Amelio,Gilbert Appleの元社長。前任者スピンドラーの元で路線迷走し 
 営業低迷していた同社を建て直し、創業者Steven Jobsを復帰させ、 
 引き継いだ。開発が迷路に入って度重なる発売延期で技術が陳腐化し 
 商品価値を失ってしまっていたMacOSの開発を中止させ、JobsがNeXT社 
 で開発していたOSをベースに新型OSを開発させる道筋を付けた。 
  
 Apple以前にロックウェル社、ナショナル・セミコンダクター社の再建も 
 手がけている。 

Amelio,William 幾つかのパソコンメーカーの経営幹部を務めた人。  1979-1997年にIBMに勤めた後、1997-2000年にはハネウェルの事業部責任者。  NCRを経て2001-2005年にDellのアジア太平洋日本担当社長。2005年12月に  Lenovoグループの社長兼CEOに就任。
Amex (AMerican EXpress) アメリカのクレジット会社American Expressの通称。
AMEX (American Stock Exchange) アメリカ証券取引所
AMI (American Megatrends Inc.) アメリカの周辺装置メーカー。
AMIGA ドイツのアミガ・テクノロジー社が販売していた画像処理用コンピュ  ータ。なお、同社は経営不振からGateway社に吸収された。
AMP (Apache, MySQL, PHP) WWWサーバーとしてApacheを使用し、  データベースとしてMySQLを使用し、スクリプト言語としてPHPを使用  したサーバー環境またはそれを利用した開発環境のこと。2006-2007年頃から  このセットでのWWW開発が急速に広まった。MySQLの代わりにPostgreSQL,  PHPの代わりにRubyやPythonなどを使うケースもある。    →LAMP,XAMP
AMPS (Advanced Mobile Phone Service) アメリカやカナダで使用されてい  る携帯電話の通信方式。AT&Tとモトローラが開発した。
AMR (Audio/Modem Riser) インテルが1998年9月に発表した拡張バス規格。  ISAを排除するために提唱されたもの。810チップセットからサポートされた。
AN (system ANalyst) 情報処理技術者試験のシステムアナリスト。
ANA (All Nippon Airways) 全日空(全日本空輸)。
ANA (Ana Rodriguez) キューバ出身のアメリカのアイドル歌手(1974生)。別名Mia。
ana (A Non Acronym) 画像解析用の言語の名前。IDL系。
AND 論理演算の一種。論理積。コンピュータで使用されている0と1からなる  ブール代数においては、次のような一覧表で定義できる。   A B  A & B   0 0   0   0 1   0   1 0   0   1 1   1  →論理演算
AND回路 AND演算を実行する論理回路。ダイオードの組み合わせで簡単に作れる。
Android 同名のAndroid社(2003年設立)が開発したモバイル機器向けのOSで、  スマートフォンタブレットなどに搭載されている。このOS自体は現在  オープンソースになっている。またAndroid社は2005年にGoogleに  買収されており、現在開発は同社が中心となった Open Handset Alliance  で行われている。日本ではAndroidを搭載した携帯電話を「Android携帯」と  呼んでいる。    2016年現在、スマートフォンやタブレットのOSはアップルのiOSとGoogleの  Androidの一騎打ちになっている感があり、これをBlackberryとWindows系OS  が追う形になっている。    AndroidはLinux系のOSであり、主としてARM系のCPUで動作しているが、  x86系を採用した製品も徐々にシェアを伸ばしている。OS自体はMIPSにも  対応している。    ソフトウェアの開発にはAndroid SDKが無償で提供されており、LinuxやWindows  上のEclipse環境で利用できる。アプリを販売するにはGoogle Playに登録  する必要がある。  (逆に言うとGoogle Playにアクセスできないタブレットは市販のソフトを  利用できない)
Android_1.0 2008年9月23日に公開されたAndroidの最初のバージョン。  HTC製HTC Dreamなどに搭載された。
Android_1.5 2009年4月30日に公開されたAndroidのバージョン。  "Cupcake"(カップケーキ)のコードネームである。  動画撮影をしてYouTubeにアップロードする機能、Bluetoothヘッドセット  に自動接続する機能などがサポートされている。
Android_1.6 2009年9月15日に公開されたAndroidのバージョン。  "Donuts"(ドーナツ)のコードネームである。
Android_2.0 2009年10月26日に公開されたAndroidのバージョン。  "Eclair"(エクレア)のコードネームである。  HTML5のサポート、カメラのフラッシュのサポートなど多くの機能が追加された。  改訂版として2.0.1 (2009年12月3日) 2.1 (2010年1月12日)も出ている。
Android_2.2 2010年5月21日に公開されたAndroidのバージョン。  "Froyo"(フロヨ:フローズンヨーグルト)のコードネームである。  JavaScriptのエンジンが改良され倍以上の高速化がなされた他、デザリング機能、  Adobe Flash、アプリの自動更新機能などが追加されている。
Android_2.3 2010年12月6日に公開されたAndroidのバージョン。  "Gingerbread"(ジンジャーブレッド)のコードネームである。  ゲーム関係の機能改良、気圧センサーやジャイロスコープの対応、  などが行われた。
Android_3.0 2011年2月22日に公開されたAndroidのバージョン。  "Honeycomb"(ハニカム:シリアル食品の商品名)のコードネームである。  タブレット専用のOSであり、スマートフォンには引き続き2.3が使用される。  混乱をさけるため、4.0がリリースされるまでソースが公開されなかった。  3.1 3.2 という改訂版もある。
Android_4.0 2011年10月18日に公開されたAndroidのバージョン。  "Ice Cream Sandwich"(アイスクリーム・サンドイッチ)のコードネームである。  再びスマートフォン用とタブレット用が統合された。  Galaxy NexusはこのOSのリリースとともに発売された。
Android_4.1 2012年6月27日に公開されたAndroidのバージョン。  "Jelly Bean"(ジェリービーン)のコードネームである。  改訂版として 4.2 4.3 がある。  フルHDディスプレイを搭載した端末などの高精密表示のサポート、  国際化に対応して双方向テキストや全角半角キーのサポート、  (4.2以降は縦書きも可能)、動画関係の多数の改訂、セキュリティの強化  などがされた。このバージョンでAdobe Flashは削除された。
Android_4.4 2013年10月31日に公開されたAndroidのバージョン。  "KitKat"(キットカット)のコードネームである。  歩数カウンター、印刷やストレージアクセスなどの機能、などが  追加されている。