IA (Intel Architecture) インテル社のx86系のCPUで使われている 
 命令系やCPU構造の総称。基本的には32ビットのIA-32と64ビットの 
 Intel 64に別れる。 
  
 一見IA-32の上位かと思ってしまう名称のIA-64Itaniumに使用され 
 た構造で、IA-32と互換性がなく、放棄された。インテル社が開発した 
 CPUでIA-32と互換性のないものはおおむね放棄されてきている。 
 XSCALEなどもそうである。 
  
 →LPIA

IA-32 (Intel Architecture 32) IA-64に対してi386からPentium4  までのIntelの第3〜7世代の32bitMPUの命令セット、およびそれを  実現しているアーキテクチュア。  →Intel_64
IA-64 (Intel Architecture 64) Intelが64ビットMPUItaniumおよび  Itanium2で採用した新しい命令セットおよびそれを実現している  アーキテクチュア。  しかし対抗するAMDIA-32を自然に拡張したx86-64(AMD64と改名)  を世に出し、広く受け入れられ、Itaniumの販売成績が悪かったことから  IntelはAMD64互換のIntel 64を出すに至った。
IAB (Internet Architecture Board) インターネットに関する技術の標準  などを定める団体。ISOCの下部団体で、ISOCの方針などを決定する。  →RFC,IETF
IAC (Inter Application Communication) アプリケーション間通信。
IAEA (International Atomic Energy Agency) 国際原子力機関。
IAHC (International Ad Hoc Commitee) ドメイン名に関する問題を解決  するための特別委員会。
IAL (Intel Architecture Laboratory?) インテルの研究所の名前。  パソコンに関する各種技術の研究を行っている。
IALA (Intel Application Launch Accelerator) Intelが開発した  ハードディスクの最適化ツール。
IANA (Internet Assigned Numbers Authority) ISOCの下部組織で、  インターネットのパラメータ設定を調整するための組織。ここがIPアドレ  スやドメイン名の統括をしている。ただし実際の割当作業に関しては  ヨーロッパのRIPE-NCC、アジアのAPNIC、com/net/orgドメインを管理  するInterNICにより行われている。  インターネットに関する組織改編のため、ICANNに業務移行中。  →TLD
IB (Investment Banking) 投資銀行業務。銀行の資産の整理や効率化を  おこなう専門家。企業の資産や事業の売却買収、企業自体の合併吸収、  資産の流動化、債権の買入れ償却、自己株償却など、企業の資産と負債  (つまりバランスシート)を根本的に変えることを推進するアドバイザー。  →AM
IBG (Inter-Block Gap) 磁気テープにおいて、データブロック間に空ける  空隙。
IBIS (Input-output Buffer Information Specification) ICの入出力  回路の動作モデル。ボード設計時のシミュレーションに使用される。
ibis イビス。エジプトの神の名前で、トキの姿をしている。
IBM (International Business Machine) 世界最大のコンピュータメーカー。  世界的に圧倒的なシェアを誇り、コンピュータ以前のPCSの時代から現在  のパソコンの時代まで、常にトップ企業であり続けた。  1888年Willard Bundyはタイムレコーダーを発明して、その販売会社Bundy  Manufacturing Companyを創った。1890年、Herman Hollerithはジャガード  の発明したPunch Card を利用した新しい計算機を発明して国政調査局に  納入、この機械を販売する会社 Tabulating Machine Company を創った。  1891年 Edward Ganby と Orange O. Ozilas が計量器の会社 Computing  Scale Company of America を創った。    1911年、Charles Flint がこれら3つの会社の経営権を取り、合併させて  Computing Tabulating Recording Company (CTR) を創った。彼はその会社  の経営者としてNCRの元副社長 Thomas Watson をスカウトした。    Thomas Watson はこの会社の中で PCS部門が最も将来性が高いと判断。こ  の部分に力を注ぎ込んで、この会社を大きく成長させた。彼は Think と  いう社是を制定、この会社に International Business Machine という  壮大な名前を付けるが、会社はまさにその名前の通り、International な  巨大企業に成長した。    1942年頃に電子計算機が誕生し、1951年にUNIVACが実用計算機を販売し始  めると、IBMは電算機部門に力を注ぎ、1952年技術計算用のIBM 701、1953  年には事務計算用の IBM702 を完成させて、この分野のシェアをUNIVACか  ら奪い返した。    1950年代の後半、IBMは世界初のスーパーコンピュータ STRETCH を開発。  その技術を使用して、世界初の「汎用機」IBM 360を発売する。360とは  円周の360度であり、技術計算にも、事務計算にも使える、汎用コンピュ  ータという意味である。360はその後の全てのメーカーのコンピュータの  アーキテクチュアの原型になった。また 360は ICを使用した世界初の  商用コンピュータでもある。    IC技術が発達して、マイコンが登場すると、1981年IBMは IBM-PC を発売。  パソコンの分野でも、IBMは MITS,Apple,Atariなどからシェアを奪い取っ  た。どんな分野でも負けないという強い向上心がこの会社を支えていた。  これほどの企業でも、激震したことが2度あった。一度は DECがミニコン  を発売した時、もうひとつが PS/2 の失敗である。     IBM-PCの登場によってシェアを失ったAppleが市場奪回を目指して画期的  な次世代パソコン Macintosh を投入した。これに脅威を覚えたMicrosoft  はMacintoshのクローン的な OS MS-Windowsを開発していた。しかし IBM  はそんな Microsoft に接近し、本格的なビジネスユースに耐える強力な  次世代OSの開発に共同で取りかかる。OS/2 である。そしてこのOS/2を動  かすために生まれたパソコンが PS/2 であった。    ところが PS/2 は搭載した Micro Channel のライセンス料の高さから  互換機メーカーにそっぽを向かれてしまい、PS/2 は散々な営業成績と  なる。しかも OS/2 のパートナーだったはずの Microsoft は IBMから  離れて Windows 95 を発売。IBMは大きな打撃を受けた。    しかしIBMはめげなかった。プライドを捨てて、「IBM互換機」の互換機  である PS/V を発売。この Windowsマシンの世界でもトップ・ブランド  の地位を獲得するのである。    なお、IBMは一方では MacintoshのCPUである PowerPCの共同開発者でも  ある。  IBMが生み出したものとして他に重要なものとしては、FORTRAN, PL/I,  SNA などがある。