RealNetworks RealAudio,RealVideo,RealPlayerなどの開発元。 
 1994年に元MicrosoftのRob Glaserが「Progressive Networks」の名前で設立。 
 1997年9月にRealNetworksに改名した。 

RealPlayer 動画再生ソフトでReal Network社が開発・公開しているもの。  フリーで使用できる通常版と、有償の Plus版とがある。    元々はRealMediaの再生用であったが、現在はFLV, MPEG, AVI など  多数の動画フォーマットに対応している。
RealVideo Real Networks社が開発した動画形式。拡張子は.rm .ramなど。
Reboot →リブート
rec (record) 録音・録画
rec (record) レコード。ファイルのデータの管理単位。レコードの項参照。
recursive リカーシブ。自己呼び出し。リカーシブの項参照。
Red_Book 1982年に定められたオーディオCDの規格。規格書の表紙の色から。  →CD,Yellow_Book,Green_Book,Orange_Book
RedHat Linuxの最大手ディストリビュータ。1994年にRobert Youngと  Mark Ewingが設立した。  現在多くのディストリビュータがこのRedHat版のLinuxをベースに独自の  ディストリビューションを作り上げている。日本での販売は以前は五橋  研究所が行っていたが、1999年に契約が打ち切られ、Red Hat Linuxと  五橋のLaser5 Linuxは直接のつながりはなくなった。  http://www.redhat.com  →RPM,Errata,RHEL,Fedora,CentOS
RedHat_Linux RedHatが配布しているLinux
Redstone マイクロソフトが2016年夏頃に予定していると言われるWindows 10  の大幅なアップデート。
REDUCE 数式処理言語のひとつ。ユタ大学で開発された。
reentrant リエントラント。再入可能。リエントラントの項参照。
ref (refer) 〜参照。cfとも。
regedit (registry editor) レジストリの保守ソフト。
register →レジスタ
registration →レジストレーション
registry →レジストリ
REIT (Real Estate Investment Trust) 不動産に投資する投資信託。  日本で行われてるのは特にJ-REITともいう。アメリカでは以前から  行われていたが2000年11月の改正投資信託法により日本でも設立する  ことができるようになった。  投資家から集めた資金で賃貸オフィスビルや賃貸マンションを取得し  その運用益を投資家に還元する。解約請求ができないので、手放したい  時は市場で売却する。
rel (release) 版。  →rev(revision)
Reload 再読み込み。WWWブラウザのボタンにある。Internet Explorerでは  「更新」というタイトルになっている。
REM睡眠 (Rapid Eye Movement) 睡眠中に時々まるで起きているかのよう  に眼球がよく動く状態。この時に夢を見ていると言われる。
rem (Roentgen Equivalent in Man) 放射線の人体への影響を表す単位。  似たような単位を少しまとめておく。    Ci (curie)  放射能の単位。1秒間に3.7E10個の原子核が崩壊する量。          現在はベクレルを使用する。  Bq (Bequerel) 放射能の単位。1秒間に1個の原子崩壊を起こす量。  R (roentgen) 照射線量。1kgの空気に2.58E-4クーロンのイオンを生成          させる量が1R。現在はクーロン/kg を使用する。  rad (radiation) 吸収線量。1グラム当たり100ergのエネルギーを吸収する量。          現在はグレイを使用する。  Gy (gray)   吸収線量。1kg当たり1Jのエネルギーを吸収する量。  rem(上記参照) 線量当量。吸収線量に放射線の性質に関連する線質係数を          掛けたもの。係数はX線,γ線,β線で1, 中性子線,陽子線で10,          α線で20くらい。実際はもっと細かい基準がある。単位は          吸収線量と同じディメンションになる。          現在はシーベルトを使用する。1Sv = 100rem。  Sv (Sievelt) 線量等量。1kg当たり1Jの係数1で 1Sv。
rem (remark) 注釈。プログラミング言語の一部では行の先頭に REM と書くと  その行が注釈になる。  →注釈
Remote_Winsock MicrosoftのProxyサーバーが持っている機能のひとつで、  クライアントとProxyサーバーとの間に仮想的なセツションを作り、クライ  アントマシンがあたかもインターネットに直結しているかのような状態を  作り出す。このためRealAudioのような機能までProxyからサービスを受け  ることができる。
rep (repeat) 繰り返し。
rep (replace) 置換。
Rep (report) 報告書。
Reparse_Point Windows2000で導入された概念で、UNIXのSymbolic Link  に相当する機能。この機能により追加したハードディスクのルートを既存の  ディスクのサブディレクトリと同等に扱うことができるため、ドライブ名が  A〜Zしか使えないことからくるディスク台数の制限が撤廃された。  →ActiveDirectory
req (required) 必要なもの。
ReRAM (Resistive random-access memory) 抵抗変化型メモリ。  フラッシュメモリーの次世代の不揮発性メモリーとして期待されている  メモリー。電圧を加えることで抵抗が大きく変化する現象を利用する。  変化値が大きいので多値化も期待されている。    →FeRAM
ResEdit (Resource Editor) Macintoshのリソースフォークを編集する  ユーティリティ。Macのパワーユーザ御用達のソフトである。    Macintoshのファイルはデータフォークとリソースフォークに分かれ  ており、本来の使い方では、テキストなどの実データをデータ部に置き、  画像やアイコンなどの補助的なデータをリソースフォークに置くように  なっていた。そしてこのリソース部分を自由に編集することのできる  ユーティリティがResEditである。昔のソフトは各種のメッセージなど  がリソースフォークに置かれていたので、これを勝手に書き換えて、  英語版のソフトを日本語版に改造するようなことが誰でもできた。    しかし最近はWindowsとMacintoshの互換を取るため、多くのソフトが  リソースフォークを使用していない。そのためResEditの魅力もその分  下がってしまった。