Celeron セレロン。Intel社が発売したPentium系CPUの廉価版。 
 いくつかの世代がある。 
 ■第1世代 Pentium IIベースのCeleron 
  Convington id 6.5 Pentium IIのDeschutesからL2を外したもの。 
  Mendocino id 6.6 Mobile Pentium IIのDixonからL2を縮小したもの。 
 ■第2世代 Pentium IIIベースのCeleron 
  Coppermine id 6.8 Pentium III のCoppermineからL2を縮小。 
  Tualatin  id 6.11 Pentuum III のTualatinからL2を縮小。 
 ■第3世代 Pentium 4ベースのCeleron 
  Willamette id F.1? Pentium 4 のWillametteの製造ラインを転用して作成。 
  Northwood  id F.2 Pentium 4 のNorthwoodからL2を縮小。 

Celeron-D Intelが2004年に発売したCPU。  名前がいかにもPentium-Dの廉価版のように見えるが実は無関係であり、  Pentium-Mより1世代前のPentium 4をベースにした製品である。D の名前は  むしろモバイル用のCeleron-Mを意識しており、こちらはデスクトップ用の  CPUという位置づけである。    つまり Celeron-Dの D はDesktop, Pentium-Dの D はDuoである。    Prescott-V Pentium 4Prescottをベースにした製品。  CedarMill-V Pentium 4 のCedarMillをベースにした製品。  Prescott-Vの一部およびCedarMill-VはIntel 64対応である。
Celeron-M Intelが2004年に発売したCPU。    Banias-512K Pentium-MBaniasをベースにした製品。  Dothan-512K/1M Pentium-MのDothanをベースにした製品  Yonah-1M   Core のYonahをベースにした製品  Merom-1M   Core2のMeromをベースにした製品。Intel 64対応。
Cell IBM,ソニー,東芝が共同開発したCPU。  ソニーのゲーム機PS3に搭載されている他、IBMからCell搭載の  ブレードサーバーが発売されている。  現在出ているものの正式名称は Cell Broadband Engine で Cell BE  などとも書かれる。これは1つのコアに1個のPPEと8個のSPUという  9つのCPUを内蔵したマルチプロセッサである。    PPEPowerPCG5互換のCPUでIntelHTに似たSMTという  アーキテクチュアで同時に2本のスレッドを並行処理できる。  SPUはシンプルな構造のCPUであり、各々が独立して1つのスレッド  を実行できるので、Cell全体で10本の処理の同時実行が可能である。    ただしPPEは基本的にOS用で、SPUの内の1個もそのバックアップに  使用されるので通常のアプリケーションで利用可能なのは普通は  8本までである。    →Gekko
Cell BE (Cell Broadband Engine) →Cell
CELP (Card Edge Low Profile) 基板を接続するコネクタの形態のひとつ。
CELP (Code Excited Linear Prediction) AT&Tベル研究所が開発した  音声圧縮方式。
CentOS (Community ENTerprise Operating System)  RedHat社のLinuxのフリーのクローン。  有志によるプロジェクトで管理されている。RedHat社が無償で公開  しているソースコードの中から、商標などにひっかからないものを  利用してリビルドしまとめたものである。  このOSの管理・配布に関してRedHat社は一切関わっていないので  同社のサポートは受けられないが、それを必要としない人たちや  より安価なソフトでシステムを運用したい中小企業などで利用され  ている。また最近はレンタルサーバーの低価格プランでCentOSが  利用されるケースが目立っており、RedHatの公式の廉価版である  Fedoraに迫る勢いがある。    →RHEL,Fedora,FreeBSD
Centrino セントリーノ。Intelが開発し2003年に販売開始したモバイル  向けのCPUシステム。開発コードBaniasで呼ばれていたもの。モバイル向け  に開発されたCPU Pentium Mを中核に、i855チップセット、無線LAN  チップIntel PRO/Wirelessを組み合わせたシステム。基本セットのOdem,  グラフィック機能を統合したMontana-GM などがある。    Centrinoは Center と neutrino の合成語でイタリア語のcentrino(集中する)  も意識しているとのこと。neutrino(ニュートリノ)は小さくて高速なイメージ、  centerはモバイルの中心的イメージとのこと。
Centronics →セントロニクス
CENELEC (Comite Europeen de Normalisation ELECtrotechnique)  欧州電気標準化委員会。
CEO (Chief Executive Officer) 最高経営責任者。日本の会社でいえば、  だいたい社長に相当する。しかしCEOと社長(president)がいる会社もある。  →CFO,COO,CIO,CMO,CTO,執行役
CEPS (Color Electronic Prepress System) カラー写真などのための、  画像スキャン、レタッチ、色分解、などの画像処理システムで一般に  高機能なプロ仕様のものを言う。
CEPS (Common Electronic Purse Specifications) 異なる種類の電子マネー  を共通に収容可能な電子財布の仕様。
CEPT (Conference Europeenne des Postes et Telecommunications)  欧州郵便電気通信主管庁会議。1959年設立。またそこが定めたビデオテッ  クスの規格。
CERN (Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire)  欧州合同素粒子原子核研究機構。    インターネットのWWWの仕組みは、1989年にここのTim Berners-Leeが開発  した所内の論文閲覧システムが原点となっている。    なお現在この研究所は Laboratoire Europeen pour la Physique des  Particules (欧州素粒子物理学研究所)と改称されているが、略称は  CERNをそのまま使用している。
CERT/CC (Computer Emergengy Response Team / Coordination Center)  アメリカの団体で、インターネットの不正アクセスに関する情報を収集し  ている。
Certicom サーティコム社。「楕円曲線暗号」の特許を持っている、暗号化  技術の研究開発と販売を行っている会社。
CES (Consumer Electronics Show) アメリカで毎年行われている家電の  展示会。