Code_Warrior メトロワーヘスが開発した、ソフト開発環境。Windows, MacOS, 
 Linux 用などがある。 

COE (Les Comites Olympiques Europeens) ヨーロッパ五輪委員会  英語ではEOCと略す  →IOC
ColdFusion Allaire社が開発したWWWアプリケーションサーバー。CFMLという  タグ形式の言語で記述して開発できる。
ColdFusion PowerMacintosh8100の開発コードネーム
ColorSync (Color Synchronize) マッキントシュで使用されている色の管理  ソフトで、スキャナ,ディスプレイ, プリンタなどいろいろなカラー機器に  おける発色/色識別の統一化を図るもの。  昔のパソコンではスキャンした元画像と画面に表示した画像、そしてプリ  ンタで印刷した画像が、みんな色合いが違うなんてことはザラであった。    →CMS
Co.ltd (Company limited) 株式会社・有限会社。  →AG,KK,inc,corp
COM (COMmand) MSDOSの実行プログラムの形式のひとつで、プログラムの  ヘッダーを持たずに、いきなり機械語の命令が始まるもの。サイズは64KB  以内という制限があった。(ただし外部にメモリーを確保することは可能)  MSDOSのプログラムはCOM形式とEXE形式があり、MSDOS 2.0 以降ではEXEが  標準である。しかしCOMは小さくてメモリーをあまり消費しないことから  あとあとまでよく使われた。基本的に64KB以内で作れそうだったらCOMに  していた。MSDOSは同時に動作する全てのプログラムが合わせて640KB以内  でなければならなかったので小さなプログラムは大歓迎だったのである。
COM (Chat Only Member) 通信において、会議室への書き込みなどはせずに、  専らチャットを楽しむ人達。昔は今のように固定料金制というのはあまり  なかったので当然毎月高額(どうかすると7〜8万)の課金を支払っていた。  また接続回線数の少ない草の根ネットでは資源を長時間占有するわりに  情報提供量が少ないため概して嫌われた。  →CDROM
COM (Component Object Model) マイクロソフトが開発したオブジェクト  互換性の高いソフトウェアのコンポーネント技術。ActiveXDirectX  などは COMに準拠している。
COM+ (Compnent Object Model Plus) COMを更に拡張したもの。
COM_Port (Communication Port) PC/AT互換機についているRS232C接続  用のポート。1個付いているものと2個付いているものとがあり、2個つい  ている場合は COM1, COM2 である。1個の場合は、機種によってCOM1のみ  のものと、COM2 のみのものがある。
COMDEX アメリカを中心に世界各地で開かれているコンピュータの展示会。
COMET 情報処理技術者試験用に通産省が定めた仮想のマシン。  →CASL
Comet PowerBook2400c/180の開発コードネーム
command マッキントッシュのキーボードのキーのひとつで、実際にはアップ  ルマークと、4つ葉のクローバーのような(Hの崩し字にも見える)記号  が付いている。DOS/V機のCtrlキー、PC98のCTRLキーに相当する。
COMMAND.COM MSDOSのコマンド・インタプリタのファイル名。MSDOSは基本  的に、COMMAND.COM, IO.SYS, MSDOS.SYS という3つのファイルで構成され  ていた。
Communication_Toolbox マッキントッシュのOSのコンポーネントで通信の  制御をしているもの。
Communicator →Netscape Communicator
ComNifty マッキントッシュ上で NIFTY SERVE を利用するための通信ソフト。  山田文雄作のフリーウェアであるが、一時期は マック用のNIFTY通信ソフト  の標準とみなされていた時期もあり、関連ソフトとて、魔法のナイフ、  象さん、茄子など、多数のソフトがある。
CompactHTML iModeの携帯電話用のホームページを書くための言語。  通常のHTMLのサブセットになっている。アクセス社が考案し、同社と  松下電器産業,日本電気,富士通,三菱電機,ソニーの6社で共同策定して  1998年2月にW3Cに提案した。  基本的には通常のHTMLで普通に使用される機能はだいたい装備している。  余分な機能をうっかり書いてしまっても無視されるだけなので、余計な  記述があるとエラーになってしまうHDMLよりページ作成者に優しい  設計になっている。またCompactHTMLで書いたページは通常のパソコン  から普通のWWWブラウザでも閲覧できるため、ページの動作の確認に  わざわざパケット代のかかる携帯電話を使わなくて済み、このため  CompactHTMLを使用したページはDoCoMoが認定した公式ページ以外にも  ひじょうに多数生まれ、若い人を中心にひとつの大きな文化を形成する  にいたった。  →iMode,HDML,HTML,MML,勝手サイト
CompactPro マッキントッシュ用のデータ圧縮・解凍ソフト。これで圧縮  したファイルには拡張子 .cpt を付ける習慣になっている。Bill Goodman作。
COMPAQ アメリカのパソコンメーカー。1981年にキャニオン・ロッドが設立。  PC/AT互換機のメーカーとして販路を拡大したが、のちにIBMが マイクロ  チャンネルを作ってこれに高いライセンス料を設定した時、反発して互換  機メーカーを組織し、EISA を作って対抗した。    結果的には 従来のバスである ISA と互換性のないマイクロチャンネルは  EISAより優秀であるにも関わらず流行らず、EISA のほうがかえって標準  バスの地位を獲得した(といってもこの時代ほとんどのボードはEISAでは  なくISAだった。32ビットバスはPCIの登場で本格普及しはじめる)。
CompuServe アメリカの巨大パソコン通信会社。日本のNiftyServeのお手  本になった。B+のプロトコルやGIFの画像形式はここで生まれた。  NiftyServeは会社設立後、最低限のサービスを開始できるようになるまで  CompuServeのライセンス販売で食いつないでいた。その後もいろいろな  面で CompuServe と協同していた。  CompuServeは1997年に解体され、そのパソコン通信サービス部門はAOL  に、通信インフラ部分はWorldComに買収された。
COMPUTEX 台湾で毎年開かれているコンピュータ関連展示会。
COMSAT (COMmunication SATellite) アメリカの通信衛星。
CON (Console) MSDOSで画面を指す装置識別子。
ConfigPPP MacPPPの設定をおこなうためのコントロールパネル書類。
CONFIG.SYS MSDOSで本体が持ってない機能を付加する為の設定を記録した  ファイル。MSDOSは起動直後にこのファイルを読み、プリンタや拡張メモリ  などの各種ドライバをこのファイルの指示に従って起動していた。  CONFIG.SYSは通常のテキストファイルなので、テキストエディタで容易に  変更できた。  Windowsにもconfig.sysがあるが、実際に使用していたのはWindowsMEまで。  WindowsXPでは通常中身は空っぽである。
Connected_PC ネットワーク・パソコンの構想のひとつでインテルが提  唱するもの。オラクルNCに対抗したもので、NCが全てのデータをネ  ット上に置こうと考えるのに対して、Connected PC では最低限のデータ  やソフトはローカル・ディスクに置く。マイクロソフトのNetPCもこの  コンセプトである。