BCC (Block Check Character) 通信などで使用するもので、各ブロックの 
 最後に付加して、データのビット落ちなどを検出するためのデータ。 
 →CRC

BCC (Blind Carbon Copy) 電子メールのヘッダーの一つ。CCと同様に、  ここに指定した人にはメールの複写が送られるが、BCC行についてはメール  自体にはコピーされないので、本来の送り主には知らされないことになる。    この行は、しばしば簡易メールマガジンをやるのに使われているようで  ある。つまりメールマガジンの送付者をBCC:で並べる。そうするとそのマ  ガジンを講読している人は、自分が講読していることを他の購読者に知ら  れなくても済むのである。むろんその時 TO: は発送者が管理しているメー  ルアドレスにしておく。
BCD (Binary Coded Decimal) 10進数を複数桁の2進数で表記する方法。現在  普通に使われているのは次のような方法である。   0 .... 0000   5 .... 0101   1 .... 0001   6 .... 0110   2 .... 0010   7 .... 0111   3 .... 0011   8 .... 1000   4 .... 0100   9 .... 1001  これを10進数の桁数分だけ用意する。つまり10進数をたとえば8桁表現する  には BCD の方法では、2進数で8×4=32桁必要ということになる。  →EBCDIC,アンパック
B-CDMA (Broadband-CDMA) 沖電気とインターデジタル・コミュニケーション  が共同で開発した、デジタル携帯電話の方式。
BCH (Bose-Chaundhuri-Hocqenghen) 誤り訂正符号の一種。
BCP (Binary Compatibility Package) バイナリ互換パッケージ。
BCU (Bus Control Unit) バスを制御するIC。
BD Blu-ray Disc 青色レーザーを使用した光ディスク。  詳しくはBlu-ray Discの項、参照。  →BD-RE,BD-ROM,BD-R,BD-data,AOD
BDC (Backup Domain Controller) Windows_NTにおいて PDC(Primary  Domain Controller)のバックアップとして認証などの作業をするサーバー。
BD-data (Blu-ray Disc for data) データ記録用のBD。  基本的にはBD-REの派生規格であるが、映画などの記録と違ってデータが  1ビットたりとも誤ってはいけないので誤り訂正方式に工夫がなされるもの  と想像されている。  →Blu-ray_Disc
BDE (Borland Database Engine) Borlandが開発した、種々のデータベース  に共通の方法でアクセスできるソフトウェア。  →ODBC
BDE (Bandai Digital Entertainment) バンダイ系のゲームメーカー。  確かPipinをやっていた所のような気がするのですが。。。(再調査中)。
BDK (Beans Development Kit) SunMicrosystemsが開発したJava_Beansの  開発キット。
BD-R (Blu-ray Disc Recordable) 追記型のBD。CDやDVDでいえば  CD-Rに相当する。  →Blu-ray_Disc
BD-RE (Blu-ray Disc REwritable) 書き換え型のBD。CDやDVDでいえば  CD-RW, DVD-RW/DVD-RAM に相当する。今回RWではなくREという新しい  略称になったのはDVD-RAM陣営に考慮して、RWとRAMの統合規格という  イメージにするためである。  →Blu-ray_Disc
BD-ROM (Blu-ray Disc ROM) 再生専用のBD。CDやDVDでいえば  CD-ROMに相当する。  →Blu-ray_Disc
BDST (British Double Summer Time) →DBST
Be BeOSのメーカー。1990年、アップルの副社長だった Jean-Louis  Gassee らが設立。BeOSは一時期は多くのマニアに愛され、Macintoshの  OSの開発が行き詰まってしまった時、アップルはBeOSを買うのではないか  とも言われたが、結局はアップルはNeXTを買う道を選択した。これが  結果的にはBeOSにとっての運命の分かれ道であった。  Be社は2001年8月16日にPalmに知的および技術資産を売却して事実上消滅  した。Jean-Louis Gasseeも2001年12月31日にCEOを辞任し、会社自体も  2002年3月15日に解散した。
BeanBuilder アメリカのNetObjects社が開発したJavaBeans開発ツール。  IBMのLotus Bean Machine をベースにしている。
BeBox Be社が販売したパソコン。PowerPC 603e を搭載していた。
Beckton IntelNehalemCPU開発コードネーム。  →Nehalem
BEDO_DRAM (Burst EDO DRAM) EDO_DRAMにバースト転送モードを付加した  メモリー。Micron社によって開発された。
beep ブザー音。昔のパソコンはサウンドボードを積んでいなかったので、  種々の警告はブザーで知らせていた。しかし中にはこのブザーで結構な  音楽が演奏できるものもあった。思いっきり昔のパソコンではbeep機能  も無かったので、スピーカーのスイッチを直接on/offさせてブザーを鳴  らしたり簡単なメロディーを流したりしていた。(速くon/offするほど  高い音が出る)
Beeper_Lingo アメリカで普及したポケベル・メッセージ。日本の0840  (お早う), 0833731(お休みなさい), 114106(愛してる) などと同様なも  の。例えば次のようなものがある。143(I love you), 5(Hi! ---Fiveだ  から) 87(Late ---逆さから見れば分かる), などといったもの。
Bell規格 (Bell Modem Standard) モデム間の通信プロセス制御に使用され  る規格。その後の様々な規格のベースになった。
BenchMark →ベンチマーク
Benelux (BElgium NEtherlands LUXenberg) ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ。  この狭い地域にヨーロッパの経済と交通の要所が集中しており、ここは  いわばヨーロッパの首都のようなものである。ことばも現地の言葉のほか  英語・フランス語・ドイツ語がかなり通用する。
Bento OpenDOC開発コードネーム
BeOS Be社が作ったOS。最初AT&TのCPU用に開発されたが、AT&TのCPUは  開発が中止されてしまい、PowerPCに対象を変更して、1995年BeOSを搭載  したパソコンBeBoxを発売した。しかしその後BeBoxは販売が中止され、  しばらくは Macintosh と PC/AT互換機上で、BeOSは動作していた。
BEP (Break Even Point) 損益分岐点。
BER (Bit Error Rate) ビット誤り率。
B_Frame (Bi-directional inter Frame) MPEG等の動画において、前後の  フレームの類似性を利用して圧縮されたフレーム。
BFSK (Binary Frequency Shift Keying) 2相周波数シフトキーイング。
BFT (Binary File Transfer) バイナリ形式のファイル転送。
BG (Back Ground) →バックグラウンド