16550A IBM-PC/AT互換機で使用されているシリアルポート用コントローラ。 

【2】
2U →1U
2アドレス方式 機械語の命令でアドレス部が2個のもの。例えばADD A,B と  いう命令はAとBの値を足して、結果をAに格納するものである。
2次キャッシュ 主としてCPUのメモリに対するキャッシュの内、1次キャッ  シュの先にあるもので、1次キャッシュでヒットしなかったデータはここに  探しに行かれる。  →キャッシュ
2次電池 充電池のこと。通常の乾電池は1次電池という。
2次プロバイダ インターネットのプロバイダで、NSPIXPJPIXとい  ったデータの交換基点に直接つながっておらず他のプロバイダから間接的  につないで営業しているもの。2次プロバイダといえどもその接続の回線が  太ければ、どうかした1次プロバイダより高速なこともある。
2進化10進数 → BCD
2進法 2個の数字(0と1)を使って数を表現する方法。コンピュータの内部は  全て2進数で動いている。電流のon/off、電圧の高低、信号の有無、電化  の有無、磁化の方向など、さまざまな方法でそれは表現される。
2ストローク方式 漢字の入力方法のひとつで、初期の頃入力センターなど  の専門オペレータが行っていたもの。全ての漢字を2つのキーの組み合わせ  だけで入力してしまう!!というもので、この組み合わせの表が頭の中に入  っていれば、当然ものすごく高速に入力することが可能である。  →漢字入力方式    近年の携帯電話での文字の入力方法でも、全てのかな・数字・アルファベット  を2ストロークで入力する方法が、一部の利用者の間で使われており、通称  ポケベル方式という。例えば「え」という文字を入力するのに通常の方式  では「1111」と4タッチが必要だが、ポケベル方式では「14」と打つ  だけで入力できるので、高速な入力が可能である。
2線式回線 通信回線で2本の電線で作られたもの。電気回路というものは電気  が往復しなければ成り立たないから、2線式はその最低限の設備ということ  になる。データの送受信はトランシーバ的な半二重方式かあるいは  時分割方式などで行うことになる。
2相コミット (two phase commit) データベースのトランザクション処理  の技法のひとつ。データベースの更新中にエラーが発生して処理が中断し  てしまった場合、データに矛盾が起きるのは非常にまずい。そこで一般に  処理の最中は直接本体を更新せず、処理の終了後にまとめてディスクに  書き込む方法が採られる。この操作をコミットといい、キャンセルする  場合はロールバックという。  2相コミットはこの処理を分散データベース上で行う時に、各サーバー間  で連絡を取って全てがOKであることが確認できてから、コミット処理を  行うものである。
2値化 グラフィックソフトの操作のひとつで、データを白と黒の2つの値  に強制的に還元してしまうもの。一般にスキャンしたデータのゴミを取る  のに使用したりする。    またiModeの初期の頃の仕様ではモノクロの画像しか使えなかった  (携帯自体もモノクロだった)ので、iMode用の画像データ作成をする  場合にも2値化をおこなっていた。
2の補数 →補数
2倍角 縦または横が2倍の大きさの文字。縦に倍であれば縦倍角、横に倍で  あれば縦倍角というが、単に倍角といえば横倍角を意味する。初期のワー  プロは文字のサイズが固定であったため、苦肉の策として、このような処  理が行われた。  →4倍角
2バイト文字 2バイトつまり16ビットで表現される文字のこと。日本語  の漢字は1バイトでは不足するので、通常2バイトで表されたものが使用さ  れている。65536文字まで定義できる訳だが、通常はJISの第一水準と  第二水準に定義された約6400文字が使用されている。  →JIS漢字コード、日本語コード、UNICODE
2分木 →木
2分検索 (binary search) データの検索手法のひとつ。予めデータを例えば  昇順にソートしておき、真ん中を見て目的のデータより大きかったら  その前を探し、小さかったら上を探すというやり方を繰り返して探して  いく。たとえば1万件のデータから目的のものを探す場合、順番に探して  いけば平均で5000回の比較が必要であるが、2分検索をすれば確実に14回  の操作でデータが見つかることになる。  →,ソート,選択問題
2ch ひろゆき氏が運営するWWW上の巨大な掲示板。 「にちゃんねる」と  読む。「にちゃん」と略して言う人も多い。 http://www.2ch.net  個人運営のサイトであるにも関わらず、国内WWWアクセスランキングの  BEST10に入っており、その動向と行く末が注目されている。頻繁に利用  している人の総数は恐らく200万人ほどと推測され、コミュニケーション  サイトとしてはmixiと並ぶビッグ2である。  「2ch」という名前は同様の掲示板システム「あめぞう」というのがあり  そこから避難して来た人たちの手により生まれたサイトだからである。  初期の段階ではプロバイダの腹借りで運用されていたがあまりのアクセス  の多さにプロバイダ側が悲鳴をあげ出ていってくれるように頼み、結局  ひろゆき氏は自分でサーバーを立ち上げてしまった。巨額の運営費がかか  っているはずだが、今のところ広告収入と2chビューワの収入により  何とかカバーしているもよう。  2chはあめぞうと同様のマルチスレッドのオートフロートシステムを  採用しており、2chの賑わいに刺激されて同様のインターフェイスのBBSを  提供しているサイトは最近多い。このシステムはあめぞうが発端である  にも関わらず現在多くの人が「2ch型」と呼んでいる。  マルチスレッドというのは多数の会議室(2chではスレッドと呼ぶ)を並べて  見ることのできるシステムで、オートフロートというのは会議室の中で、  最後に書き込みがされた会議室が一番上に表示される仕組である。また  このメイン表示画面においては各会議室の書き込みはその会議室の趣旨を  記述した1番目の発言と最近の10〜20個程度の発言(個数はその掲示板の  設定による)が続けて表示されるようになっていて読みやすい。また  2chでは一部のを除いてそのスレッドを利用者が自由に作成すること  ができるようになっている。  NiftyServe型の掲示板は未読管理されているため、いつも読んでいる  掲示板ならよいが久しぶりに行った時に大量の未読が表示され大変で  あるし、先頭の発言が見えなくなるのでその掲示板の趣旨は別のところに  書いておかざるを得ない。またtcup型の掲示板は書き込んだ順序と逆に  表示されるため、書き込みサイクルが速くなると、かなり読みにくくなる。  2ch型の掲示板はこれらの欠点を改善したひじょうに優秀なシステムである。  2chのもうひとつの特徴は匿名性にある。ユーザー認証やハンドル設定の  義務がないので、特に真実を叫びたい人や正論・本音を書きたい人は  自分の身分を隠して書き込むことができる。ただしIPアドレスは記録され  ているので、犯罪性のある書き込みがあった場合は、警察からの要請と  接続プロバイダ側の協力とで書き込んだ本人は特定される。過去に  そういう形での逮捕例がいくつかある。  2chに書かれている内容は玉石混淆(但し99.95%くらいは「石」のほう)で、  その中から正しい内容の情報を読みとるにはある種の勘と経験が必要で  ある。中にはリーク情報もあるがウケを狙ったイタヅラも多い。しかし  それが全て許容されてしまうのが2chの風土である。従ってここは決して  初心者に優しい掲示板ではない。普通のサイトの掲示板のように  「初めまして云々」の挨拶は全く不要であるし、すれば「うざい」としか  思われない。質問しても親切に誰かが教えてくれることを期待しては  いけない。特にそのスレッドの趣旨と違うことを書き込んだりすれば  「逝け」「氏ね」(あの世に「行け」「死ね」の当て字)などといった  手荒い誹謗中傷の嵐にさらされることになる。但し書いている方も別に  怒っている訳ではないので、このような言葉を返されても全く気にする  必要はない。また面白がってウソを教える人も多い。  2chには常連の人たちが厨房,消防と呼ぶ、訳の分からない書き込み  をしたり、死体画像のURL、ブラクラのURLなどを貼り付けたり、意味の  ない文字列やAAを何十個も何百個も延々と書き込む困ったユーザーがいる。  (厨房・消防は中坊・小坊の当て字で、つまり中学生・小学生、転じて  大人になりきってない困ったちゃんという意味)  しかし多くの常連の人が考えていることは、彼らがそれでストレスを解消  して、犯罪などに走らずに済んでいるのなら、それだけで2chの存在意義  は充分あるのではないかということである。従って彼らの行為に対する  常連の態度は「一切無視」である。2chではこのような行為に対して  「やめて下さい」とか「どういうつもりですか?」などといった非難する  言葉は発せられない(時々初心者と思われる人が反応していることもある)。  反応すれば厨房・消防は自分の言葉に反応があったことを喜び、更に調子  に乗って荒らしまくるからである。  そしてこのような荒らしの後は、ただ「削除人」と呼ばれるスタッフが  通報者からの報告に基づき、黙々とその書き込みを削除していくだけである。  2000年5月に起きた西鉄バスジャック事件では犯人の少年が犯行の直前に  2chに犯行予告の書き込みを行ったことが話題になり、そのあと半月ほど  2chのあちこちの掲示板がビジーでアクセスできない状態に陥った。その  後、ひろゆき氏が頑張ってサーバーを増強し、ビジーは解消されたが、  その頃を境にして2chの収容人員は明らかに限度を超してしまっている。  ボランティアの削除人たちの目もなかなか行き届かなくなってきており、  2chは今のままいくと巨大な恐竜のように機能マヒに陥っていく危険もある。  この2chが万一潰れてしまった場合、そこに収納されていた「厨房・消防」  たちが、どこに出ていくのかと考えると、とても怖い。  →電子掲示板