DoCoMo (NTT Do COmmunications over the MObile network) 
 正確にはNTT DoCoMo, NTT移動通信網株式会社。いまやNTTグループの 
 中核企業である。元々携帯電話を扱うために設立された会社で国内の 
 携帯電話のトップ企業。以前はPHSはNTTパーソナルが扱っていたが、 
 PHSの伸び悩みから経営が苦しくなり、そちらもDoCoMoに営業譲渡されている。 
 主力の携帯電話は P,N,D,F という4タイプが一般にほぼ同時に発売 
 される。P=Panasonic, N=NEC, D=三菱(Diamond?), F=Fujitsu が 
 製造元である。 
  
 →FOMA,@FreeD,au

DoCoMo-AOL →AOLジャパン
Dogcow マックのソフトのあちこちに顔を見せる牛のような斑点を持つ犬。
DOHC (Double Over Head Cam shaft) 自動車エンジンの種別のひとつ。  シリンダヘッドの上に呼気・排気のバルブを動かす2本のカムシャフトを  備え、正確な作動をおこなうもの。トヨタでは「ツインカム」という。  ただし最近は少なくとも一般の自動車利用者の間では DOHC とツインカム  は同義語と捉えられている。  →SOHC
Dolby_Digital ドルビーが開発したオーディオ圧縮システム。5+1のチャ  ンネルで信号を記録する。
Dolphin 任天堂が2001年に発売したゲーム機GameCube開発コードネーム
Dolphin Java SE 7 の開発コードネーム。  →Javaのバージョン。
DOM (Document Object Model) XMLパーサーにおいて、XMLで書かれた  特定の要素を階層状の指定で直接呼び出して使用する枠組み。    XML文書の階層構造をそのままノードとして処理することができるため、  データの参照・変更・追加などが容易におこなえる。ただし DOM は  XML文書をいったん全部メモリーに読み込んでから処理するためメモリー  を消費するし、巨大な文書を処理することは困難である。そのため  トランザクション的に処理する仕組みとしてSAXが利用される場合も  ある。
DOM (Download Only Member) 草の根ネットなどで掲示板には立ち寄らず、  フリーソフトのダウンロードをもっぱらしていたメンバ。ニフティなど  の大手商用パソコン通信ではそのフォーラムの成績に大きく寄与するが  回線が貧弱な草の根ネットの場合は迷惑な存在であった。  →ROM
domain →ドメイン
Domino →Lotus Domino
Donuts Android 1.6のコードネーム。
Doom id Softwareが1993年に発売したアクション・ゲーム。主人公の視点  で見える物を画面に常に表示したことと、オンラインで他の人と対戦でき  るようにしたのが画期的であった。
DoPa (DoCoMo Packet) DoCoMoのパケット通信サービス。
DOS (Disk Operating System)  (1) ディスクを管理できるOS。あるいはOSのディスク管理部分。  1970年代頃までは磁気ディスク高価だったのでTOS(Tape Operating System)  が主流で、DOSはかなり大型のシステムでのみ使用されていた。1980年代に  なると少しずつDOSが普及していく。    (2)OS/360の初期の頃のバージョンの名称。PCPの暫定バージョンの  中の最上位モデル。下位のモデルにBOS,TOSがある。詳しくは  OS/360の項参照。    (3)MSDOSの略。同項参照。
DOS攻撃 (Denial of Service) 特定のサーバーに大量のパケットを送信して  そのサーバーをダウンさせる攻撃。多くはDDos攻撃の手法で行われる。
DOS/V 1990年に日本IBMが発表し、その後日本IBMとマイクロソフトから販  売・サポートされたMSDOSマシン用日本語OS。  それまでの日本市場向けのMSDOSパソコン、PC98,FMR,AX,J3100などは、日  本語の書体をROMに持っていた。そのため、外国で安いパソコンを買ってき  ても日本語ソフトを動作させることができなかった。  DOS/Vは当時のIC事情を背景に生まれたOSである。当時パソコン用のメモリ  がかなり安くなってきており、パソコンに3.6MBとか5.6MBなどといった、  大容量のメモリ(本来MSDOSは640KBまでしか使えない)を搭載したものが  登場してきた。そこで、DOS/Vでは、日本語の書体をこの拡張メモリーの  部分にロードして使用するようにしたのである。  つまり、DOS/V とは、世界的に販売されている普通のPC/AT互換機を日本語  マシンに変身させる「魔法のOS」であった。  このDOS/Vの中身は具体的には、日本語の書体を管理するプログラム、日本  語の表示を行うプログラム、日本語の入力を管理するプログラムの3点及び  日本語の書体ファイルからなっている。    このDOS/Vの登場により、それまで独自にPC/AT互換機を日本語化しようと  していたAXのプロジェクトは行き場を失った。そして、それまで日本の  市場で絶対的な地位を保ってきたPC9801のシェアが侵略され始める。  なお、DOS/Vは MSDOS ver.5 に由来する「ドス5」ではなく、VGA表示規格  に由来する「ドスヴイ」である。(最初のDOS/Vは MSDOS ver.4相当だった)
DOS/V機 DOS/Vの動作するマシン。つまり、PC/AT互換機のこと。  →Windowsマシン
DOSエクステンダー (DOS Extender) MSDOSでは640KBまでしかメモリを使え  なかったため、それ以上のメモリを使用できるようにするやり方が幾つか  考えられた。そのうちのひとつ。FM-TOWNSなどで使用されていた。元々は  Phar Lap SoftwareとQuarterdeck Office Systemsが共同開発したもの。  →拡張メモリ
DOS互換ボックス Windowsにおいて、MSDOS用のソフトを動かすための機構。  Windows 2.1 までは、Windowsのメモリ管理と MSDOSのメモリ管理に全く  互換性がなかったため (fprintf などが使えなくて苦労した) MSDOSのソフ  トを動かすためにはいったんWindowsを終了させて、MDSOSに戻らねばなら  なかった。(いたって行儀のよいソフトは PIFを書けば動いた)  しかし Windows3.0 以降では、MSDOSの各種の機能を Windowsがシミュレー  トしてくれるようになり(実際には仮想86モードを使用している)、MSDOSの  ソフトが、行儀の悪いソフト以外はたいてい動いてくれるようになった。
DOSプロンプト →プロンプト
DOS窓 DOS互換ボックスの俗称。
dot →ドット
Dothan Intelが2003年末か2004年に投入する予定のノートパソコン用の  90nmプロセスのCPU。ダイサイズは長方形の87平方mm。トランジスタ数  1億4000万個。
DP (Data Processing) データ処理。