DDR2-667 667MHzのクロック(166MHz×DDR2)に対応したDDR2-SDRAM。 
 PC2-5300に搭載される。 

DDR2-800 800MHzのクロック(200MHz×DDR2)に対応したDDR2-SDRAM。  PC2-6400に搭載される。
DDR3-800 800MHzのクロック(100MHz×DDR3)に対応したDDR3-SDRAM。  PC3-6400に搭載される。
DDR3-1066 1066MHzのクロック(133MHz×DDR3)に対応したDDR3-SDRAM。  PC3-8500に搭載される。
DDR3-1333 1333MHzのクロック(166MHz×DDR3)に対応したDDR3-SDRAM。  PC3-10600に搭載される。
DDR3-1600 1600MHzのクロック(200MHz×DDR3)に対応したDDR3-SDRAM。  PC3-12800に搭載される。
DDR3L-1600 1600MHzのクロック(200MHz×DDR3)に対応したDDR3-SDRAM  の低電圧タイプ。 PC3L-12800に搭載される。通常のDDR3は1.5Vだが、  DDR3Lは1.35V。
DDR-SDRAM (Double Data Rate Synchronus DRAM) SDRAMの改良版で、  クロックの立ち上がりと立ち下がりの2つのタイミングを使用することに  より、従来の2倍の速度で転送ができるようにしたメモリーチップ。    DDR200〜DDR550までの規格が策定されたが製品として普及したのは  DDR200, DDR266, DDR333, DDR400までである。
DDR2-SDRAM メモリーチップの規格のひとつ。DDR-SDRAMの後継規格で、  JEDECコンソーシアムが規格策定した。DDR-SDRAMが2ビットのプリフェッチ  (先行取得)を行うのに対してDDR2-SDRAMは4ビットのプリフェッチを  おこなうので、理論上DDR-SDRAMの倍の転送能力を持つ。また動作電圧は  DDRが2.5Vだったのに対して1.8Vに引き下げられており、消費電力も小さい。    なお、DDRは184ピンだがDDR2は240ピンなので、従来のボードには  取り付けられない。(ノートパソコン用のS.O.DIMMはどちらも200ピン)    DDR2-400からDDR2-1200までの規格が策定されたが実際に製品として  普及したのはDDR2-400, DDR2-533, DDR2-667, DDR2-800 の4種類である。
DDR3-SDRAM メモリーチップの規格のひとつ。DDR2-SDRAMの後継規格。  DDR2-SDRAMが4ビットのプリフェッチ(先行取得)を行うのに対して  DDR3-SDRAMは8ビットのプリフェッチをおこなうので、理論上  DDR2-SDRAMの倍の転送能力を持つ(DDR-SDRAMの4倍,SDRAMの8倍)。  また動作電圧はDDR2が1.8Vだったのに対して1.5Vに引き下げられており、  消費電力も小さい。更に低電圧の DDR3L(1.35V), DDR3U(1.25V), LPDDR3(1.2V)  といった規格もある。    ピン数はデスクトップ用で240ピン、ノート用で204ピンである。  DDR3-800からDDR3-2800までの規格が策定(但しJEDECの規格は2133まで)  されている。2013年夏現在までに製品として普及しているのは DDR3-1066,  DDR3-1333 DDR3-1600 の3種類。
DDS (Digital Data Storage) DATを元に開発されたコンピュータ用の  テープ型記録媒体。バックアップ用に使用されている。DDS(2GB), DDS-2  (4GB), DDS-3(12GB), DDS-4(24GB), DDS-5(40GB) の5種類がある。
DDSA (Digital Document Security Architecture) コンテンツを利用する  権利をチケット化して、そのチケットの残額があれば暗号化されたコンテ  ンツを復元できる仕組みで、コンテンツ制作者はこのチケットの販売によ  り利益を得ることができる。    基本的にインターネット上の有料コンテンツの利用については、IDで管理  する方式と、こういったチケット方式とが並立している。  QQQアコシスなどの少額電子決済システムもこのチケット方式のバリ  エーションのようなものとも考えることができる。今後、チケット方式は  匿名性を大事にしたい利用者に支持されて大きく伸びる可能性がある。  インターネットの利用者はみな、顧客の名簿管理がしっかりしている企業  が少ないことに気づきつつある。
DDWG (Digital Disply Working Group) ディスプレイをデジタル接続する  ための規格の協議をしている団体。インテルなどが参加している。
DDX (Digital Data eXchange) NTTが推進していたディジタル通信回線網。  その後NTTはISDNの事業(INS)を始めたため、DDXのユーザーの多くはISDN  に移行した。
DDX-C (DDX Circuit) DDX回線交換サービス。DDX網で直接相手マシンにつな  いでデータを高速転送するサービス。大量のデータを送信するのに向く。
DDX-P (DDX Packet) DDXパケット交換サービス。DDX網でデータをパケットに  分割して相手方に送信するサービス。課金はパケット単位なので、データ  が広い地域の多数の端末で散発的に(ポアソン分布的に)発生するよう  なネットワークにおいて有用であった。
DDX-TP (DDX Telephone Packet) DDXを通常の電話設備から使用するサービス。  DDX-Pは電話料金が安くて済むのが長所なのだが、使用する双方にPADと  呼ばれる機械を装備しなければならず、当時このPADが10万円以上していた。    そこで、出てきたのがDDX-TP で、このシステムではホスト側だけがPADを  持っていればよく、利用者は電話局のDDX-TPセンターに電話をして、そこ  のPADからDDX-P網に入ることができるという画期的なものであった。大手  のパソコン通信会社はだいたいDDX-TPに対応したので、特に小さな町村に  住み、近所にパソコン通信のアクセスポイントが無い人がこのDDX-TPを利  用していた。    なお、電話局のPADにログインする方法としては、電話機(の番号)自体を  登録しておく方式(DDX-TP/ID)と、ID/パスワードを発行してもらい、  それを使ってどこからでもログインできる方式(DDX-TP/PASSWORD)の2通り  が提供されていた。なお、DDX網はプロトコル透過なので、たとえばMNPモ  デムで通信したい場合は、双方にMNPモデムを用意しておけばよかった。
Debian → Debian GNU/Linux
Debian_GNU/Linux Linuxのディストリビューションのひとつ。GNUの  FSF(Free Software Foundation)が推進している。100%フリーである  ことと、ひじょうに安定していることが特徴。1993年8月16日 Ian Murdock  により始まり、2007年現在世界で1000人ほどの正式開発者がいる。  日本語環境はDebian JP Project として整備されている。  下記のような環境で動作する。    x86(486以上), IA-64, 68K, PowerPC, SPARC, UltraSPARC, ARM,  Alpha, MIPS, PA-RISC, SuperH, M32R    なお、Debianベースのディストリビューションとして下記のようなものがある。    KNOPPIX, Linspire, ubuntu, UserLinux, Xandros