RDB (Relational DataBase) 関係モデルのデータベース。 
 「関係」とは数学用語で、集合と集合の直積の部分集合のことを言う。 
 リレーショナル・データベースはデータの項目同士をこの「関係」という 
 ものを使って結びつけるもので、過去の階層型・ネットワーク型などの 
 データベースとは一線を画す、柔軟性に富んだデータベースである。 
 1970年にIBMの E.F.Codd が考案した。現在ではデータベースといえば、 
 基本的にリレーショナルデータベースや、それを更に柔軟にした 
 オブジェクト指向データベース(ODB)のことを言う。 
  
 一般にこのデータベースは「関係」を持つ項目を横に並べ、その項目列 
 を縦に並べることにより、Excelなどを思わせる二次元の表形式で見る 
 ことができる。これを通常ビュー(view)と言う。 
  
 この関係に対して集合の操作である、選択・射影・結合などを行うこと 
 により別の関係を作ることができる。この操作の柔軟さがリレーショナル 
 データベースの最大の特徴である。 
 実際のデータベースエンジンの実装においては、実際にデータを二次元 
 の表(table)形式で保存しているものが多い。その場合、物理的に保存 
 された表の形が直接反映されたものを「基本表」、そこから集合の演算 
 で作られた表を「仮想表」と呼ぶ。出来の悪いデータベースではこの 
 基本表でしか更新ができなかったりする。 
  
 普通のデータベースにおいては、一定の条件に合ったデータをトランザ 
 クションとして抽出し、そこに対して更新を掛け、最後にコミットする 
 ことにより変更をデータベースに反映させる。この時コミットせずに 
 ロールバックを掛けると変更は破棄される。この仕組みはデータベース 
 の内容が自己矛盾しないようにするためのものである。出来の悪いデー 
 タベースではこのコミット/ロールバックの機能がなくてプログラムで 
 対応する必要のあるものもある。 
  
 変更を掛けない場合はトランザクションではなく、スナップショットの 
 形で取り出すこともできる。この場合スナップショットはいわば影なの 
 で、これを使ってデータベース本体を更新することはできない。 
  
 →データベース

RDB-EUF (Relational Data Base End User's Fascility) 日本電気の  オフコンS3100Aシリーズに搭載されていた、RDB操作用の一般ユーザー  向けユーティリティ。
RDBMS (Relational DataBase Management System)  リレーショナルデータベース管理システム。また、RDBの仕組みを提供する  ソフトウェアのこともこう呼ぶ。Oracle,SQL Server,Informixなど  は代表的。
RDF (Rapid Deployment Forces) 緊急派遣軍
RDF (Radio Direction Finding) 無線方位測定
RDF (Resource Description Framework) メタデータ(データの格納場所や  著作権情報など)をWWW上でやりとりするためのフレームワーク。XMLを  使用する。RSSの一種。同項参照。
RDF (Refuse Derived Fuel) ごみ固形燃料。可燃性のごみから圧縮減容して  作成した燃料で、発電などに使用する。。。。。はずだったが、実際には  燃料として受け入れてくれる施設が少なく、2003年8月に三重県多度町の  発電所のRDF貯蔵庫が爆発し死者まで出る騒ぎがあり、それを契機に他の  自治体でも今までしばしば異常発熱事故が起きていたことが判明したこと  から、全国的にRDFに対する期待は急速にしぼみつつある。
RDO (Remote Data Object) Microsoftが開発したデータベースの  インターフェイスのひとつ。  →DAO
RDP (Remote Desktop Protocol) WTS(Windows NT Terminal Server)  において、クライアントとサーバーが通信する時に使用するプロトコル。  →WTS
RDRAM →Rambus DRAM
RDX (Realistic Display miXer) インテルが開発したマルチメディア開発  用のAPI
RE (ラテン語の前置詞) 〜について。ビジネス文書で Re:New Salary System  などのように使用する。オンラインの会議室・掲示板・ニュースなどでは、  最初に何か書き込みをした人に対するコメントのタイトルとして使用される。  時々 response, reply などの略と思っている人がいるが、そうではない。
RE (Rotary Engine) ロータリーエンジン。
ReadyBoost Windows Vistaで導入されたシステムの体感速度を上げる手法。  USBメモリを差しておいて、ここをディスクキャッシュ的に使用する。  基本的にはSuperFetchが行われていることが前提で、頻繁に使用される  データがSuperFetchにより先読みされる際に、USBメモリ上にキャッシュ  されていれば、ディスクを読まなくてもよいので、高速に稼働することに  なる。従ってメインメモリがふんだんにある環境でもReadyBoostは高速化  に寄与する。(メモリ1GB未満のマシンではほとんど必須と考えてよい)    ReadyBoostに必要なサイズは最低256MBで最大4GBである(10MBにも対応予定)。  最大が現在4GBなのはUSBメモリのファイルサイズの上限が4GBであるため。  実際にはReadyBoost.sfcacheというファイルが作られて、これが使用されている。  Microsoftによれば主記憶との比率は1:1〜2.5:1くらいが適切とのこと。    アクセス速度は4Kランダムリードで2.5MB/s, 512Kランダムライトで1.75MB/s  が必要である。USBメモリのパッケージに書かれた仕様上の速度は順アクセス  の速度なので関係ない。USBポートは当然USB2.0以上でなければならない。    現在はUSBポートにメモリを差すと飛び出すのが外見上も良くないし、破損事故  の危険やポートの耐久性の観点からも好ましくないが、将来的にはメモリー  カードスロット同様に筐体内に入るReadyBoost専用のUSBポートを持ったマシン  などが普及してくるのではないかと期待されている。既にAsustekがマザー  ボードに最初からReadyBoost用のフラッシュメモリを差した製品を2007年2月  下旬から発売するとしている。    なお、USBメモリの代わりにSDカードなども使用できるが転送速度が  遅いので、USBメモリほどの効果は得られない。
Reach_DSL ADSL回線を利用したいのに電話局から遠すぎたりして回線品質が  よくなく利用できない人のために、アナログ通信やISDNでつなぐよりは速い  回線速度を提供するサービス。Paradyne Networks社が開発したもので、日本  ではYahoo!BBなどが使用している。上下とも960Kbps。9km程度までつながる。
Read_Me ソフトウェアなどに添付された説明書で最初に読むべきガイド。  Read.Me ReadMe.txt ReadMe First などなどの名前になっている。  一般にそのソフトの概略の説明や実行可能な環境、インストールの仕方  などについて書かれている。