ICV (Integrity Check Value) WPAで使用されている改竄検出機構。 
 データ暗号化の際に鍵を加えて計算した4バイトのダイジェストを 
 作りデータと一緒に送信するもの。それなりに強固な方式ではあるが 
 データをまるごと入れ替えられると無力なため、WPA2ではMICに 
 置き換えられた。 

Icy iOS脱獄環境用パッケージ管理ソフトのひとつでCydia互換  のソフトであったが、既に開発は中止されている。
ID (IDentification) 識別記号。インターネットプロバイダ等にログイン  する時は一般に ID とPasswordの組み合わせで本人認証を行って入る。    またLANやSCSIなどのネットワークでも個々の端末を識別するのにIDを  使用する。
iD オリンパス・サンヨー・日立マクセルの3社で共同開発された光磁気  ディスク。2インチのサイズで、デジカメの記録媒体として使用される。    →デジカメ
IDAPI (Integrated Database API) ボーランドが提唱する異種データ  ベース間のアクセス用API。
IDC (International Data Corp) アメリカのリサーチ会社。
IDC (International Digital Communications inc.) 国際デジタル通信。  トヨタや伊藤忠商事などが出資している。
IDC (Internet data center) →インターネット・データセンター
IDCT (Inverse Discrete Cosine Transform) 逆離散コサイン変換。
IDD (International Direct Dialing) 国際直接ダイヤル通話。
IDE (Integrated Device Electronics) パソコンと主として内蔵ハードデ  ィスクやCDを接続するインターフェイス。2台までのハードディスクを接  続可能。Comaq,Western Digital, Control Data で共同開発された。基本  的に SCSIより安価に製造できることから、広まった。  →ATA,E-IDE
IDE (Integrated Development Environment) Visual Studioのような  ソフトウェアの統合開発環境。
IDEA (Improved Data Encryption Algorithm) 共通鍵方式の暗号の一種。
IDEF (Integrated computer-aided manufacturing DEfinition Method)  ソフトウェア開発の分析手法のひとつ(らしい)。
IDL (Interface Definition Languate) 特定のプログラム言語に依存しな  い記述言語。  →CORBA
IDL (Integrated Data-oriented Language?) 日本電気が提供する高効率  開発言語。データ更新、マスタ保守などいくつかのパターンのプログラム  が生成できる。細かい処理などはCOBOLライクな記述で指定することがで  き、生成後のカスタマイズは無限に可能である。
idle アイドル。プログラムが何もしていない状態のこと。イベント駆動 型のシステムにおいては、これもひとつのイベントであり、優先度の低い 処理を実行させる。
IDO (nippon IDO tsushin corporation) 日本移動通信。  →KDDI
IDP (Internetwork Datagram Packet) プロトコルの一種。ゼロックスで  開発された。
IDP (Integrated Data Processing) 集中データ処理。種々のデータを  1ヶ所に集めて、処理を加え、必要に応じて結果を返す処理。
IDS (Intrusion Detection System) 不正アクセス監視システム。  大きく分けてネットワークIDSとホストベースIDSとがある。前者はネット  上で流れるパケットを監視し、後者はホストマシンの動作そのものを監視  する。この時に不正動作かどうかを判断するためのデータベースとして  使用する情報をシグネチュアという。    IDSソフトとしてはフリーウェアのSnortが有名。
IDSL (ISDN DSL) xDSLの規格のひとつ。  →xDSL
IDT (Inter Digital Transducer) くし型電極。
IDTV (Improved Definition Television) 高画質テレビ。
IE (Internet Explorer) Internet Explorerの項参照。
IEC (International Electrotechnical Commission) 国際電気標準会議。  1906年設立。本部はジュネーブ。
IECQ (IEC Quality Assessment System for Electornic Components)  IECの電子部品認証制度。
IEDM (International Electronic Device Meeting) 半導体製造技術の  国際会議。
IEEE (Institure of Electrical and Electronic Engineers) 電気電子技術  者協会。「アイ・トリプル・イー」と読む。  1963年に電気技術者協会(IEE)と無線技術者協会(IRE)が合併してできた。  全世界に30万人の会員を持つ。  http://www.ieee.org
IEEE_488 GP-IBの規格。
IEEE_802.2 IEEEの委員会で、SNA通信の規格(?)を決めたところ。
IEEE_802.3 IEEEの委員会で、Ethernetの規格を決めたところ。
IEEE_802.5 IEEEの委員会で、TokenRingの規格を決めたところ。
IEEE_802.11 IEEEの委員会で、無線LANの規格を決めたところ。
IEEE_802.12 IEEEの委員会で、100VG-AnyLANの規格を決めたところ。
IEEE_1284 プリンタとパソコンのインターフェイスの規格。従来のセントロ  式の後継規格として提案されたもの。対応機種も少しずつ出てきている。  →ECP
IEEE_1394 ハードディスクなどを接続するためのインターフェイスとして、  SCSIに代わる規格として2000年前後に一時的に普及した規格。  AppleはFireWire, SonyはiLinkと呼んでいる。    元々Texas Instrument と Appleが共同開発したものである。数十Mbpsの  SCSIに対して、IEEE 1394 では100Mbps〜3200Mbpsの速度設定になってお  り、ケーブル長も SCSIが数mが限界(Ultra SCSIでは1.5m)であるのに対し  て72mと大幅に長くなっている。またSCSIのようにID番号を設定する必要  がなく、最大63台の機器が接続できる。    Power Macintosh G3 以降で標準装備された。その後 Windowsマシンでも  上位機種では標準的な装備となった。当初はハードディスクなどの高速  デバイス接続用として期待されたが、コネクタがシンプルすぎて外れ易い  欠点があり、そこにUSB2.0が登場したことから、その方面は完全にUSB  の世界となり、現在 IEEE1394は、ビデオ機器用というイメージになって  いる。    なおビデオカメラの中にはDV端子と名付けられた、IEEE 1394のインター  フェイスを内蔵しているものが多数ある。