ml (Milli-Litre) ミリリットル。1リットルの1000分の1。1ccに等しい。 

ML (Mailing List) メーリングリスト。メールによって結ばれたひとつの  討論・談話の場で、そのリスト宛にメールをすると、所属している全員に  メールされる仕組みのもの。インターネットにおける会話・情報交換の場  としてWWW-BBSと並ぶ大きな存在となっている。  →WWW-BBS,NetNews,メルマガ
ML (Medieval Latin) 中世ラテン語。
ML (Moon Light) 月光
ML (Local Magnitude) 地震のマグニチュードの計測法のひとつで1935年に  Charles Richterが提案したもの。現在はこれに代わってMWが使用されている。  →MJ
MLA (Multi Line Addressing) STN液晶の駆動方式のひとつで  アクティブ・アドレッシングの簡易版。  詳しいことはアクティブ・アドレッシングの項参照。
mLAN ヤマハが提唱する音楽情報の通信方式でIEEE1394(FireWire)を使用  したもの。
MLB (Major League Baseball) アメリカのプロ野球リーグ「大リーグ」。
MLC (Multi Level Cell) フラッシュメモリの作り方のひとつで  ひとつのセルに複数ビットの情報を記録するもの。SLCに比べて  どうしても動作速度で落ちるがその代わり大容量化しやすい利点がある。    基本的には情報記録・交換用であり、ReadyBoostには使用できない。
MLD (Media-Labo Distribution) メディアラボ社のLinuxディストリ  ビューション。Windowsパソコンに、ハードディスクのパーティションを  切ったりせずにそのままインストールして切り替えて利用できるのが  特徴。Windows上で確保した専用ファイル(loopという)の中がLinuxの  世界になる。  MLDはシミュレータではなく、起動すればちゃんと完全にLinuxになって  いる。Windows側のディスクもマウントすれば使えるが漢字コードの違い  はソフト側で克服しなければならない。
MLD (Median Lethal Dose) 半数致死量。
MLD-Central (Multi Lateral Devision-Central) 中央多国籍師団。
MLD_Linux →MLD
MLINK 草の根BBSでサポートされていた転送プロトコルのひとつ。  エラー処理は行わないのでMNPモデムなどが必要。  →XMODEM
MLIPS (Million Logical Inferences Per Second) 論理計算の速度の単位。  1秒間に100万回の推論が実行できる時1MLIPSになる。
Mlle (Mademoiselle) フランス語で未婚女性に付ける敬称。
MLM (Multi Level Marketing) 連鎖販売取引。いわゆるマルチ商法。  何かの商品を販売する会員を募集し、入会の際に会費を納めさせ、  また、多数の会員を入会させた人に利益が与えられるシステム。    事実上ネズミ講のような状態になっている悪質な所が多い。
MLS (Microwave Landing System) マイクロ波着陸誘導装置。
MLS (Multi Line Selection) 液晶パネルの駆動法のひとつ。 
mm (Milli-Metre) ミリメートル。1mの1000分の1。0.1cm。1000μm
Mm (Mega Metre) メガメートル。100万メートル。1000km。地球の半径は約6.4Mm。  →Km,Gm
MM (Moving Magnet) 可動磁石。
MM21 (Minato Mirai 21) 横浜にある大型イベントスペース地区。
MMA (MIDI Manufacturers Association) 米国のMIDI規格を管理している機関。  日本のJMSCと共同で規格の調整をしている。
MMC (Money Market Certificates) 市場金利連動型預金。
MMC (MIDI Machine Control) MIDIマシンコントロール。テープデッキ  などの制御信号を表すMIDIメッセージ。
MMC (Microsoft Management Console) IIS4.0及びWindows2000のシステム  サービスやシステム資源などの管理をするコンソールソフト(入口ソフト)。  実際に処理するのは各資源設定用のcomプログラム(ステップイン)である。
MMC (Multi Media Card) SanDisk社とSiemens社が共同開発した  小型メモリーカード。小型携帯機器用。  →小型メモリーカード
MMC (Mitsubishi Motor Cycle) 三菱自動車。
MMD (Macro Media Director) →Director
Mme (Madame) フランス語で既婚女性に付ける敬称。ただし最近英語のMs  に関する運動の影響で、未婚・既婚を問わず Mme と付けようという動き  がある。
MME (Microsoft windows Multimedia Extensions) MS-Windows2.x 3.x に  動画や音声を処理する機能を付加するソフトで、MicrosoftがAppleの  QuickTimeに対抗して作った機能。  →AVI,QuickTime
MMF (Money Management Fund) 短期金融資産(コールやCDなど)を中心に  投資するオープン型の公社債投資信託。中国ファンドが事実上  商品価値を失い各社とも取り扱いをやめた頃から、それに代わる金融商品  として注目されるようになった。但し近年MMFは一時期元本割れを起こし  また2004年現在の利回りも一般的な銀行の定期預金の金利を下回っている。  →MRF
MMI (Man Machine Interface) 人間と機械の間のインターフェイス。  PMI(Person Machine Interface)と言い替えるべきかも知れない。
MML (Medical Markup Languag) XMLをベースにした、医療用電子カルテ  の交換形式。日本医療情報学会の電子カルテ研究会MML仕様作成ワーキング  グループ(MML-WG)が母体となり、MedXMLコンソーシアムが作られている。
MML (Micro Mainframe Link) 大型計算機とパソコンを接続して利用する  システム。このMMLが言われた時代には、大型計算機で社内の全てのシステム  が動いていた時代で、パソコンにその情報をダウンロードして表計算ソフト  で分析作業をしたりするような概念を言った。
MML (Mobile Markup Language) JSkyの携帯電話端末に対応したホームページ  の記述言語。    ただし実際問題として、JSkyの端末ではほとんどiModeのページが見れる。  ただし画像はiModeで使用されているGIFではなくPNGにしなければなら  ない。この程度はだいたい自動変換ソフトで出来ることである。そういった  事情があるため実際問題としてMMLで記述されたページというのは一部の  公式サイト以外では、ほとんどないのではないかと思われる。  →CompactHTML
MMORPG (Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)  多人数の人がひとつの世界を共有して遊ぶタイプのゲーム。  一般にオンラインゲームとして制作されており、あちこちの自宅端末や携帯  などからログインした利用者が、共通の世界の中で協力したり戦闘したり  経済活動をしたりして、楽しむタイプのゲームである。    このタイプのゲームにはMMORPGとMORPGが区別される。  MORPGは参加者は一般にロビーと呼ばれる場所で待機していて、何人か  集まって意気投合などして参加表明した人達でひとつの世界に入り、  その中で遊ぶことが出来る。そのため、参加者グループごとにそれぞれ  別の世界が存在するし、そこから離脱すればその世界は終わり、また  あとで別のプレイヤーのグループに参加して新しい世界でプレイする  ことも可能である。オンライン囲碁などもある意味MORPG的な世界である。    これに対してMMORPGではひとつの世界が永遠に存在していてリアルの  世界と同様の時間が流れており、全ての参加者がひとつの共通の世界で  遊ぶし、その世界は終わることなくずっと続いている。従ってその性質上  この世界ではプレイヤーのキャラが完全に死亡することはない。  (ふつうのゲームで「死」に相当する状態になっても、何らかのペナルティ  付きで復活することができる)    「ラグナロク・オンライン」や「ファイナルファンタジーXI」などが  MMORPGであるが、そのルーツは1990年代に流行したHabitatなどの  アバターチャットに求めることも可能である。    なお言葉としてはMMORPGが確立してきてから、それと過去のシステムを  区別するためにMORPGということばが生まれた。    →RMT,PK