RS232C (Recomended Standard 232 C) コンピュータと周辺機器の代表的 
 な通信規格の一つ。データをシリアルに伝送する、つまり1ビットずつ順 
 に送るのが特徴。簡単だが何十mもの伝達には向かない。CCITTのV24, 
 JISの X5101にも規定された。多くのパソコンで「モデムポート」とか 
 「通信ポート」と呼ばれているのはこの RS232Cである。 
 RS232Cでは信号の on/off のことを色々な言い方で表現するので次にそれ 
 をまとめておく。 
     space = on = 0 = low   ・・・・・電圧はプラス 
     mark = off= 1 = high   ・・・・・電圧はマイナス 
 ※DTEDCE 
  RS232Cの通信の基本はデータ端末装置(DTE)と回線終端装置(DCE)の間の 
  通信である。このDTEとDCEをつなぐ場合は同じ信号線同士を結線した 
  ストレート・ケーブルを使用する。通常、コンピュータはDTEとして、 
  モデムなどの周辺機器はDCEとして作られている。コンピュータ同士を 
  直結する場合はお互いに相手をDCEと思いこませるため、TXD-RXD, 
  RTS-CTS,DTR-DSRなどを結んだクロスケーブルを使用する。 
  
  ところが一部の周辺機器はDTEとして作られている場合があり、その場合 
  はコンピュータ直結と同様のクロスケーブルを使用する。実際の結線の 
  方法はその機器の仕様によって異なる。 
   
  また、まれに他の大型コンピュータなどに直結される用途を主に想定し 
  て最初からDCEとして作られている小型コンピュータがある。このよう 
  なコンピュータに通常のモデムを接続する場合にはまたクロスケーブル 
  を使用する必要がある。但し結線の方法はDTEとDTEをつなぐ通常のクロス 
  ケーブルとは違うので自作するかジャンパーボックスを使う必要がある。 
 ※スタートビット・ストップビット・パリティビット 
  実際にRS232C上でデータを送信する場合、実際には下記のような列で 
  ビットを送出する。 
   
    スタートビット・データビット列・パリティビット・ストップビット 
  スタートビットは1ビット分のspace(on/0/low)である。 
  パリティビットはデータビット列とパリティビットを合わせてmarkの 
  個数が偶数になるように(偶数パリティの場合)調整して、ノイズなどに 
  よるデータ障害の検出に使用する。 
  ストップビットは1又は1.5又は2ビット分のmark(off/1/high)である。 
   
  RS232Cの設定パラメータはよく "9600,N,8,1" などのように書かれる。 
  ここで9600は通信速度(bps), Nはパリティを使用しない, 8はデータが 
  8ビット, 1はストップビットが1ビットというのを表す。日本語を含む 
  データやバイナリーデータは8ビットで送らなければならないが、基本 
  的にデータが8ビットの場合はパリティビットは使用できない。しかし 
  現在の多くの通信においてはMNPなどの上位のエラー訂正プロトコル 
  が動いているので、この段階でのエラー訂正は現実的には必要無い。 
  なお、上記のようなN,8,1の形式では結果的に1バイトが10ビットで送信 
  されるので、9600bpsでのデータ伝送速度は 1200byte/secではなく、 
  960byte/sec になる。これはよく誤解されている点である。 
 ※ハードフローとソフトフロー 
  RS232Cのフロー制御には主としてRTS/CTS方式とXON/XOFF方式とがあ 
  る。RTS/CTSでは相手が受信できるかどうかを RTS/CTSの信号線のon/off 
  によって判断しながら送受信を行う。XON/XOFF方式の場合は受信可能な 
  場合は XON というデータコードを送り、受信できない時は XOFF という 
  データを送る。バイナリーデータの送受信にはXON/XOFFは使えないので 
  一般にはRTS/CTS方式が使用されることが多い。 
 →シリアル通信,D-Sub

RS232Cの信号線 RS232Cの主な信号線の名称も次にあげる。数字は信号線  の番号である。  ( 2)SD Send Data 送信データが流れる線。TXDとも。  ( 3)RD Receive Data 受信データが流れる線。RXDとも。  ( 4)RS Request to Send RTSと略することもある。送信要求。  ( 5)CS Clear to Send  CTSと略することもある。送信受諾。  ( 6)DR Data set Ready  DSRと略することもある。モデム側が動作可能        であることを本体側に通知する。  ( 8)CD Carrier Detect 相手から信号が来ていることを示す。RLSD,       DCD(Data Carruer Detect)とも。  (20)ER Equipment Ready DTR(Data Terminal Ready)ともいう。本体側が        受信可能であることをモデム側に通知する。  RS232Cの信号線は25本あるが実際にはこの7本だけで事足りている。その  ため、この7本しか線がつないでないRS232Cケーブルも多い。特殊な周辺  機器では他の信号線も使っていることがあるので、そういう場合は全線が  結線されたケーブルを使用する必要がある。  なお一部のパソコンでは9ピンの端子を使用しているものがある。これは  上記の7本に次の2本を追加したものである。    ( 7)SG Signal Ground GNDとも。接地。  (22)CI Call Indicator RI(Ring Indicator)とも。着呼表示。    この9ピンタイプのピン番号は次のようになる。右側に添えたのは25ピン  タイプの番号である。実際には9番のRIはつながっていないことが多い。    1 DCD ( 8)      6 DSR ( 6)    2 RXD ( 3)      7 RTS ( 4)    3 TXD ( 2)      8 CTS ( 5)    4 DTR (20)      9 RI (22)    5 GND ( 7)
RS422 (Recomended Standard 422) コンピュータと周辺機器の通信規格の  一つ。RS232Cと同じシリアル伝送方式であるが、データ信号の伝達に2本  の線を使い、その電圧差でhigh/lowを判断するようにしているので、232C  よりも長い距離の伝達が可能である。(232cは15m程度が限度。422だと  1km程度まで伝達できる)    Macintoshのシリアルポート(プリンタポート,モデムポート)はこのRS422  の規格になっている。このRS422はコンバータのようなLSIを入れなくても、  線をつなぎ変えるだけでRS232C機器と通信させることが可能である。実際  マッキントッシュ用のモデムケーブルはそれをやっている。
RS423 (Recomended Standard 423) コンピュータと周辺機器の通信規格の一つ。
RS449 (Recomended Standard 449) コンピュータと周辺機器の通信規格の一つ。
RS6000 (RISC Station?) IBMのワークステーションで同社が開発した  RISC型CPU POWERを搭載していた。
RSフリップフロップ回路 (Reset Set Flip Flop circuit) 原始的なフリップ  フロップ回路だが、リセット信号とセット信号が同時に入った時に動作が  不安定になる欠点がある。  →フリップフロップ回路