FORTRAN (FORmula TRANslation) IBMが1954年頃作成した科学技術計算用 
 言語。メジャーな高級言語の中では最も歴史の古いものである。 
  
 「数式翻訳」という名の通り、乗算・除算を加算・減算より優先し、括弧 
 の優先順序を考慮するといった、計算式分析のロジックはこの言語の処理 
 系で初めて実用化されたのである。 
  
 このロジックの開発者はバッカスで、そのために考えたのが逆バッカス記法 
 であった。バッカスのやり方に対してこの時期のコンピュータ界の理論的 
 リーダーであったフォン・ノイマンは色々批判した。しかしバッカスは 
 ノイマンの言う理想論よりも実現性を優先したといわれる。 
 (フォン・ノイマンという人はどうもこの手の話が多すぎる) 
 そのノイマンの理想に沿って作られたのはむしろ1960年に登場したCOBOL 
 である。このCOBOLが主として事務処理に用いられたことからFORTRANは 
 科学技術用と一般にみなされるのであるが、実際問題としてFORTANが事務 
 計算に使えないことはない。どちらかというとFORTRANは汎用言語であり 
 コンピュータの実際の動きにそった素直な言語である。 
 (逆にCOBOLで技術計算をやるのは無茶) 
  
 アメリカでFORTRANが作られたためヨーロッパでは対抗してALGOLが作ら 
 れた。これは素朴な造りのFORTRANに対して、美しくまとめられた言語であ 
 り、その後のPASCALCの親ともなった言語である。 
 日本ではFORTRANは1967年にJIS規格が制定された。その当時は、実際稼動 
 するコンピュータの能力に合わせて、水準3000, 水準5000, 水準7000 と 
 いう3つの規格があった。最も下の水準3000では論理IF文もなく、たと 
 えば変数AとBの内大きい方をCに格納するなどという作業も 
    IF(A-B)210,220,220 
  210 C=B 
    GO TO 230 
  220 C=A 
  230 CONTINUE 
 のようなコーディングが必要であった。ほとんどアセンブラの世界である。 
 しかし当時の大型コンピュータのメモリは数Kという時代なので、このく 
 らいが限界であった。 
 その後FORTRANはALGOLの影響を受けてブロックIF文などを取り込んだ 
 FORTRAN77が定められ、更にはCの影響を受けて再帰呼び出しやポインタ操 
 作も可能になったFORTTAN90へと進化する。 
  
 しかし多くのFORTRANユーザーが1980年代後半以降BASICC/C++ に 
 移行してしまい、最近は使用者はかなり減ったものと思われる。 

.forward UNIXにおいてメール転送先を指定するファイル
Foster Xeonの180nmプロセス版の開発コードネーム
FPCD (Field Programmable Circuit Board) フィールドプログラミング  可能な(詩作用)電子基板。
FPD (Flat Panel Display) 薄型ディスプレイ。液晶ディスプレイ、  プラズマディスプレイ、などといった薄型のディスプレイの総称。今後  コンピュータのディスプレイも家庭用テレビも、みな薄型に移行するで  あろうといわれている。
FPDI (Flat Panel Display Interface) VESAが定めた、薄型ディスプレイ  用の画像インターフェイス。
FPDRAM (Fast Paging DRAM) 「高速ページモード」を持つDRAM。  i486の時代にSIMM(72pin)に搭載されて使用された。    1996年頃からはEDO-DRAMDIMMへと移行されて行った。
FPGA (Field Programmable Gate Array) フィールドプログラミング  可能なLSI。任意の小規模ロジックを実現できる素子(ゲート)を配列  (アレイ)したもので、いろいろなハードウェア構成をシミュレート  できる。一種のPLDと考えることもできる。    回路構成をSRAM上に持っており動的な変更が可能である。特定の用途の  ためのLSIとしてはASICが有名だが、ASICは作り込みに数年単位のスパン  が必要で、その間にソフト側の要求が変わってしまう可能性がある。FPGA  は速度ではASICに及ばないものの、その時点でのソフト技術を最も生かす  回路構成にできるので、従来の汎用CPUでは到達できない高速な処理を実現  することができる。    2014年頃から大きな注目を集めてきた。
FPIC (Field Programmable Interconnect Component) フィールドプログ  ラミング可能なスイッチLSI。
FPLMTS (Future Public Land Mobile Telecommunication Systems)  次世代の公衆陸上移動通信システム。  →IMT-2000
fpm (Feet Per Minute) 速度の単位。
FPM-DRAM (Fast Page Mode DRAM) →高速ページモードDRAM
FpML (Financial Products Markup Language) XML技術をベースにして  電子取引などの情報をネット上で共有するための言語。J.P.Morganと  Pricewaterhouse Cooper が共同開発した。
fps (frames per second) 1秒間に表示するフレーム数。日本のテレビ放送  の場合は30fps(0.5×60fps)である。
fps (feet per second) 速度の単位。
FPS (first person shooter) 一人称視点シューティングゲーム。  プレイヤーが見る世界を画面などに再現してプレイするシューティング  ゲーム。視界の中にプレイヤー本人は現れないのが特徴であり、それが  現れるものはTPS(third person shooter)といって区別する。
FPSLIC (Field Programmable System Level Integration Circuit)  Atmel社が発売している、動作中にもロジックを書き替えることのできる  FPGA
FPU (Front Processor Unit) オンラインの処理システムなどで、回線制御  やトランザクションの待ち行列管理などをするコンピュータ。これに対して  データベースに直接アクセスして処理そのものを実行するコンピュータは  BPU(Backend Processor Unit)という。
FPU (Floating Point operation Unit / Floating-point value Processing Unit)  浮動小数点演算装置。数値演算プロセッサ(NDP)、科学演算付加機構などと  呼んでいたところもある。以前はCPUに密に接続して浮動小数点演算を実行  させていたが、最近のパソコンのCPUの多くはこれを内蔵している。    コンピュータが実行している計算は大きく固定小数点演算(整数演算)と  浮動小数点演算(実数演算)に分けられる。固定小数点というのは 345とか  72698 などといった形の整数の形式で数値を取り扱うものである。浮動小数  点とは 0.34578×2の7乗とか 0.125×2の-3乗とか、いった仮数部と指数部  に分かれた形の数値を取り扱うものである。    FORTRANやCなどでは、固定小数点形式を integer型、浮動小数点型をfloat型  と呼び、多く使用されるのは integerの2バイトと4バイト、浮動小数点の  4バイトと8バイトで、それぞれ、short,long,float,double と呼ばれる。(*1)    (COBOLの場合は固定小数点数も使用するが多くは10進数。つまり文字型  のまま計算を行う。ENIACのような10進コンピュータの流れをくんでいる)  平方根、三角関数、対数、などといったものは普通浮動小数点で計算される。    浮動小数点演算は固定小数点演算に比べて非常に複雑になるため、回路設計  も大変である。そのため別仕立てになっていたのである。    浮動小数点数について詳しいことは同項参照。  (*1)こういう事情であったのはだいたい2000年頃までである。現在では  だいたい次のように考えるべきである。    short=2バイト int=4バイト long=8バイト  ただし多くの開発ツールは古いプログラムをあまり改造せずに動かせる  ように古い定義との互換モードを持っているので、オプションの設定に  気を付けなければならない。