RAM (Random Access Memory) 自由に読み書きできるメモリー。読み出し 
 専用のROMに対する言葉。 
 基本的にレジスタ等に使用される、フリップフロップ回路により実現された 
 超高速のSRAMと、一般の記憶用のメモリーがある。後者は歴史的に見て 
 次のようなものがある。 
 CRTメモリー 真空管を使用したメモリー。 
 水銀遅延管メモリー 水銀遅延管を使ったメモリー。 
 磁気コアメモリー 縦横の信号線を通した小型の円盤を使ったメモリー。 
     読み出すと破壊されるので、読んだ後必ず書く操作が必要。 
 DRAM コンデンサを使用したメモリーで放電してしまうため情報が消える 
      前に読み出して再度書き込む処理(リフレッシュ)が必要。 
 MRAM 磁気抵抗効果を利用したメモリー。 
 現在の主流はDRAMであるが、将来的にはMRAMに移行していく可能性がある。 
 →メモリー,DRAM

RAM (Regularly Access Member) ROMに対する言葉でオンラインの会議室  に頻繁に書き込む会員。
RAMディスク メモリーの一部をハードディスク代わりに使用するもの。アプ  リケーション側からは普通のディスクと区別が付かない。  電源を切れば消えてしまうが高速にアクセスできるので、かな漢字変換辞書  などを一時的に入れておく。スリープ機能を持つノートパソコンの場合は  ふたを閉じてスリープにしてもバッテリーでバックアップしてくれていて、  ほんとに普通のディスクのように使えるものがある。    MSDOS時代はパソコンがフリーズするなどということは滅多になかったので、  変更中の文書を一時的に入れておくという使い方も可能であった。その場合  ハードディスクの回転を止めておけるのでバッテリーがほんとに長持ちした。  現在のWindowsではとても怖くてできない技である。  →シリコンディスク
RAMドライブ フロッピーとして使えるRAMディスク。昔のノートパソコン  に搭載されていた。これは2つフロッピーが無いと処理できないような操作  を1台しかフロッピーのないノートパソコンで実行することを目的として  サポートされたものだが、それ以上に高速にアクセスできるファイルの置き  場所として有用であった。  →RAMディスク
RAMリフレッシュ →リフレッシュ
RAMAC (Random Access Method of Accounting and Control) 1956年にIBM  が開発した世界初のハードディスク。直径24インチ(61cm)の円盤50枚を  格納して5MBの容量があったらしい。つまり1枚当たり100KBということ。
Rambus Rambus社が開発したメモリーアクセス用の高速バス規格。バス幅は  8ビットしかないが500MHzで動作させると500Mbyte/sec = 500byte/μsec  の転送能力を持つ。
Rambus_DRAM RDRAMと略されることもある。高速なメモリーで、記憶方式  としては従来通りのDRAMであるが、Rambusと呼ばれる高速バスによって  データを転送するため非常に高性能である。Nintendo64にはこのメモリー  が使用されていた。現在はこれを更に改良したDirect_RDRAMが次期主力  メモリーとして注目されている。  →DirectRDRAM,メモリー
RAMDAC (Random Access Memory Digital to Analog Converter) パソコン  のディスプレイアダプタの構成部品で、デジタル信号を実際にディスプレ  イに送出するアナログ信号に変換するもの。  CPUから来た描画命令はグラフィックス制御チップで処理されて画面の  ドットと対応するビデオメモリに実際のイメージの状態で展開される。  RAMDACはこれを読み取り実際の発色のための電気信号に変換してディスプ  レイに送るのである。いわゆるカラーパレットはこのRAMDACに内蔵され  ており、パレットを変更すればビデオメモリーの変更無しで発色が変化す  ることになる。  なお液晶ディスプレイはデジタル信号をそのまま処理するのでRAMDACを経  由しない。RAMDACが活躍するのはCRTなどに表示する時である。但し一部の  液晶ディスプレイはCRTのようにアナログ信号を処理するように作られてお  り、その場合はRAMDACを経由する。そのタイプの液晶ディスプレイは実は  内部でアナログ信号をデジタル信号に再変換している。
RAM_Doubler connectix社が開発したMacintosh用ユーティリティで、メモリ  ーの容量を倍増できる仮想記憶ソフト。Macintoshのメモリーが高価で、  Mac純正の仮想記憶システムが非常に遅かった時代に人気であったソフト。
RAMボード SIMMが登場する以前のパソコンのメモリー増設用ボード。  一般にメモリー専用スロットに、RAMボードを1枚入れ、そのRAMボードに  2枚のサブボードを入れる構成がよくあった。ボード1枚が1MBの場合これで  3MB増設できることになる。  →SIMM,DIMM,RIMM,メモリー
ran (random number) 乱数。同項参照。
RAND (Research ANd Development corporation) アメリカのシンクタンク。
rand (random number) 乱数。同項参照。
RapidIO Motorola と Mercury Computer Systems が共同開発した高速  バス。max 10Gbps。
Rapier Windows CE for Pocket PC Ver 2.0 の開発コードネーム
RaQ →Cobalt
RAR Eugene Roshalが開発しヨーロッパ方面で使われている、  ファイルの圧縮分割形式。WinRarというソフトで解凍するか、あるいは  Unrar.dllもしくはUnrar32.dll をsystem32フォルダに入れて一般の解凍  ソフト(Lha95など)で解凍する。    WinRAR Japan http://www.diana.dti.ne.jp/~winrar/
RARP (Reverse Address Resolution Protocol) 自分のMACアドレスから  自分のIPアドレスを求めるためのプロトコル。
RAS (Reliability, Availability, Serviceability) 信頼性と稼働性と  保守性。コンピュータシステムの評価要素。
RAS (Remote Access Service) 遠隔接続機能。主としてWindows NTが管理  しているLANに、電話回線経由で外部からアクセスすること。セキュリティ  確保のためいったん電話を切ってからコールバックさせる設定も可能。  元々は LAN Managerが持っていた機能。
RAS (Row Address Strobe) DRAMを読み出す時に与える行信号の前振り信号。  DRAMのデータを読み出す時は、RASに続いて行番号を送り、CAS(Column  Address Strobe)に続いて列信号を送ってDRAMの反応を待つ。  →DRAM
RASIS (Reliability, Availability, Serviceability, Integrity, Security)  信頼性と稼働性と保守性と保全性と機密性。コンピュータシステムの評価要素。
RATFOR FORTRANに構造的な記述を加えた言語。
RATS (Riot And Tactical Squad) 埼玉県警の銃器対策部隊内の突入部隊。
ray_tracing →レイ・トレーシング
RayDream Meta Creations ( http://www.metacreations.com/ )が開発販売  していた 3Dグラフィックソフト。現在はCarraraという名前になっている。  詳しくは日本語版発売元のメディアビジョンのホームページ参照。  http://www.mvi.co.jp/