XHTML ホームページの記述言語であるHTMLの後継規格。HTMLのver.5として 
 規約制定が進んでいたものが XHTML1.0 として2000年1月にW3Cが勧告した。 
  
 HTMLはSGMLをベースにしたものであるが、XHTMLでは SGMLの後継規格とも 
 いうべきXMLをベースにしており、HTMLの4.01を XMLとしても読めるように 
 進化させたものが XHTML1.0であるといってもよい。このため、XHTMLでは 
 <br>のようにHTMLでは開始タグだけで終了タグが存在しなかったようなものも 
 XMLでの「空要素」の書き方である <br/> のように書かなければならない。 
  
 ここでHTMLがXMLベースのものに変更された最大の理由は、最近のXMLの普及 
 で、XMLを処理できるシステムが続々と登場しており、HTML自体がXMLとして 
 処理できることが大きなメリットになってくることを期待できるからである。 
  
 XHTMLに対応しているブラウザは IE4.5以上、Netscape6以上、Opera6以上で 
 これらのブラウザであれば、XHTML1.0で書かれた文書は、だいたい見える 
 はずである。 
  
 2002年11月現在のXHTMLの最新バージョンは XHTML 1.0 Second Edition である。 
 XHTML2.0は現在のところワーキングドラフト状態である。 

XHTML_1.0 HTMLの新しい規格でHTML5.0の名前で基準策定が進められていた  もの。HTML4.0まではSGMLをベースにしていたが、このバージョンからは  XMLベースに切り替えられた。2000年1月にW3Cが勧告。  実際問題として普及はこれからか。    下記の3つのテンプレートが用意されている。     XHTML 1.0 Strict XHTMLの規約に厳密に従ったもの。意欲的な人向け。   XHTML 1.0 Transitional 従来のHTML4.01に少し手を加えるだけで実現     できるもので、大多数の人向けの規格。   XHTML 1.0 Frameset フレームを切る時の規格。
XHTML_1.0_Second_Edition HTMLの最新規格。XHTML 1.0で指摘された  いくつかの問題点を修正したもの。2002年8月にW3Cから勧告された。
XHTML_1.1 いくつかのサイトで見かける表現だが、実態がよく分からない。  W3Cのサイトでも情報を見付けきれないので XHTML_1.0_Second_Edition  の俗称?かとも思うが、調査継続中。
XHTML_Basic 携帯電話や携帯情報端末向けのXHTMLの部分集合。  規格はXHTMLの基本的な機能を中心に編纂されており、<b><i><sup>などの  携帯電話では実現しづらいタグは省かれている。またスタイルシートの  機能も省かれている(但しlinkタグを使えば組み込むことは可能)    auは2002年に発売されたWAP2001搭載機以降でXHTML basicに対応し、  DoCoMo用のC-HTMLで書かれたページもEzWebサーバー側で XHTMLに  変換して表示するようにする。  DoCoMoFOMAをXHTMLに対応させていく意向を表明している。
XIG (eXpanded Interceptive Guardians) ウルトラマンガイアに出てくる  地球防衛のための特捜チーム。  →GUARD
XIM (X-window Input Method) X-Windowにおいて日本語など各言語を入力  するための仕組みで、X11R6で導入された。
XIMP (X Input Method Protocol) X-Windowにおいて漢字変換を実現する  ためのプロトコル。
Xing アメリカの Xing Technology 社が開発したストリーミング技術。  http://www.xingtech.com/ 参照。
xinit X-Windowの初期化プログラム
X-initiative 45度斜め配線技術(X-Architecture)を使用したIC製造技術  の開発・普及をするための団体。Xは45度斜め配線を図形として表したもの。
XIPC アメリカのMomentum Software社が1990年にリリースしたメッセージング  技術。Momentum Software社は1998年に Level 8 Systems社に買収され、  この技術も現在同社から販売されている。  http://www.level8.com 参照。
XIWT (Cross-Industry Working Team) アメリカの国家情報基盤  (National information infrustructure)構築構想をすすめるための  アメリカ国内の企業等がつくる団体。
XJACK 3Com社製のPC Card形式のモデムで使用されている  モジュラージャックの形式。
XKMS (XML Key Management Service) XMLベースの鍵を使用した  電子認証システム。
XKP (eXtended Kanji Processing) 地方自治体で戸籍や住民票などのデータ  をコンピュータで管理するための漢字の環境を整備するためのプロジェクト。  当初は必要な漢字を洗い出してJIS第一第二水準の外字領域に定義していく  方針であったが、のちにunicodeを利用する方向に転換した。
XL (eXtra Large) 特大。
XLD (eXtended Loadable Data?) 画像形式のひとつ。4096色中の16色を  使用可能。  →QLD
XLink (XML Linking Language) XML文書中でリンクを記述するための  規格。XPointerと組み合わせて使用する。W3Cが2001年6月に勧告した。  HTMLではリンクは単純に固定的にしか記述できないが、XLinkを使用  した場合、リンク情報を別ファイルに分離することができるため、  リンクを設定する場所には名前だけを付けておき、別文書で from to  を指定することで、リンクを統一的に扱えるとともに、条件によって  飛び先を変えたり相互リンクを掛けたりといったことが可能になる。
XLL (eXtensible Linking Language) XLink/XPointerを利用した  文書の開発言語。
XM6 (eXcellent eMulater type 6) シャープのX68000シリーズのソフト  を Windows上で動かすためのエミュレータ。
XMA (X-ray Micro Analyzer) X線マイクロアナライザー。  試料の表面に電子ビームを当て、そこで発生したX線の波長を調べて  微小領域の元素分析をおこなう装置。
X'mas (Christmas) クリスマス。Xは本当はキリストのギリシャ語の  頭文字Χ(カイ)である。  →XP
XMF (eXtensible Music Format) 音楽データの交換形式。  MMA(MIDI Manufacturers Association)がAMEI(Association for  Electronic Music Industry)の協力を得て制定した。
XMI (XML Metadata Interchange format specification)  OMG(Object Management Group) が策定中の、WWWを通してデータを  交換するためのデータ形式。
XML (eXtensible Markup Language)  自由なタグの設定によりデータをテキスト形式で構造的に記述した記述言語。  これは今後2010年くらいまでの間、データの基本形式になるであろう、重要な  技術である。まずはXMLのサンプルをあげる。     <person>     <name>      <fname kana="とくがわ">徳川</fname>      <pname kana="みつくに">光圀</pname>      <popular>水戸黄門</popular>     </name>     <date>      <born cal="Jp">1628.06.10</born>      <death cal="Jp">1700.12.06</death>     </date>     <work>      <type>政治家</type>      <position rank="lord" ser="2">藩主</position>      <belongs rank="御三家">水戸藩</belongs>      <dignity rank="従三位">中納言</dignity>      <accomp>藩政の基礎を作るとともに、数百年途絶えていた日本の      歴史書の編纂事業(大日本史)を創始する。この事業は水戸藩で      代々続けられたのち東京大学に移管され現在でも継続している。      また御三家の一人として将軍徳川綱吉の乱行を注意した。      後年「水戸黄門漫遊記」で一躍ヒーローに祭り上げられる。      </accomp>     </work>   </person>    XMLは一見したところHTMLに似ているがタグが自由に設定できるのが特徴  である。HTMLの後継規格と紹介している雑誌やサイトがよくあるがそれは  不正確な言い方であり、XMLはどちらかというと HTMLのベースになった  SGMLの後継規格であり、HTMLの後継規格はXHTMLである。  HTMLは便利な規格なのでWWWの表現用としてだけでなくデータ交換用として  も注目されたが、タグが固定的であるため、電子的なデータ交換に利用する  には無理があった。HTMLのベースとなっているSGMLを使えば可能なのである  が、SGMLは複雑すぎて実際問題として使える人が少なすぎる。そのため、  SGMLより手軽に使えて、いろいろなデータを表現するだけのパワーがあり、  しかも標準化が実現できるものとしてXMLが生まれたのである。    XMLは1996年からW3Cで協議がはじまり、同年にまずワーキングドラフトが  発表され、1998年2月に最初の勧告がなされた。Microsoftはこの新しい規格  に積極的に取り組む意向を表明。W3Cの勧告が出てすぐの1998年5月にリリース  したInternet Explorer 4.5 からこの XML への対応が組み込まれている。  またXMLは上記にあげた例のように、データベースを記述するのにひじょうに  優秀な構造をしている。このため現在ひじょうに多くのデータベースソフト  が XML に対応を終えており、検索結果を XML形式で取り出したり、XML形式  のデータを使って更新がかけられたりするようになっている。    データベース系では以前はCSV,TSV,SYLKなどの形式でデータ交換を  することが多かったが、SYLKはまともに「読める」データ形式ではないし、  CSVやTSVの場合、単にデータの列を表現しただけにすぎず、そこにある  データが「何」なのかというのが、あとで分からなくなってしまう危険が  あった。それにたいしてXMLはきちんと「読める」ものであり、しかも  データのすぐそばにそのタイトルがタグとして書かれているため、それが  何なのかというのがすぐに分かるのである。    XMLはまた色々なデータ交換、データ表現をするためのプラットフォームと  して利用されはじめており、XMLを利用したビジネスデータの交換方式も  多数提案されているし、また数式を表現するためのMathML, マルチメディア  データを扱うためのSMIL などが普及の兆しをみせている。    XML文書を変換したり表示したりするにはXSLXSLT/XSL-FO)を使用  する。またXML文書にリンクを張るにはXLink/XPointerを使用する。  またXML文書をソフトウェアで利用するにはXMLパーサーというソフトを使う  と楽である。    現在のXMLの規格   XML1.0   1998.02 最初の勧告 http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210   XML1.0 Second Edition 2000.10 改訂版 http://www.w3.org/TR/REC-xml   XML1.1   現在 Candidate Recommendation のレベルである。ほぼ現状の         まま規格成立するものと思われる http://www.w3.org/TR/xml11/