RSA (Rivest Shamir Adeleman) 公開鍵方式の暗号のひとつ。開発者の 
 Ron Rivest, Adi Shamir, Leonard Adleman の頭文字を採ったもの。 
 1977年に開発され ISO-9796 にも採用されている。 
  
 非対称型、つまり、暗号化に使用したキーでは復号できない仕組みに 
 なっており、それまでの対象型のものに比べて高いセキュリティを持つ 
 ことが評価された。 
 この著作権を管理していたRSA社は最近この技術の権利を放棄し、 
 RSA方式は著作権フリーで誰でも自由に利用できるものとなった。 

RSA社 (RSA data security, Inc.) RSA暗号技術の販売・サポートを  行っているアメリカの会社。
RSAC (Recreational Software Advisory Council) 娯楽ソフト諮問会議。
RSACi (Recreational Software Advisory Council on the Internet)  RSACが定めたWWWのレイティング。Nude,Sex,Violence,Languageの4項目  について5段階の評価を行っている。
rsh (remote shell) UNIXホストマシン上のコマンドがリモートマシンから  実行させるコマンド。
RSP (Rhythm Sequence Programmer) 電子楽器のリズムパートの入力保守機能。  →RPP,MDR
RS-PC (Reed-Solomon Product Code) 誤り訂正方式のひとつでDVDで利用  されている。
RSS (Realtime Spread Sheet) MarketSpeedのおまけソフトで、株式の価格  やその他各種基本情報をExcelのセルに貼り付けてリアルタイムで更新させる  アドイン。MarketSpeedをログイン状態で起動させておきRSSを常駐させた  状態で、Excel上の例えば「=RSS|'9202.T'!現在値」のような記述で、現時点  の全日空の東証の株価を表示させることができる。
RSS (Rich Site Summary / Really Simple Syndication)  ネットサイトの更新情報(最近追加変更されたページの情報)を表示するのに  使用されているXML形式の標準フォーマットで、現在使用されているのは  主として次の2系統の仕様である。   RSS1.0 (Rich Site Summary)   RSS2.0 (Really Simple Syndication)  最初は0.9という仕様があったのだが、その後もっと機能の高い1.0が提唱さ  れた。しかし元の0.9の形式の方を好む人もあり、その人たちの手で2.0が  作られた。  そのため2.0が1.0を包括している訳ではなく両者は別規格なので注意が必要  である。ココログなど主要各社のblogはおおむね 1.0のRSSをサポート  している。  RSSはRSSリーダーと呼ばれるソフトで読むことができるので、WWWサイト  がRSS形式で更新情報を公開していれば、そのソフトを使用している人たち  に「新しい更新が入った」ということを知らせることができ、サイトの宣伝  に役立つ。RSSはblogやWiKiなどでは多くの場合、自動的に作られる  ようになっている。
RSSリーダー 登録しておいたサイトのRSSを巡回的に取得して新着情報が  無いかをチェックするソフトウェア。Headline-Reader や GooRSSReader  などがよく使われている。
RSVP (Repondez S'il Vous Plait) 「返事をお願いします」という  手紙の常套略語。フランス語の略語だが英語圏でも多く使用する。  →ASAP
RSVP (ReSerVation Protocol) インターネットの帯域を予約するプロトコル。
RSX (Realistic Sound eXperience) インテルが開発した3Dサウンド技術。  インターネットやVR(Virtual Reality)などの場面で利用できる。
RT (Real Time conference) →RTC
RT (Remote Terminal) ケーブルテレビなどの加入者側の装置。
RT (Room Temperature) 室温。
RTC (Real Time Conference) リアルタイム会議。オンラインでリアル  タイムに多くの人がひとつのチャンネルに接続し会話を交わすシステム。  ニフティサーブの用語で、一般にはチャットという。  →チャット,TRY
RTC (Real Time Clock) パソコンの内蔵時計で電源を切っている時にも  自分が持っているバッテリーで動き続けているもの。今では当たり前だが  昔のパソコンの時計は電源を入れている時だけ動いていた。そのため、  MSDOSAUTOEXEC.BATが無い場合、日時を聞いてきていたのである。
RTF (Rich Text Format) 異なるワープロ間でのデータのスムーズな交換  を目的に、Microsoft, Aldasなどにより開発された文書形式。  文字のフォント情報や挿入された図形の情報などを持っている。Windows3.1  の HELPファイルはこのRTF形式のファイルから生成するようになっていた  が Microsoftは Visual C++ の開発キットでは ver 5 以降ヘルプをHTML  に切り替えており、またRTF自体の役割もHTMLPDFといった事実上の  国際標準規格が成立してきたことから既に終わっていると言える。    RTFは日本語には対応しておらず、日本語のワープロ文書交換にはJIS形式  というのが提唱されたことがある。ただし多くの主要ワープロはお互いに  ライバルソフトからの直接コンバータを持っている。
RTFJ (Rich Text Format for Japanese) RTFを日本語に対応させた規格で  あるが、対応ソフトはほとんど無いのではないかと思われる。
RTM (Release To Manufacture) OSなどを正式にパッケージとして一般に  出荷する前に、製造工程向けにリリースするもので、これが出るという  ことはつまりこの時点でOSが完成していることをあらわす。  →FCS,RC
RTMS (Radio Telephone Mobile System) イタリアで使用されていた  携帯電話の方式。
RTOS (Real Time Operating System) リアルタイムOS
RTP (Realtime Transport Protocol) インターネットで音声や映像の  データをリアルタイム転送する為のプロトコル。
RTS (Request To Send) RS232Cの信号線の一つ。これからデータを送り  たいが良いか?という時にonにされる。
RTS/CTS方式 RS232Cを使用したデータ通信におけるフロー制御の方式。  この方式では、データを送りたい時 RTSをONにし、相手がCTSを返したら  送信を始める。受信側はバッファがあふれそうになって送信を止めて欲し  い時は一時的にCTSをOFFにする。  →XON/XOFF方式
RTSP (Real Time Streaming Protocol) インターネット上で音声や動画を  ストリーミング配信するためのプロトコル。
RTW (Ready To Wear) 既製服(=ready made)。  →プレタポルテ
RTW (Round The World) 世界一周航空券。
Ruby →ルビ
Ruby WWW上で良く使用されているスクリプト言語。  まつもとゆきひろが1993年2月24日に作成し、1995年12月に発表した。  名前は宝石のルビーに由来する。    一般にインタプリタとして実装されているがJavaベースのJRubyという  実装もある。また分散環境のdRuby, HTML埋め込み用のeRubyなどもある。