32ビットCPU 一度に32ビットの単位で処理をするCPUのこと。その場合 
 一度に扱える数は0〜4294967295 までとなり、メモリも4294967296バイト。 
 つまり4Gまで一度に扱うことができる。現代のパソコンの標準的な方式で 
 ある。インテルのi386,i486,Pentium,PentiumII,PentiumIIIなど、また 
 モトローラの68020,68030,68040,PowerPC などが32ビットCPUである。 
 →8ビットCPU,16ビットCPU,64ビットCPU

32ビットFAT →FAT32
32ビットカラー 基本的には24ビットカラーとほとんど同じで、色の表現力  としてはRGBの各原色に256階調の表現をさせたものであるが、24ビットは  3バイトになりコンピュータが扱うデータの単位としては不便なので、敢えて  4バイトにまとめたもの。余った8ビットをどう使うかについては、システム  により違うが、αチャンネルとして利用するケースもある。
32ビットクリーン 1990年代はCPU及びOSが16ビットから32ビットに進化する  道程であった。この時、普及マシンのOSは16ビット時代のソフトも動くよ  うに、その機能も一応装備している。32ビットクリーンとは、この16ビット  用の互換機能を一切使わず、純粋に32ビットのインターフェイスのみで作  成されているソフトのことをいう。一般にソフトは過去の資産を流用して  作成されるので、十分気を付けているつもりでも、どこかに16ビットの考  え方が紛れ込んでいたりするものである。2000年以降は今度は32ビットか  ら64ビットへの移行の道程が始まり「64ビットクリーン」が問題になりは  じめるであろう。
32ビットバス 32ビット幅のバスのことだが、主として32ビットバスで  接続される周辺ボードの規格のことを指す。具体的にはIBMのPS/2用の  MCAバス、コンパック等が開発したEISAバス、現在ウィンドウズマシ  ン・マッキントッシュの両方で広く使用されているPCIバスなどがある。
32ビットパソコン 32ビットCPUを搭載したパソコン。
32ビットOS 32ビットCPUの機能を使ったOSのこと。具体的にはWindowsXP,  Windows2000, WindowsNT, MacOS-X などである。  →16ビットOS
3270エミュレーション (3270 emulation) IBMの3270端末をエミュレーション  すること。3270はIBMの汎用機用の標準的な端末で、この手順により、  IBMやそれと互換性のある汎用機と接続することが可能である。  →エミュレーター
360 →IBM360
386 →i386
386BSD インテルのi386以上のCPUをターゲットとして開発されたBSD  系のUNIXで、作者は本家UCBの William and Lynne Jolitz夫妻。  →UNIX,BSD/386
386DX →i386
386SL →i386
386SLC IBM製のインテル互換CPU。
386SX →i386
386エンハンストモード (386 enhanced mode) Windows3.0/3.1 の動作モ  ードのひとつでi386以上のCPU用のもの。
【4】
4D (four dimension) 4次元グラフィック。3次元グラフィックに更に時間や  運動の要素まで加えたもの。
4th_Dimension アシウス/ACIが制作したマッキントッシュ用のデータベ  ース・ソフト。リレーショナル・データベースの理想を追い求めた作品  で、他のソフトに与えた影響は大きい。カスタマイズは無限に可能といわ  れ、これを使用したビジネス・アプリケーションも多数作られた。
4GL (4th Generation Language) 第四世代言語。機械語が第一世代言語、ア  センブラが第二世代言語、COBOLやFORTRANが第三世代言語といわれ、その  後に来る次の世代の言語という触れ込みであったが、必ずしも、次世代の  中核言語になりそうなものはなかったようにも思われる。筆者は真の意味  での 4GL とはsmalltalkのようなものだと思う。
4色分解 高級グラフィックソフトに装備されている機能で、印刷用に赤・  青・黄・黒の4色に分解した原稿を作成すること。  →YMCK
4線式回線 通信回線で4本の電線で作られたもの。電気回路というものは電気  が往復しなければ成り立たないから、2線で1回路となる。4線式は回路が2  個あるので、各々を送信用・受信用に専用に使用することができる。
4倍角 縦と横がともに2倍の大きさの文字。初期のワープロは文字のサイズ  が固定であったため、苦肉の策として、このような処理が行われた。  →2倍角
430HX インテルの第4世代のPentium用チップセット。通称 Triton II。  82439HX (TXC) と 82371SB(PIIX3)から構成されている。  PCI2.1対応、APIC対応(デュアルプロセッサ対応)、最大メモリー512MB、  2次キャッシュも512MB全領域キャッシュ可。メモリーのECCに対応、  USBホストインターフェイス内蔵など、多くの改良が施された。  基本的には82430FXの後継であるが実際には82430NXのレベルまで  復帰したチップといえる。
430TX インテルの第5世代のPentium用チップセット。  82439TX (MTXC)と 82371AB (PIIX4)からなる。Ultra ATAに対応、ACPI  対応などの特徴を持つ。430HXに比べると 2次キャッシュが64MBまでと  制限されていたりするので、どちらかというと普及マシン用のチップと  考えた方がよい。
430VX 430HXのローエンドマシン版。
440FX インテルの第2世代のPentium_Pro用チップセット。1996年5月発表。  開発コードネーム Natoma。 82441FX(PMC=PCI and Memory Controller),  82442FX(DBX=Data Bus Accelerator), 82371SB(PIIX3=PCI ISA IDE Accelerator)  の3チップからなる。Pentium Pro 150〜200MHz, Pentium II 233〜300MHz  に対応。最大メモリー1GB。メモリーのECC対応。デュアルプロセッサ対応。  中規模のマシン向けのセットである。
440LX インテルの最初のPentium_II用チップセット。1997年9月発表。  82433LX (PAC=PCI AGP Controller) 1チップ構成だが通常これに 82371AB  (PIIX4)を追加する。 Pentium II 233〜300MHzに対応。デュアルプロセッ  サ対応。グラフィックインターフェイスAGPを内蔵しており、Quad Port  Accelerationという新しいアーキテクチュアを採用している。メモリーは  SDRAMなら512MB、EDO-DRAMなら1GBまで対応。
440BX インテルPentium_II,Pentium_III,Celeron用チップセット。  1998年4月発表。440LXの後継機である。82443BX (Host Bridge Controller)  と 82371EB (PIIX4=PCI to ISA/IDE Xcelerator) からなる。初めて100MHz  のシステムバスと100MHzのSDRAMに対応(66MHzも可)。デュアルプロセッサ  対応、PCIバスは5スロットまでOK。メモリーはSDRAM 1GBまで。対応プロセ  ッサはPentium IIの233〜450MHz, Pentium IIIの 450〜600MHz, Celeronの  266〜500MHz。
440EX インテルPentium_II用チップセット。1998年4月発表。  440BXの廉価版。66MHzバスのみ対応。またマルチプロセッサには対応して  いない。
440GX インテルPentium_II_XeonPentium_III_Xeon用チップセット。  440BXをベースにXeonに対応したもの。82443GXと82371EBからなる。メモリー  はSDRAM 2GBまでに拡張されている。その他の点はほぼBXの仕様である。