PIC (Personal Intelligent Communicator) Bill Atkinsonらが開発し 
 たマシン。家電並みの価格で、コンピュータとしての機能と電話的な機能 
 を併せ持つというコンセプトで開発されたが、同種のPDAが多数出る中 
 で埋没したようである。現在は DataRover社に移管されている。 

PIC (PICture) 画像形式のひとつ。柳沢明が開発。8色〜フルカラー。  X68ユーザーに愛用された。
PIC2 画像形式のひとつでPICの改良型。柳沢明の開発。フルカラーの  圧縮性能が向上している。
PICS (PICtureS) マッキントッシュ用のアニメーション画像形式のひとつ  でPICTデータを多数ひとつのファイルにまとめたもの。
PICS (Platform for Internet Content Selection) インターネットの  有害サイトを排除するための規格。サイトのコンテンツの内容をサイト  運営者の申請に基づいて申請・認定しておいて、一定ランク以上の内容  のサイトはブラウザ側の設定で見えなくすることができる。。。  というものだが、個人サイトなどがこういうのの申請をする訳がないの  であって、最初から先行きに困難の予想されるシステムである。
PICT (PICTure) マッキントッシュの標準的な画像形式。基本的には  QuickDrawのコマンドの列であり、ドロー形式で画像が収納されて  いるが、ドローの部品としてペイント形式の画像を貼り付けることが  できるので、実際に流通しているものはほとんど、このペイント形式の  データのみで構成されたものが多い。  →WMF
PictureDeCompress マッキントッシュ用のフリーウェアで、JPEG画像を解凍  して画面に表示する機能を持つもの。現在のようにInternet Explorerなど  で簡単にJPEGが見れるようになる以前の時代に、人気だったソフト。
PictureViewer Appleが開発したマック用の画像ビューワー。QuickTimeと  一緒に配布されている。
PICZA ローランド・ディージー社の3Dスキャナ。  →MODELA
PID (Process IDentifier) プロセスID。特にUNIX系のOSで言う。  これを指定してそのプロセスを停止させたりすることが可能。
PIF (Program Information File) Windows上でMSDOSプログラムを実行する  際の実行環境を記述したファイル。MSDOSプログラムをダブルクリックして  実行すると、自動的に作成されるようになっている。
Pilot 3com社製のPDAの名前。以前はPalm Pilotという名前であった。
PIM (Personal Information Manager) 個人情報管理ソフト。  個人向けのスケジュールや住所録などの管理をするツール。
PIN (Personal Identification Number) 個人識別番号。  →暗証番号
Pineview IntelATOMの開発コードネームのひとつ。同項参照。
ping (Packet INternet Groper) インターネットなどのTCP/IPネットワーク  において、IPパケットが相手先まで届いているかどうかなどを調べることの  できるユーティリティ。しばしば端末とホストとの間のデータの到達時間を  調査するために使用される。日本国内のホストなら数十ms, アメリカ国内の  ホストなら200ms程度で反応が戻ってくるのが普通である。
ping攻撃 特定のインターネットサーバーをダウンさせる手法の一つ。  そのサーバーのIPアドレスに対してpingコマンドを集中させ、負荷を  高めてダウンさせるもの。この攻撃には大量のpingを発行するようなプロ  グラムを自作するか、裏ネットなどから入手することが必要であるので、  基本的にはなんらかの組織的な犯行である場合が多いがDDos攻撃や  smurf攻撃の手法と組み合わせた場合は、少数の人間あるいは個人が  仕掛けた可能性もある。  →Teardrop,F5攻撃,DOS攻撃
Pink Appleが1990年頃進めていたプロジェクトでMacintosh OS をIBM-PC上  で動かそうとする企画。例によって途中で消滅。
PinkRabbit メールソフトのひとつで、先発のPostPet同様、可愛いキャラ  クターが電子メールを運んでくれるソフト。
PIO (Programmed Input/Output) 記録装置などのデータ転送方式のひとつ  で、CPUが転送に直接関わるもの。  →DMA
PIP (Picture In Picture) テレビの画面の上に小さな別画面を映し出す手法。
PIP (Partner Interface Process) Rosetta Netが策定している電子商取引  に関するXMLの仕様。
PiP (Package in Package) ふたつの電子部品を背中合わせに貼り付けた構造  の電子製品。たとえぱCPUSRAMを裏表に貼り合わせたりする。  →PoP
Pippin マッキントッシュOSのランタイム版を使用した小型家庭用端末の規格。  1996年にバンダイが Pippin ATMARK として製品化したが、惨憺たる営業成績  でバンダイ本体の収益もかなり悪化させた。
PIPS (Pan Information Processing System) ソードが1980年2月に発表した  ノンプログラミングのパソコン操作環境。同社のパソコンM200で使用できた。  このPIPSのおかげでM200は年に60台「も」売れたという。(そういう時代です)  PIPSはコンピュータと対話しながら、簡単なコマンドによりデータの検索や  並べ替え、四則計算や関数演算、文書作成、グラフ化などを行うことができた。  また定常的な処理は自動オペレーションも可能であった。
PiTaPa (Postpay IC for Touch And PAy) 関西圏で計画されている非接触型  鉄道料金精算カード。関東圏のSuicaと異なり、料金は月末に口座から  引き落とされる方式。決済機関は当初JCBの予定だったが三井住友カードに  変更された。阪急電鉄・能勢電鉄・京阪電気鉄道などで導入予定。  JR西日本のICOCAとも相互利用できるようになる予定。
Pixel (Picture Cell / Picture Element) 「ピクセル」。画素。画像を  構成する個々の点のこと。基本的には内部的な画素をピクセルといい、  表示上の画素をドットというが、混用する人も多い。  →ドット
PJ (Peach John) ランジェリーのブランド「ピーチジョン」の略称。
PJE (Project for Japanese Extentions) Linuxの日本語環境開発  プロジェクト。Slackware,RedHatなど用に日本語用のモジュールを  追加している。  →Vine_Linux
P-JPEG (Progressive JPEG) プログレッシブJPEG。ホームページに利用  されているJPEG画像の形式で、最初から全体を表示するのでなく、最初  荒い解像度の画像を表示し、だんだん細かい解像度のものに置き換えて  いくもの。    画像のサイズが大きくて転送に時間がかかる場合に閲覧者のストレスを  やわらげる目的で使用された。インターネット黎明期によく使用されたが、  2007年現在のブロードバンド環境では普通は不要。今の時代にこれが必要  という画像は、そもそもサイズを小さくすることを考えるべきである。    →GIFインターレース