AT&T (American Telephone and Telegraph Corporation) 米国電信電話会社。 
 1984年に分割されたがそれでも従業員数十万人の巨大企業。傘下にUNIXを 
 生んだベル研究所を持っていた。 
 →Lucent

ATTESA (Advanced Total Traction Engeneering System for All)  四輪駆動力最適配分システム。日産自動車の四輪駆動制御システム。
ATV (Advanced Television) アメリカの次世代テレビ規格。走査線1080本。  2:1のインターレース方式、MPEG2圧縮などを行う。
ATVEF (Advanced TeleVision Enhancement Forum) 次世代のデータ放送に  ついて検討しているアメリカの団体。NBC,CNN,マイクロソフト,インテル,  ソニーなどが参加している。
At_Work マイクロソフトが1993年に提唱したオフィスシステムのための  アーキテクチュア。ファクシミリや電話機・コピー機などの操作性の  統一を図ったもので日米欧の70社ほどが参加したが、作業は遅々とし  て進まず自然消滅。
ATX IBM-PC/AT互換機で使用される基盤のサイズなどの規格。
AU (Access to You, Access/Always/Amenity, Unique/Universal/User)   関西セルラー、九州セルラー、中国セルラー、東北セルラー、  北陸セルラー、北海道セルラー、四国セルラーのDDI系セルラー7社が  2000年11月に合併して誕生した会社。(沖縄セルラーは参加してない)  本社は大阪。初代の名誉会長は京セラの稲森和夫。  なお同年10月にKDD,IDO,DDIの合併によってKDDIが誕生しており、  この合併はそれに合わせて全国の組織を統合し体力強化すると共に  新しいブランド名を浸透させて契約者を増やす狙いがあった。ここに  IDOは参加しておらず、旧IDOは2001年5月現在KDDIの携帯電話部門に  なっている。しかしAUはKDDIの子会社ということになるので同じく  ブランド名としてAUを使用している。但し将来組織的にもAUに合流  するとのこと。
AU (sysems AUditor) 情報処理技術者試験のシステム監査技術者。
Auburndale IntelNehalemCPU開発コードネーム。  →Nehalem
Audio_Media アメリカのDigidesign社製のオーディオ入出力用PCI拡張カード。
AUI (Attachment Unit Interface) イーサネットで使用されるコネクタ。  トランシーバ・ケーブルとも。
AULOS 毎日新聞が運営していたニュースサイト。  新聞の売り上げに響かないよう配慮してか?ごく最新数時間だけの  速報を流すサイトとして運用されていたが、朝日新聞などが過去1〜2  日のニュースを全て掲載していたので、それに比べて利便性が悪く、  結局その後普通にニュースを掲載するサイトに変更され、URLも  普通にmainichi.co.jpになった。
Aurora_II Macintosh II ci の開発コードネーム
Authenticode インターネット上で配信されているソフトが第三者によって  改変されていないかどうかをチェックするための認証機能。
Auto_CAD オートデスク社が開発・販売している3次元CADソフト。
Auto_CD 自動車搭載用のWindowsCEパソコンの規格。クラリオンなどから  規格に沿ったパソコンが販売されている。
AUTOEXEC.BAT MSDOSの初期実行バッチファイル。MSDOSが起動し、  CONFIG.SYSを読み込んで各種ドライバを起動した後で実行される。なお、  このファイルが存在しない場合、MSDOSは自動的にDATEコマンドとTIMEコマ  ンドを実行する。これは昔時計を内蔵していなかった、或は電源が入って  いる間しか動かない時計を持っていた機種の為の機能である。これを避け  るためには空のAUTOEXEC.BATを例えば次のようにして作れば良かった。    TYPE NULL >AUTOEXEC.BAT
AUTORUN CDを挿入すると自動的にプログラムが起動される仕組み。
A/UX アップル社が開発したマッキントッシュ用のUNIX。
AV (Adult Vidoe) 成人向けビデオ。一般にセックスシーンや暴力シーン  が含まれていて、子供の鑑賞に適さないものをいう。
AV (Audio Visual) オーディオとビジュアル。音響と映像。
Avalon WPF開発コードネーム
avatar →アバター
AVC (Advanced Video Coding) ビデオの圧縮規格のひとつ。  ISO MPEG-4 Part10 Advanced Video Coding 或いは ITU-T H.264とも。  →JVT
AVCS (Advanced Vehicle Control Systems) 高度車両制御システム。
AVIファイル (Audio Visual Interleaved) マイクロソフトが定めた動画形  式。名前の通り、画像と音声を交互に配置している。  →Video_for_Windows
A-VX 日本電気のオフコンのシステム7200、システム3100シリーズで使用  されたOS。S3100A用のA-VX10と、S3100S用のA-VX5に大別される。A-VX10  はホスト用のA-VX10/SX、端末OA用A-VX10/MX、端末スタンドアロン用の  A-VX10/EXに大別される。  →ITOS    ※A-VX/SXのシステムファイル  SYS@CAT (system catalogue) システム内で使用するファイル、RDB、    遠隔ファイル等の所在を全て登録したファイル。SRVに1個存在する。  SYS@CUL (system compiled unit library) システムサブルーチンなどの    CUを格納するファイル。メーカー提供のCUがデフォルトで入って    いるが、ソフトハウスで作った共通サブルーチンも、ここに格納して    おくと自動でリンクされる。  SYS@DBDIR (system database directory) システム内で使用するRDBの    情報を機械が理解できる形で記述したファイル。SYS@DDFに登録する時    に自動登録される。  SYS@DDF (system data dictionary file) システム内で使用するRDB    の情報を人間の目で見れる形に記述したファイル。QL形式で格納    されているのでQLファイルを読めるソフトで一覧を作ったりする    ことが可能である。  SYS@FDF (system file directory file) その媒体上のファイルの情報を    管理するファイル。そのファイルの更新日の他、各エクステント毎    の先頭アドレスとサイズが記録されている。  SYS@FSDF (system free space directory file) その媒体上の空き領域    の情報を先頭アドレスとサイズ(or終了アドレス?)のペアで    記録するファイル。  SYS@JSL (system job stream library) システム内で汎用的に使用する    ジョブを格納するファイル。  SYS@LML (system load module library) ユーティリティなどの    実行モジュールを格納するファイル。  SYS@MNL (system menu library) システムメニューを格納するファイル。    システムメニューの名称は "*SYSM*"である。  SYS@PML (system parameter library) システム内で汎用的に使用する    パラメータを格納するファイル。パラメータというのはひとつのソフト    を起動する時のパラメータ指定で、AVXの主要ユーティリティには    対話型で投入したパラメータを記録する機能があるが、それに    ちょっと手を加えることでジョブに転用できる。