bluetooth ノートパソコンと携帯電話などを無線で結ぶための通信規格の 
 開発コードネーム。エリクソン、IBM、インテル、ノキア、東芝の5社が 
 中心になって1998年5月に発表した。 
 一時期は企画だけで空振りに終わるかとも思われたが、近年になって対応 
 する機器が増え始め、またパソコンやPDAなどのいわゆるOA機器のみで 
 なく、オーディオ製品などの家電分野でもこれに対応する動きが出てきた 
 ため、今後成長が期待できる分野となってきた。 
 こういう分野では過去にiRDAなどの赤外線通信が主力であったが赤外線 
 の欠点は障害物があった時に、その裏まで信号が回折してくれないことで 
 ある。それに対して、bluetoothは赤外線(周波数10〜100THz)より遙かに 
 周波数が低いUHF領域の2.4GHzの電波を使用しているので障害物に強い 
 メリットがあるので家庭内や小さなオフィスでは充分に通信可能領域に 
 カバーされる。また周波数が低い分、当然赤外線通信より消費電力が 
 小さくて済むというメリットもある。 

bluetooth_SIG bluetooshの標準化をすすめるための企業の集まり。
BMI (Body Mass Index) 体重と身長のバランスが取れているかどうかの指数。  従来使用されていたブローカーの式 (身長-100)×0.9 に代わって近年肥満の  度合いをチェックするための指標として使用されている。    BMI = 体重÷(身長×身長)    例えば、身長が160cm(1.6m)で体重が57kgの人の場合、57÷(1.6×1.6)=22.2  となる。    日本肥満学会では 19.8未満を痩せ、19.8〜24.2を普通、           24.2〜26.4を肥満、26.4以上を肥満  と定めている。    厚生省は男性は22で標準、26で肥満、女性は21で標準、25で肥満とする。    WHOは先進国の平均は22であるとして、20〜25が標準、  25〜30で肥満1度、30〜40で肥満2度、40以上で肥満3度としている。    なお身長に対してBMIが22となる体重を標準体重、20となる体重を美容体重と  呼ぶ流儀がある。
BML (Broadcast Markup Language) BSデジタル放送で使用される  マークアップ言語。基本的に放送用で一般向けではないので、  作成には専門のツールが必要である。
BMP (Bit MaP) ウィンドウズの標準の画像ファイル。
BMS (Broadcast Message Server) ヒューレットパッカード社が開発した  アプリケーション間のデータ交換仕様。
BMS (Beef Marbling Standard) 「脂肪交雑」。牛肉の霜降り度を表す指数。  1〜12で、数字が大きいほど霜降り度が高い。
BNC (Bayonet Neil Concelman) 差し込み式(Bayonet)の同軸ケーブル用  コネクタ。10BASE2で使用される。通称T型コネクタ。また、ディスプレイ  のRGBコネクタもこの名称である。
BNF (Backus Naur form) バッカス記法。
BNN (Bug News Network) システムソフトが設立したコンピュータ関係の  書籍(特にマッキントッシュ関係が多かった)を中心とする出版社。システム  ソフトの倒産後、Bug News Networkの編集スタッフの一部がMACLIFE創刊に  参加しており、この雑誌はMACLIFEの前身的な雑誌でもある。
BOC (Bell Oparating Company) AT&Tが解体された後の地域電話会社の  総称。
BOD (Bandwith On Demand) ISDNで動的に通信速度を変化させる技術。  →BACP,BAP
BOD (Biochemical Oxygen Demand) 生物化学的酸素要求量  →COD
BOF (Beginning of Frame) フレームの最初にある識別データ。
BOM (Byte Order Mark) unicodeでテキストファイルを書く時にデータが  BigEndianで書かれているかLittleEndianで書かれているかを識別する  ためにファイルの先頭に付けるマーク。    unicodeの場合は 0xFEFFで、これがLittle Endianなら先頭の2バイトは  ff, fe になり、Big Endianなら fe,ff になる。    またBOM付きのファイルをそのままUTF-8に変換した場合、Endian問題は  生じないが先頭にef bb bfという3バイトが付くことになる。一般にBOMの  付いたものを UTF-8, 付いていないものをUTF-8n と呼び分ける流儀が  普及している。    なお、データにBOMを付加することは嫌う人が多い。
BonEcho Firefoxver2.0の開発コード名。
Bondi_Blue 初代iMacの筐体の色。
Bookmark →ブックマーク
Boon_Editor AI Softが制作したWindows用のテキストエディタ。  軽快でカスタマイズが自由で使いやすかったが、現在は開発中止。
boot →ブート
BootCamp Intel製CPUを搭載したMacintoshWindowsを動作させるソフト。
Borland ボーランド。1983年に設立されたソフトメーカー。1998年にInprise  (インプライズ)と改名したが、2001年にまたBorlandに戻した。  TurboPascal, Borland-C, Paradox, QuatroPro, Delphiなどの  開発元。2000年会社自体は2000年にCorelに買収されており、一部のソフト  はCorelに移管されている。  1983年5月にPhilip Kahnが自ら開発したソフトTurbo PascalSideKick  の販売のために設立した会社である。    TurboPascalは1983年11月に発売され、そのパワフルなエンジンと美しさが  その後の多くのソフトに影響を与えた。現在でもTurboPascal風の変数名命名  規約は、世界中の多くのプログラマーに愛されている。    SideKickはMSDOS時代のほとんど標準のアクセサリーソフトとして愛された。    1985年にはデータベースソフトParadoxを発売。Ashton-TateのdBASE  とならぶ代表的なデータベースソフトとして高い評価を受けた。これらの  ソフトが順調に売れたおかげで1986年にははやくも株式を上場する。    MSDOS時代はMicrosoftに対抗できる最大の企業とみなされ、多くのファン  の支持に支えられていた。TurboPascalに続くTurboシリーズの TurboBASIC,  Turbo C などが、特にアマチュアのプログラマに愛された。会社では上の  命令でMicrosoft製品を使っていても、自宅に戻れば Borland製品で自作の  ソフトを開発していたプログラマーは多かった。    1995年にはDelphiを発売。このソフトの名前そのものはOracleを意識し  たものであるが、市場ではMicrosoftVisualBASICのライバル商品として  意識され、その頃からMicrosoftに反感を持つ人が急増したことを背景にこの  商品はひじょうによく利用された。更にJavaが話題になると1997年には  JBuilderを発売している。    1990年代に入ってからのBorlandやNovellにからむ企業買収狂想曲は凄まじ  すぎて、訳が分からない。全てを把握しきれていないが、Borlandに関しては  だいたい次のようであったと思う。    1991年6月 ParadoxのライバルソフトdBASEを販売していたAshton-Tate       を買収。この時、実はBorlandのほうがAshton-Tateより企業規模は       小さかった。  1993年頃?? WordPerfectを買収。  1994年3月 WordPerfectをNovellに売却。  1994年5月 QuatroProおよびParadoxをNovellに売却。  1995年頃?? WordPefectをNovellから買い戻す?? (←実行されてないかも)  WordPerfectに関する経緯がいちばん不明確なのだがとにかく1996年以降  WordPerfectの「大部分」に関する権利はCorel社が保有している。  なおBorlandの創業者のPhilip Kahnは1995年にBorlandのCEOを辞任した。  http://www.borland.com