RFC (Request For Comments) インターネット上のいろいろなことを規定 
 するためにIETF(Internet Engineering Task Fore) が公開した文書。 
 インターネット関連のアプリケーションは基本的にRFCに準拠して作成す 
 ることが強く推奨される。主なものを下記にあげる。 
  RFC-768  UDP(User Datagram Protocol) 
  RFC-791  IP(Internet Protocol) 
  RFC-792  ICMP(Internet Control Message Protocol) 
  RFC-793  TCP(Transmission Control Protocol) 
  RFC-821  SMTP(Simple Mail Transfer Protocol) 
  RFC-822  電子メール 
  RFC-959  FTP(File Transfer Protocol) 
  RFC-977  NNTP(Network News Transfer Protocol) 
  RFC-1034〜1035 ドメイン名 
  RFC-1160 IETFの活動に関する憲章 
  RFC-1358 IABの活動に関する憲章 
  RFC-1377 OSINLCP(OSI Network Layer Control Protocol) 
  RFC-1394 ドメイン名の2桁国コード。 
  RFC-1421〜1424 PEM(Privacy Enhanced Mail) 
  RFC-1459 IRC(Internet Relay Chat) 
  RFC-1468 日本語コード(ISO-2022-JP) 
  RFC-1519 CIDR(Classless Inter-Domain Routing) 
  RFC-1552 IPX(Internetwork Packet eXchange) 
  RFC-1554 日本語コード(ISO-2022-JP-2) 
  RFC-1598 X25 
  RFC-1631 NAT(Network Address Translator) 
  RFC-1738 URL(Uniform Resource Locator) 
  RFC-1762 DNCP(DEC Net Control Protocol) 
  RFC-1763 BVCP(Banyan Vine Control Protocol) 
  RFC-1764 XNSCP(XNS Control Protocol) 
  RFC-1766 HTMLの言語名記号 
  RFC-1855 ネット上のエチケット 
  RFC-1866 HTML 2.0 
  RFC-1883 IPv6(Internet Protocol version six) 
  RFC-1918 ローカルIP 
  RFC-1939 POP3(Post Office Protocol 3) 
  RFC-1983 用語辞典 
  RFC-2045〜2049 MIME(Multipurpose Internet Mail Extensions) 
  RFC-2060 IMAP4(Internet Message Access Protocol 4) 
  RFC-2070 国際版HTML2.x 
  RFC-2228 FTPのセキュリティ拡張 
  RFC-2235 インターネットの歴史 
  RFC-2237 日本語コード(ISO-2022-JP-1) 
  RFC-2279 UTF8(Unicode Transformation Format 8bit) ISO-10646 
  RFC-2311〜2312 S/MIME(Secure MIME) 
  RFC-2555 RFC 30年間の歩み 
 ※RFCのクラス 
  RFCはその規格の扱われかたにより下記のように分類されている。 
   
  Proposed Standard IESGに提案され、必要な技術として認定されたもの。 
  Draft Standard   それが半年以上の検討を経て承認された最終仕様。 
             draft standard のまま使用される規格も多い。 
  Standard      それが4ヶ月以上の検討を経て正式規格と認められたもの。 
             これにはRFC番号とは別のSTD番号が付く。 
  Historic      過去の規格 
  Experimental    実験的な規格。 
  Informational   直接規格とは関係ない情報。 
  Best Current Practice 規格ではなくRFCの事務手続き的な規約の類。 
 ※RFCの要求レベル 
  その規格がどの程度推奨されるのかについて次のようなキーワードが 
  付属する。 
   
  Required    必須 
  Recommended   推奨 
  Elective    選択可能 
  Limited Use   限定的利用 
  Not Recommended 非推奨 

RFC-1766 RFCに定められたHTML用言語名記号。以下に例をあげる。  HTMLタグに<html lang="ja">などのように書いて使用する。   ja 日本語   en 英語   fr フランス語   de ドイツ語   ru ロシア語   es スペイン語   pt ポルトガル語   zh-tw 中国語繁字   zh-ch 中国語簡字   ko 韓国語   el ギリシャ語   it イタリア語   nl オランダ語   sv スウェーデン語   no ノルウェー語
RFID (Radio Frequency Identification) 無線ICタグシステム。  無線機能を持った小型のICタグを利用して物や人間を管理するシステム。  商品につけて万引きを防止したり、幼稚園児の持ち物につけて迷子を防止  したり、食品につけて消費期限を管理したりすることが検討されている。    アメリカではMITなどを中心にしたAuto-ID Centerが推進しており、日本  ではユビキタスIDセンターが研究を進めている。  アメリカのWal-Martは上位100社の納入業者に対して2006年末までに全商品  にRFIDタグを付けるよう要請している。
RFT (Request For Technology) OSFで毎年テーマを決めて業界・学会から  技術を公募する制度。
RFT (Remote File Transfer) 日本電気のネットワークシステムにおける機能  の1つで、他のノードへファイルをコピーする機能。
RGB (Red Green Blue) 光の三原色。一般にコンピュータでは画面上の色を  表すのにRGBを使用する。RGBをそれぞれ何段階で表すかによって次のような  言い方をする。    RGB各  32段階( 5bit) 16ビットカラー (High Color/thousands color) 32768色  RGB各 256段階( 8bit) 24ビットカラー (True Color/millions color) 1677万色  RGB各65536段階(16bit) 48ビットカラー (???? Color/trillions color) 280兆色    32ビットカラーの場合は基本的には24ビットカラーをベースにして付加情報  で8ビット使用している。(αチャンネルなど)    なお印刷の色はCMYKで表すことが多い。色の表し方には他にHLSなども  ある。  →カラーモード