CC (Carbon Copy) 電子メールで、同報先の指定に使うヘッダー。本来の 
 宛先(TO:)のほかにCC:で宛先を書くと、同文がその宛先にも届く。似た 
 ものにBCCもあるが、BCCに指定したものは本来の宛先に届くメールの 
 ヘッダーには表示されないのに対して、CCに指定したものは表示される 
 違いがある。一般に相手に「誰々さんにも届けてます」ということを 
 知らせるために使う。 
  
 NIFTYのメールシステムでは、CC:というヘッダーを書くと、同報した人 
 のリストがメールの末尾にアルファベット順にソートされて表示されて 
 いた。(この場合単にCC:と書き、CC:の後には何も書かない) 

CCB (Central Communication Bureau) 信用情報機関のひとつ。  クレジットカード会社、信販会社、流通系クレジット会社、消費者金融  などが加盟している。
CCC (Cisco Career Certification) シスコシステムズの技術者認定制度。  下記のようなクラスがある。  (1)アソシエイトクラス   CCNA(Cisco Certified Network Associate)-Rooting and Switching    中小規模のLAN/Networkの構築保守ができる人材   CCNA-WAN Switching    IPX,IGX,BPXなどのWAN交換機の導入・サポート能力のある人材   CCDA(Cisco Certified Design Associate)-Rooting and Switching    中小規模のLAN/Networkの設計・コンサルティングができるシステム技術者。  (2)プロフェッショナルクラス   CCNP(Cisco Certified Network Professional)-Rooting and Switching    大規模LAN,全国規模の企業ネット,ISPのサービス運用などに必要な    技術の認定。セキュリティ, VoiceAccess, ネットワーク管理,    LAN-ATM, SNA の5分野の専門的スキル付加認定もある。   CCNP-WAN Switching    WAN交換機の設定・保守ができてネットワークの管理スキルがある人材   CCDP(Cisco Certified Design Professional)-Rooting and Switching    大規模LAN,全国規模の企業ネット,ISPの構築・設計・分析の能力を    持つシステム技術者。SNA/IP Integrationの専門的スキル付加認定もある。   CCDP-WAN Switching    ATMネットワーク, フレームリレーネットワーク, WANスイッチング    の設置, トラブル処理, トラフィック管理 などに関する技術のある    技術者。  (3)エスキパートクラス   CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)    最高クラスの技術者の認定。次の5分野に分かれている。    この資格は電子試験に合格したあと2日間の実技試験を受けなければ    ならない。また2年ごとの再認定試験が必要である。   CCIE-Rooting and Switching    基幹系LAN,広域ルーティングWAN,ネットワークサービス関連   CCIE-Dial Up    同様だがダイアルアップ関連   CCIE-WAN Switching    インプリメントATMネットワーク,フレームリレーネットワーク,    WANスイッチネットワーク関連   CCIE-SNA/IP Integration    SNA/IP Integration関係   CCIE-Design    システム設計関係
CCCP 「ソビエト社会主義共和国連邦」のロシア語の略称。  本当はСССР−エスエスエスエル。最初のエスを少し長めにエ〜スと発音。  Союз Советских Социалистических Республик.
CCD (Charge Coupled Device) 光信号を受けて電気信号に変換する半導体  製の受光素子。ビデオカメラに使用される。  1970年にAT&Tベル研究所が発表し、1983年にソニーが量産化。
CCD (Charge Connected Diode) 半導体を用いた揮発性の記憶媒体。
CCDカメラ 撮影素子としてCCD(Charged Coupled Device)を使用したカメラ。
CCDA (Cisco Certified Design Associate) シスコシステムズが認定した  中小規模のLANの提案・設計・コンサルティングができるSE(システム  技術者)。  →CCC
CCDP (Cisco Certified Design Professional) シスコシステムズが認定した  ネットワーク設計技術者。  →CCC
CCIE (Cisco Certified Internetwork Expert) シスコシステムズが認定した  ネットワークのハイクラスの技術者。  →CCC
CCIR (Comite Consultatif International Radiophonique) 国際通信諮問委員会
CCITT (Consulting Comittee of International Telegraph and Telephone)  国際電信電話諮問委員会。数々の通信規格を規定している。規格は勧告の  形で出され、VシリーズとXシリーズがある。    ■Vシリーズ アナログ方式の伝送に関する諸規格。   V21=300BPS通信方式   V22=1200BPS通信方式   V22bis=2400BPS通信方式   V32=9600BPS通信方式   V32bis=14400BPS通信方式   V42=データ伝送時の誤り訂正方式   V42bis=データ圧縮方式   V27ter=パソコンファックスの2400/4800BPS   V29=パソコンファックスの7200/9600BPS  ■Xシリーズ デジタル方式の伝送に関する諸規格。
CCK (Complementary Code Keying) 相補符号変調。DSSSを発展させた方式  で、もっと高密度に信号を詰め込めるようにしたもの。
CCL (Communication Command Language file) マッキントッシユで使用さ  れている、モデム等の設定を書いたファイル。
cc:Mail ロータス社が開発した電子メールソフト。1990年頃のLANの世界で  はほとんど標準ソフトの地位を占めていた。
CCMP (Counter Mode CBC MAC Protocol) WPA2で採用されている暗号化の  管理方式。Counter Mode と CBC MACAES暗号を使用する。
CCNA (Cisco Certified Network Associate) シスコシステムズが認定した  ネットワーク技術者。LANの運用保守に当たるルーティング・スイッチング  技術者の資格と、IPXなどの保守に当たるWANスイッチング技術者の資格に  分れている。  →CCC
CCNP (Cisco Certified Network Professional) シスコシステムズが認定した  ネットワーク技術者。CCNAを取ってからでないと受験できない。  →CCC