JUNET (Japanese University/Unix NETwork) 1984年にスタートした、 
 日本の各地の大学を相互接続した学術研究用のネットワーク。Unixマシン 
 をベースにUUCP方式でデータ交換を行っていた。 
  
 このJUNETの活動が後にWIDEにつながり、日本のインターネットが黎明 
 期を迎えた。JUNET自体はインターネット環境が整った1994年10月解散。 
 ※JUNETの名称の異説として、設立に貢献した 村井純氏の名前が使われた 
  という説もある。 

JUNETコード JUNETで日本語のデータを交換する際に使用されていた  コード化方式で、ISO-2022-JP として規格されている。
Junk 「ジャンク」。がらくたの意味。  電機部品などでジャンクといえば、動くかどうか極めて怪しげなパーツで  ある。怪しげなパーツ屋さんの店先に並んでいることもある。一般に動い  たら儲け物で、最初の数時間は動いたけどその後二度と動かない、などと  いうこともある。好きな人は100個に1個動く奴を見つけるのが楽しい  らしい。  ジャンク・フードといえばカロリーだけあって栄養価の低い食品のことで  転じて、添加物のたっぷり入ってそうな加工食品の類。あるいは塩分や  コレステロール値が高くて、健康に良くなさそうな食品の類。  ジャンク・アートといえば、廃品を集めて作った芸術作品。某テレビ番組  には、この系統の作家が結構出てくるようである。    ジャンク株といえば、もし値上がりしたら、とってもお得だが、十中八九  買うだけ損な銘柄の株。    ジャンクDNAとは何の情報も持たないDNA。ただし最近の研究によれ  ば、今までジャンクと思われていたものが、読み出し場所を変えると実は  意味があった、ということがあるらしい。    ジャンク・メールといえば、勝手に送られてくる不要な情報のメール或い  は手紙の類。ファックスの場合はジャンク・ファックスという。spam  (スパム)メールとも。
Jupiter 英語読みジュピター。ラテン読みユピテル。木星。ローマ神話の主神。  ギリシャ神話のゼウス(Zeus)に相当する。
Jupiter Windows CE 2.11 をベースにしたハンドヘルドコンピュータ用OS  「H/PC Pro Edition」の開発コードネーム
JUST (Japanese Unified Standards for Telecommuniccation) 日本通信規格
Just_Add_OS/2_Warp この名前そのままであるが(^^;; Windowsがインスト  ールされているPC/AT互換機に、そのまま OS/2 Warpをインストールす  るツール。
Just_BASIC Windows用のBASICでフリーウェア。
JUST-PC (Japanese Unified Standards of Telecommunication for Personal Computers)  正式には郵政省推奨方式という。    まだ通信で2400bpsが事実上の最高速であった時代に特殊な通信手順により  4800bpsの通信を実現していた。しかもこの高速化のための各種の処理は  (JUST-PC対応)モデム側でおこない、パソコン側は普通にデータを送り出し、  普通にデータを受信するだけでよいようになっていた。これは今では当然  であるが当時としては「4800bpsもの高速通信」では画期的だった。  マスターネット(現ZERO)などで採用されていた。マスターネットでは  入会キットにこのJUST-PC対応モデムをおまけで付けて普及を図っていた。
JUSTMAP Just Netが提供している地図情報サービス。
Just_Net ジャストネット。ジャスト・システムが運用しているプロバイダ。
Just_System →ジャスト・システム
JustView ジャストシステムが開発したWWWブラウザ。
JV (Joint Venture) 共同企業体。大きな工事などはよく複数の工務店の  共同企業体で受注・施工される。
JV-Lite (Java Virtual-machine Lite) アクセスが開発した家電などの組込  用のJava実行環境。  ※Lite というのはLight(軽い)ではなく、本来Miller Brewingの商標で   「低アルコール」を意味する。がここでは、Lightと同様の意味で使用   されているものと思われる。
JVM →Java Virtual Machine
JvNCC (John von Neumann Computer Center) ジョン・フォン・ノイマン・  コンピュータセンター
JVOS (JaVa Operating System) 東芝が開発したiTRONベースのJava用OS。  ネットワーク・コンピュータなどでの利用を想定している。
JVT (Joint Video Team) ITUVCEGチームとISOMPEGチームの  合同組織。動画に関する標準規格の策定をしている。
JWA (Japan Weather Association) 日本気象協会  →JMA
【K】
K (kilo) 1000倍、または1024倍。また、KB(kilo-byte or kilo-bit),  KHz(Kilo-hertz), km(kilo-meter), kg(kilo-gram)などの略としても  使用される。
K (karat) 宝石の重さの単位。アメリカでは0.2グラム。イギリスでは0.205  グラム。ct とも。金の純度として使う場合24Kで純金になる。
K (Koechel) ケッヘル。モーツァルトの楽曲に付けられた番号。
K (kelvin) 絶対温度の単位。Kは摂氏(セルシウス)で、-273.15度C=0度K。
K (kitchen) 台所。不動産の部屋の構成を表す時の記号で 2K は二部屋に  台所が付いていることを表す。
Kシリーズ 富士通が展開していたオフコンのシリーズ名。1980年代オフコ  ンが輝いていた時代に、最も売れていたオフコンである。
K点 (Kritischer Punkt) スキーのジャンプ競技で、ここまでが飛べる限界  ですよ、これ以上飛ぶと危ないですよ、というのを表す点。ただしオリン  ピックやワールドカップではこれを越えないとメダルは取れない。
K&R (K&R Kernighan and Ritchie) Cの開発者であり、Cによるソフトの  書き方に関する、提言を行った、ブライアン・カーニハンとデニス・リッ  チー及び、彼らが共著した C の教科書を指す。
K2 (Karakhorum 2) カラコルム山脈にそびえる、世界第二の高峰。
K2 Adobeのプロ用レイアウトソフトInDesign開発コードネーム。同社の  PageMakerの上位ソフトで、Quark社のQuarkXpressの対抗ソフト。  InDesignは1999年3月に発売された。
K5 AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。K5の 5 は 80586、  つまりPentiumと互換性があることを示す。当初は AM5K86 と呼ばれた。  ピンの配列的にも Pentiumの P54C と互換性があり、Pentiumマシンの  CPUを抜いて、これを差し込めば、即使用できる。
K6 AMDが開発した、Intelx86系CPUの互換CPU。元々はNexGen社が  開発していたものをAMDが買い取ったもの。MMX-Pentiumが備えているMMX  命令にも対応している。64KBの一次キャッシュ内蔵。PetiumやMMX-Pentium  が使用している Socket7に対応しているので、それからのバージョンアッ  プ用に使用できる。