VBR (Variable Bit Rates) 画像の圧縮符号化処理の方式。 

VBR (Variable Bit Rates) mp3LAME方式の圧縮において、ビットレート  を可変にして効率よく圧縮する方式。小さい音の所ではまばらに、大きい音  の所では緻密にサンプリングする。ABRと似ているが、最終的に平均ビット  レートがどうなるかは変換してみないと分からない。ABRより品質を優先したい  場合に使用する。だいたいのビットレートは「Quality」の指定で選択する。    Quality Bitrate range kbit/s  insane 320 320固定(320CBR相当)  V 0 245 220〜260 (Extreme)  V 1 225 190〜250  V 2 190 170〜210 (Standard)  V 3 175 150〜195  V 4 165 140〜185 (Medium)  V 5 130 120〜150  V 6 115 100〜130  V 7 100 80〜120  V 8 85 70〜105  V 9 65 45〜85    →LAME,mp3
VBRun Visual Basicを実行するためのランタイム。通常Windowsに組み込ま  れているが、古い版のWindowsを使っている場合は追加しなければならない  場合もある。
VBScript (Visual Basic Script) マイクロソフトのブラウザやメールソフト  で動作するスクリプト言語。これらのソフトではAOL製のブラウザNetscapeで  も利用できるJava Scriptも動作するが、マイクロソフトの製品に限る場合  はこの VBScript も利用可能である。しかし利用可能というだけであり、  実際にはあまり使われていないと思われる。  →VB
VBX (Visual Basic eXtension) 16ビット版のVisual Basic(ver.2まで)で  利用されていた拡張ライブラリ。正式にはVisual Basic カスタムコントロール。  32ビット化されてからはOCXと呼ばれている。
VC (Variable Condenser) 容量可変のコンデンサー。「バリコン」とも。  1970年代頃までテレビ・ラジオ放送のチューナーに使用されていた。
VC (Venture Capital) ベンチャーキャピタル。研究開発型の事業に投下される資本。
VC (Voluntary Chain) ボランタリー・チェーン。  →チェーン
VC (Virtual Channel) ATMにおいて通信している相互のノードの間に設定  される仮想的なチャンネル。これに対して交換局と交換局の間に設定される  経路はVP(Virtual Path)という。  →ATM
VC (Virtual Circuit) 仮想回路。
VC (Virtual Connection) 仮想コネクション。ATMにおいてVCVPの総称。
VC (Virtual Computer) 仮想計算機。TSSの思想的な背景概念で、多くの  人が一台のコンピュータをあたかも自分で独占して利用しているかのように  みせる技法。コンセプト的には、一台のコンピュータの中に、利用者ごとに  仮想のコンピュータが構成され、そこを操作しているかのように見えるもの。
VC (Virtual Corporation) →仮想企業
vc (violon-cello) チェロ。
VC →Value Click
VC++ →Visual C++
vCalendar ネットワークを通してスケジュール情報を交換するためのデータ形式。
vCard 電子名刺。ネットワークを通して個人情報をやりとりするためのデータ形式。
VCCI (Voluntary Control Council for Information technology equipment)  パソコンやその周辺機器がまわりの電化製品に電磁気的な影響を与えないよう  にする基準を策定している委員会。日本電子工業振興協会, 日本事務機械工業会,  日本電子機械工業会, 通信機械工業会が共同で1985年12月に設立した。
VCEG (Video Coding Experts Group) ITU内の、動画に関する規格を  策定しているチーム。  →JVT
VCM (Vinyl Chloride Monomer) 塩ビモノマー。
VCM (Virtual Channel Memory) VC-SDRAMのこと。
VCM (Voice Coil Motor) 薄型のハードディスクに1990年頃から採用され始め  た薄型モーター。それまでの半分の12mmくらいの厚さで構成できた。
VCPI (Virtual Control Program Interface) DPMIの元になったメモリ管理  規格で、Phar Lab Software, Quater deck Office Systems などにより提唱  された。
VC-SDRAM (Virtual Channel SDRAM) 日本電気が開発したSDRAM。  メモリセルと入出力部の間に1024ビット幅のチャンネルを設けてプリフェッチ  やリストアなどの動作を独立して行うことで高速化を果たしている。
VD (Video Disk) ビデオディスク。
VD (Venereal Disease) 性病
VDM (Virtual DOS Machine) 仮想MSDOSマシン。WindowsNT系のOSでMSDOSや  Windows3.1などの16ビット用アプリケーションを実行するための仕組み。  X86系のCPUでは仮想86モードを使って割り込みをトラップする。また  RISC系のCPUではそのようなx86系CPUの動きをシミュレートする。
VDOLive イスラエルのVDOLive社が開発したストリーミング再生ソフト。  独自の圧縮技術 Wavelet を使用し、音声の圧縮に関してはNTTの Twin VQ  を利用している。14.4kbpsから512kbpsまでの速度に対応している。  http://www.vdo.co.jp/
VDSL (Very high data rate Digital Subscriber Line)   超高速デジタル加入者線。  →xDSL
VDT (Video Display Terminal) コンピュータのディスプレイ装置。  CRT液晶ディスプレイなど。
VDT障害 長時間VDTを使って作業することによる健康障害。主な原因として  無理な姿勢を続けていることによる腰や背骨の疲労、またブラウン管を見続  けることによる目の疲労、機械から出る電磁波の影響、そして単調な作業を  続けることによる精神的ストレスなどがある。  目の高さとブラウン管の位置の調整、まわりの照明、適度な休憩、BGMなど  により、かなり回避することが可能である。
VDU (Visual Display Unit) ディスプレイ装置。VDTとほぼ同様の言葉で  あるが、装置自身はVDU, それをコンピュータの端末として使用する場合が  VDTということになる。
VE (Value Engineering) 価値工学。
Vector 日本最大のソフトウェアライブラリを運用している会社。1989年に  梶並伸博らにより設立された。    当時運用されていた多くのパソコン通信で発表されていた優秀なソフトを  手作業で洗い出しては作者に収録許諾メールを送り、フリーウェア・シェア  ウェアを大量に集めたCD-ROMを書籍として発売。作者には無料で配布した。    その後ホームページ時代の到来と共にサイト上での公開方式に切り替え、  作者に無料ページを提供すると共に書籍の方は次第に廃止した。また現在  は自分で探すよりも自然に集まってくるのを待つ方式に切り替えている。    一時期アスキーと提携したこともあるが顧客名簿の管理をめぐって決裂。  裁判闘争を経て単独での事業に戻している。その時期が逆にアスキーが  業績を落として行っていた時期と重なるのも象徴的である。    当初はMSDOS,Windowsのソフトのみであったが、後にMacintoshのソフトに  も手を広げ、FM-Townsなどのマイナーなマシン用のソフトまでカバー  した。初期の頃私が「マックのソフトは扱わないんですか?」とメール  したら「すみません。社内にマック分かる人がいないんです」という  お返事を頂いたのが今となると微笑ましい。    設立当初は「有限会社ベクターデザイン」であったが1996年から「株式  会社ベクター」。この会社の成功は、今の時代でもコンピュータの世界  では、いいアイデアと熱意があれば、立志伝中の人物になれることを  示している。    http://www.vector.co.jp