者には親切なのではないかという  考えかたもあり、その立場からはSwing より AWTの方が推奨されている。  実際Swingの画面操作はWindowsの標準の操作とかなり違うので利用者を  戸惑わせるのである。  →Swing,SWT
AX (the Architecture eXtended) 三洋電機・シャープ・三菱電機・日本エ  イサーなどが1987年10月に策定した MSDOSマシンの規格。PC/ATに日本語機  能を追加したものである。行儀のよいソフトならPC/AT用の英語ソフトが  そのまま動作する。PC9801に対抗して作られたものであるが、寄り合い所帯  の弱さで結局完全な統一規格が作れず、各社が勝手にAXの拡張機能を作った  りして結果的にAX同士でも完全な互換性はないというひどい話になってしま  った。やがて高性能のCPUが登場しメモリーが豊かに使えるようになると  DOS/Vが登場してAXは退場する。  →OADG
AX x86のレジスタの名前(16ビット)。汎用レジスタ(メイン)。  上下8ビットずつに分けてつかうことができて、上8ビットをAH、下8ビットをAL  という。8ビット時代はA。32ビット版のEAX, 64ビット版のRAXの一部である。  AはAccumulatorから来たものと思われる。
Axe Microsoft Embedded Toolkit 2.0/2.1 の開発コードネーム
AXIS →Apache AXIS
【B】
b ビットの略
B バイトの略。(普通は)8ビットに相当する。8MBとか書いてあった時、  このBがビットなのかバイトなのかというのは、製品の種類や状況によるので  素人にはひじょうにわかりにくくて困ったものである。基本的にはハード  ウェアに直結する世界ではビット、アプリケーションに関わる世界では  バイトが使われることが多い。  例えば『64MB-DRAMの製造ライン』とか書いてあったらビットである。  しかし『64MB-SDRAMを搭載したパソコン』とかいてあったらバイトである。  例えば『通信速度64KBPS』と書いてあったらビットである。  しかし『ダウンロードサイズ64KB』と書いてあったらバイトである。    近年ではバイトを B、ビットを b と書き分ける流儀も広まりつつある。
B+ (B plus) パソコン通信などの無手順通信において、バイナリーデータ  を正確に伝送するためのプロトコルの1つ。Nifty等で使用されていた。  →QuickVAN,X-MODEM
B2B (Business to Bisiness) 企業から企業への販売。
B2C (Business to Customer) 企業から個人への販売。  →C2C
B4 紙の大きさの規格。364mm×257mm。一般的な画用紙のサイズ。  →B判
B5 紙の大きさの規格。257mm×182mm。一般的なノートのサイズ。  →B判,A4
B16 日立が1980年代に発売していた多機能パソコン。MSDOSマシンだが  IBM-PCやNEC-PC98などとは互換性のないシステムで、フロッピーの  フォーマットも特殊であった。(一応PC98でも読むことはできた)。  主力開発言語はBASICやMicrofocus_COBOLなど。
B17 ボーイング社の大型爆撃機。第二次世界大戦で使用された。  愛称は「flying-fortress」(空飛ぶ要塞)。
B29 ボーイング社の戦略爆撃機で第二次世界大戦の後期や朝鮮戦争で使用された。  愛称は「Superfortress」(超空要塞)。
B32 日立のビジネス用パソコンでB16の後継機。B16が8086/80286といった  16bit-CPUを使用していたのに対してB32は80386以降の32bitCPUを使用して  いた。しかしB16ほどは普及せず、日立の主力パソコンはFloraへと以降した。
B47 ボーイング社のジェット爆撃機。プロペラ機のB29の後継として作られたが  あまり時間を置かないうちにB52と交替することになった。  愛称は「Stratojet」(戦略ジェット)。主としてSAC(戦略航空団)が使用。
B52 ボーイング社の大型戦略爆撃機。愛称は「Stratofortress」(戦略要塞)。  ベトナム戦争の時代から湾岸戦争、イラク戦争と50年以上にわたって  使用されている。
Bチャンネル (B channel) ISDNの伝送路のひとつ。ISDNは2本のBチャン  ネルと1本のDチャンネルで構成されていて、Bチャンネルは64Kbps, Dチ  ャンネルは16Kbpsの速度を持っている。通常の電話やモデムなどはBチャン  ネルを使用する。Dチャンネルは主に制御用に使用する。
Bトロン →トロン
B判 紙の大きさの規格の系列。以前は日本の役所関係の書類は全てB判であ  ったが、最近は国際的な流通性の高いA判に切り替えられてきた。   B0 1456x1030   B1 1030x 728   B2  728x 515   B3  515x 364   B4  364x 257   B5  257x 182   B6  182x 128   B7  128x 91   B8  91x 64   B9  64x 45   B10  45x 32
Bリーグ (Basketball リーグ) 2016年から開催される日本の男子バスケット  ボールのプロリーグ。従来のNBLbjが事実上統合された。    両リーグの統一ができないまま混乱が続いてたため日本はFIBAから制裁を  くらい、全理事が辞任した後、FIBA主導のもとで就任した川淵三郎会長の  強い指揮により、NBLbjがひとつにまとまることになり、2016年から  リーグ戦が始まることになった。    なお日本の女子プロリーグはWリーグである。