=> Perlで連想配列の初期値を与えるのに使用する。 
  例: %array = ('a'=>1, 'b'>=2, 'c'>=3); 

question mark. 疑問符。幾つかの用例がある。   ・ワイルドカードで任意の1文字を表す。例: fan?mj.dat   ・Cなどで条件演算子を表す。例: (ax<1)?(3):(4)   ・プログラムの説明を表示させるのに使用する場合がある。例:calen ?   ・インターネットのCGIで、プログラムにデータを渡すのに使用する。    例: roomlist.cgi?house=anex   ・正規表現で直前のパターン0回または1回の出現を表す。   ・正規表現で量指定子の後に書いて最短マッチを指定する。
@ at mark アトマーク。単価記号。幾つかの用例がある。   ・$や#と同様にシステムで用意した特殊なプログラムの名称に使用する。   ・メールアドレスの固有名とサーバー名の区切りに使用する。    例: lumi@example.com
@ECHO_OFF MSDOSのバッチ用のコマンドで、ECHO OFFと同様だが、@ECHO OFF   の場合は、このコマンド自体から非表示になる。
@FreeD DoCoMoPHSのデータ通信使い放題サービス。  DDIポケットAirH"の成功に刺激されて2003年4月1日から始まった。  2008年1月7日にDoCoMoのPHS自体が終了したのに伴いサービス終了。
@homepage @niftyで会員に提供されるホームページ・サービス。  2010年1月31日でサービス終了し同社のlacoocanに統合された。
@nifty 1999年11月にNIFTYInfowebが合併してスタートしたプロバイダ。
[] bracket 大括弧(だいかっこ)。幾つかの用例がある。   ・CやPerlでは、配列の添え字を表す。例: array[5]   ・一部の言語では、[を<=の意味、]を>=の意味に使用する。   ・正規表現で文字クラスを表す。例:[a-zA-Z]
hat ハット。山型。或いは accent circonflexe アクサン・シルコンフレックス。   幾つかの用例がある。   ・幾つかの言語では、これを冪乗の意味に使う。(冪乗は**派の方が多い)   ・排他的論理和を表すのに使用する言語も多い。    0^0=0, 0^1=1, 1^0=1, 1^1=0   ・正規表現で先頭を表す(末尾は$)。
_ under line, under bar, under score 幾つかの用例がある。   ・Cなどでは、複合語からなる変数名に使用する。    例: nikkei print    しかし最近は、Cでもパスカル風に NikkeiPrint のような書き方を    する人が多くなってきた。   ・特にWindowsで圧縮されたファイルの最後の文字をこの文字に変えて    いることがよくある。例: assist.dl_ (assist.dll の圧縮データ)   ・Cでシステムで使用する変数や特殊な変数をこの文字で始めること    がある。   ・多くのシステム(wikiなど)で空白の代用として使用する。
{} brace 中括弧(ちゅうかっこ)。幾つかの用例がある。   ・Cなどではブロックを作るのに使用する。例: { ax=1; bf=3; }   ・Perlでは連想配列の参照にも使用する。例: $FORM{'name'}
vertical 縦線。幾つかの用例がある。   ・多くの言語で or演算子として使用する。例: a | b (a or bの意味)   ・UNIXやMSDOSではパイプの意味に使う。例: DIR|SORT
|| Cではビット毎のOR演算に|を使い、論理演算には||を使う。    例: 5 | 6 は 7 になる。 5 || 6 は TRUE になる。
~ tilde ティルド。この記号は〜が上にあるように見えるマシンと    ̄(overline)に見えるマシンとがある。用途は幾つかある。   ・インターネット・プロバイダでは一般に会員のホームページの    アドレスの先頭にこれを付けるところが多い。   ・Cなどでは補数を取る演算の意味に使う。   ・Perlではパターンマッチングの演算子としても使用する。   ・HyperSciptでは行の継続指定に使用する。
back quote バック・クォート。一見’(single quote)と似ているので   見間違わないようにすること。Perlでシステムのコマンドを実行して、   その結果をもらうのに使用する。また正規表現で$'はマッチした後の部分、   $`はマッチした前の部分になる。
【0】
0_wait 特にメモリーの読み出しで、遅延を発生させないこと。昔のメモリ  リーはCPUの動作に比べて読み書きの速度が遅かったため、メモリに対  してデータを渡すよう命令してから実際にデータが来るまでじっと待って  いた。これが最近のメモリは高速になっているため、(運が良ければ)待た  ずにすぐ利用できる組み合わせがあり、これを、0 wait モードという。  むろん、どんなに速いメモリでもそれより更に高速なCPUに接続して使  う場合は、ウェイトを入れて使わざるを得ない。
0アドレス方式 機械語の命令でアドレス部を持たないもの。操作の対象は  暗黙の了解となる。例えば MUL で、AとDを掛け算して D:A に結果を格納  する、などといったもの。
001 KDDの国際電話/国内市外の番号
050 IP電話の電話番号の先頭につく数。
0033 NTTの国際電話の番号。またNTT.comのHotspotサービスのエアステーション名。
0041 日本テレコムの国際電話
0061 IDCの国際電話
0070 KDDの国内市外電話サービス
0077 DDIの市外電話サービス
0078 DDIの国際電話サービス
0081 東京通信ネットワーク(東京電話)の市内/市外通話サービス
0088 日本テレコムの市外電話サービス
0120 フリーダイヤルの番号
0170 伝言ダイヤルの電話番号
0180 テレゴング(電話投票)やテレドーム(情報案内)の番号
0570 ナビ・ダイヤルの番号
0990 ダイヤルQ2の番号
【1】
17PP-RMTR (1.7 Parity Preserve/prohibit Repeated Minimum Transition Runlength)   Blu-ray Discで採用されている変調の方式。   実際の変調は2ビット分のデータを3ビット分の長さで書き込む。   (DVDで使用されているEFM Plusでは8ビットを16ビットで書いていた。)     1.7とは1と1の間に現れる連続する0の個数を1〜7個に制限すること。   Parity Preserveとは、変調の前後でパリティが変化しないこと。   prohibit RMTRとは、連続する2T(最短マーク長)を6回までに制限すること。
1ch →1chTV
1chTV 西和彦氏とあめぞう氏が創設した無料掲示板サイト。  無料掲示板サイトとしては2chが有名であるが、2chは元々あめぞう氏が  運営していた掲示板サイトの利用者の一部が運営方針に反発して分離して  作られた掲示板である。旧あめぞうはその後運営が終了していたが、後に  元アスキーの西氏と組んで新たな掲示板を立ち上げたもの。その際、  こちらのほうが元々本家であるとして2chに対して1chと名乗ったものである。    1chTVは当初、2chがの管理者がいないことからしばしば暴走状態になる  として各板に管理者を置いたり、2chでは全文検索システムがなくて不便と  いうことからそのシステムを設置したりしたが、全文検索どころかそもそも  書き込みの負荷に耐えきれず即日ダウン。当初は運営時間帯を制限すると  いう、きわめて不本意なスタートをした。その後、適度に利用者が減って  運営は落ち着いたが、創設者の2人はいづれも運営から退いた。