KDD (Kokusai Denshin Denwa co.ltd) 国際電信電話株式会社。かつて日本 
 の国際通話を独占的に提供していた電話会社。通信事業の自由化以降は 
 他に国際通話に参入する会社が現れたが、逆にKDDも国内通話に参入した。 
 →KDDI

KDDI (KDD + IDO + DDI) 日本の大手電話会社。2000年10月に  KDD, IDO, DDI の三社が合併して生まれた。子会社に携帯電話会社  のauがある。  まずはこの合併元の企業について概観する。  KDD(Kokusai Denshin Denwa co.ltd) 国際電信電話株式会社。   1953年に設立された国際電話サービスのための電話会社で、1989年まで   は日本の国際電話は全てKDDが取り扱っていた。  IDO(nippon IDO tsushin corporation)日本移動通信。   1987年に設立された携帯電話会社。日本高速通信の子会社。   主な出資者はトヨタ自動車と東京電力・中部電力。サービス地域は関東と   中部。これは政府の指導により全国規模の展開が認められなかった為だが   1992年にはセルラーとの相互ローミングが実現され全国で使える電話となった。     なお親会社の日本高速通信(テレウェイ,TWJ)は全国の高速道路に埋め込まれた   光ファイバーを使って電話サービスを提供する会社で、1984年に設立され   1987年から長距離電話サービスを提供していたが、1998年にKDDに吸収された。     DDI (Daini Denden Incorporated) 第二電電。   1984年に京セラが中心になって設立され1987年からサービスを開始した   電話会社。1987年には携帯電話会社 セルラー を各地の電力会社と共同   で立ち上げ、関東・中部以外の地域で展開した。1992年にはIDOとの相互   ローミングが実現され全国で使える電話となった。    この合併は200年の大きな話題となったが1998年のテレウェイ吸収からの  自然な流れということができよう。    電話業界では1997年頃からかなりの再編が行われている。主なところでは     1997.日本テレコムが日本国際通信(ITJ)を吸収   1998.KDDが日本高速通信を吸収   1998.DoCoMoがNTTパーソナルを吸収   1999.日本テレコムと日産自動車が共同設立していたデジタルツーカー      の日産側持ち株が日本テレコム(デジタルホンの親会社)に売却      される。また日産自動車が単独で設立していたツーカーセルラー      の株は DDI に売却される。   1999.イギリスC&W社が国際デジタル通信(IDC)を吸収   2001.日本テレコムの株主であったイギリスBT社が株式をvodafoneに      売却。これにより日本テレコムおよびJ-Phoneはvodafoneの      事実上の子会社となる。   2006.ソフトバンクが日本でのvodafone事業を買収。   KDD と DDI の合併は自然だし、市場での競争を考えると必然でもあった   のだが、ここに IDO が加わっているのはやや奇異な感じがする。本来で   あれば IDO は セルラーと合併して au となるべきであったが au は   セルラー各社の合併のみで作られた。ただ最終的にはこの付近は調整され   るものと思われる。
KDE (K Desktop Environment) Unixのデスクトップ環境のひとつ。  Troll Tech社のGUIライブラリQtをベースに開発されている。
KE (Knowledge Engineer) 人工知能のエキスパートシステムを  開発する技術者。専門家から知識を引きだしコンピュータシステムに  組み込んでいく。
KEDO (Korean peninsula Energy Development Organization)  朝鮮半島エネルギー開発機構
Keio-SFC (Keio University - Shonan Fujisawa Campus)   慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス研究所。W3Cのホスト機関のひとつ。   http://www.kri.sfc.keio.ac.jp/
KEIS (Kanji processing Extended Information System code)  日立が開発した日本語文字コード規格。基本文字セット、拡張文字セット  1及び3に分かれており、基本セットに非漢字と第一水準、拡張1に第二水準、  拡張3に日立の独自漢字が定義されている。
Keoke Insignia Solutions社(Soft Windowsの開発元)が開発した、JavaVM  上で、Windowsソフトが動くシミュレータ。サーバー・クライアント環境  に対応しており、Keokeが動いているサーバー上でWindowsソフトを動かし  クライアントからそのソフトを操作することもできる。
Kerberos ネットワーク上の認証データを暗号化するシステム。MIT(マサチ  ューセッツ工科大学)のAthenaプロジェクトで開発された。現在ver4とver5  が稼働しており、UNIXやWindows2000などで対応している。
kerg (kilo erg) キロエルグ。1000エルグ。エルグは仕事(エネルギー)の  単位。
Kermit ファイル転送プロトコルの一種で、パソコン通信の黎明期に使用さ  れていた。開発したのはコロンビア大学。現在でも汎用機とパソコンの  データ交換などの用途で一部使用されているが、長い時間たっているため  かなり方言が発生しているもよう。kermitを使用することになった場合は  その相手側が想定している手順を確認の上、微調整を掛けた方がよいかも  知れない。  →XMODEM,BPLUS,QuickVan
kernel コンピュータのOSの中核部分のこと。一般にメモリ管理やタスク  管理などの部分を指す。最近はこの部分をできるだけコンパクトに作り、  各種のサービスは付加モジュールで実現する手法が主流になりつつあり、  これをマイクロカーネルという。
kerneld (kernel daemon) Linuxにおいてモジュールの自動ロード、  アンロードを管理するデーモン。Linux2.1以降ではkmodが使われる  ようになり、kerneldは使用されない。
KES (Key Escrew System) アメリカ政府が提案した情報の暗号化システム。  アメリカの国家安全局(NSA National Security Agency)とFBIだけが扱える  キーが使用され、何か事故があった場合、裁判所の許可により復号化キー  を入手できるよう管理される。
Kestrel J2SE 1.3の開発コードネーム。  →Javaのバージョン。
keyboard →キーボード
Keyboard_Percussion 電子オルガンやポータブルキーボードなどに付いて  いる機能で、通常音程を弾くために使用している鍵盤に、打楽器を割り当  てておき、パーカッション楽器に変身させる仕組み。またこの機能を利用  して、パーカッション・パートをMIDI録音しておき、リズムマシンの代り  に再生しながら通常の演奏を行うといった使い方もある。  →RSP,RPP
Key_Caps Macintoshに標準装備された仮想キーボード・ユーティリティ。  日本語OSでは「キー配列」の名前になっている。