電磁波 (electromagnetic wave) 電場と磁場がお互いを誘発しながら空間を 
 伝わっていく特殊な波。普通の波はそれを伝える媒体を必要とするが電磁波は 
 何もない真空中も伝わることができる。真空中の速度は約30万km/sec。正確には 
 299,792,458m/sである(メートルの定義)。物質がある場所では少し遅くなる。 
 そのため光は水面やガラス面などで屈折現象を起こす。 
  
 かつては電磁波が伝わる以上「真空」とはいっても何か物質があるのではないか 
 といってエーテル(元々は錬金術の第五元素の名前)という名前が付けられた 
 ことがあるが現在はその存在は否定されている。エーテル(Ether)は英語読みすると 
 「イーサー」で「イーサネット(Ethernet)」の語源である。 
  
 電磁波は波長の長い方から、電波・光・X線などに分類される。もう少し 
 細かい分類を下記にあげる。(分類の仕方はジャンル等により差異がある) 
 電波(波長100Gm〜100μm程度) 
  100Gm〜100Mm 3mHz〜3Hz   極極超長波(ULF - Ultra Low Frequency)※月の距離は384Mm 
  100Mm〜100Km 3Hz〜3KHz   極超長波 (ELF - Extremely Low Frequency) 
  100km〜 10km 3KHz〜30KHz  超長波 (VLF - Very Low Frequency) オメガ航法。 
   10Km〜 1km 30KHz〜300KHz 長波,km波 (LF - Low Frequency) 電波時計,航空通信 
   1Km〜100m 300KHz〜3MHz 中波,hm波 (MF - Medium Frequency) AMラジオ,船舶気象通報 
  100m 〜 10m 3MHz〜30MHz  短波,Dm波 (HF - High Frequency) SWラジオ,市民ラジオ 
   10m 〜 1m 30MHz〜300MHz 超短波,m波 (VHF - Very High Frequency) FMラジオ,VHFテレビ 
   1m 〜 10cm 300MHz〜3GHz 極超短波,dm波 (UHF - Ultra High Frequency) UHFテレビ,PHS, 
                          GPS,無線LAN,携帯電話,電子レンジ,RFID 
   10cm〜 1cm 3GHz〜30GHz  cm波 (SHF - Super High Frequency) BS放送,ETC 
    
   1cm〜 1mm 30GHz〜300GHz mm波 (EHF - Extremely High Frequency) レーダー 
                   ※m波〜mm波の範囲をマイクロ波という。 
                    これは短波(Shortwave)より短い波長という意味。 
   1mm〜100μm 300GHz〜3THz サブミリ波 
 光 
  赤外線(100μm〜0.77μm) 
   100〜4μm 3THz〜75THz  遠赤外線 暖房器具など 
   4〜2.5μm 75THz〜120THz 中赤外線 
   2.5〜0.77μm 120〜390THz 近赤外線 赤外線通信,警備装置 
  可視光線(770nm〜380nm) 
   770〜640nm(390〜470THz)赤  
   640〜590nm(470〜510THz)橙  
   590〜550nm(510〜540THz)黄  
   550〜490nm(540〜610THz)緑  
   490〜450nm(610〜670THz)青  
   450〜430nm(670〜700THz)藍  
   430〜380nm(700〜790THz)紫  
  紫外線(380〜10nm) 
   380〜315nm ( 790〜 950THz) 近紫外線(UVA) (near Ultra Violet) 
   315〜280nm ( 950〜1070THz) 近紫外線(UVB)  
   280〜200nm (1070〜1500THz) 近紫外線(UVC) 
   200〜 10nm (1.5〜30PHz)  遠紫外線(FUV Far Ultra Violet) VUV 
    10〜 1nm (30PHz〜300PHz) 極紫外線(EUV Extreme Ultra Violet) XUV 
         ※300〜1nm程度の紫外線を深紫外線(DUV-Deep Ultra Violet)という。 
 X線(電子軌道の遷移によるもの) 
   1nm〜100pm (300PHz〜3EHz) 軟X線 
   100pm〜10pm (3EHz〜30EHz)  硬X線 
 γ線(原子核や素粒子の変化などによるもの) 
   10pm〜   (30EHz〜)    ※1pmのγ線がだいたい1MeV 
 ※X線とγ線の境界はもう少し曖昧であり、周波数ではなく、発生源により 
  区別されている。 

動画再生ソフト (どうがさいせいそふと, movie player) 動画を再生するソフト。  一般に音声ファイル(mp3など)の再生機能も持っている。メディアプレイヤーとも。    主なものにWindows Media Player, iTunes, VLC media Player,  Real Player などがある。
都道府県コード →JIS X0401
トラックパッド (track pad) →タッチパッド
トラックポイント (track point) 小さな豆状のポインティングデバイス。  なんといっても、IBMのThinkPadシリーズに搭載されたものが有名で、  トラックポイントが好きだからThinkPadを買うという人も良くいた。  (1992年にIBM製品に搭載されたのがトラックポイントの最初らしい)    指先で押さえてマウスカーソルを移動するが、クリックやドラッグの機能  はないのでトラックボール同様に、補助的なボタンの装備は必要である。  またどうしてもタッチパッドに比べれば特定の点にピタリと止めるのが  難しいので、これを使ってグラフィックソフトを操作するのには困難がある。  また時々ノートパソコンを使う人は良いが、コンピュータ技術者、サイト  管理者、ライターなどのように1日中パソコンを使い続ける人の場合指が  痛くなってしまうという問題もある。    逆に利点はちょっとした指の動きでカーソルを画面全体に動かせることと  キーを打つ位置から手をあまり話さずに操作できること、また設置面積を  取らないことである。このためサブノートやミニノート向きのデバイス  ともいえる。マウスを装備することを前提にした使用の場合は、補助的な  ポインティングデバイスは小さくて充分ということでトラックポイントが  好まれる場合もある。このためビジネス向けのパソコンでも採用が多い。    通常キーボードの真ん中に設置して人差し指か中指で操作するようになって  いるが、Librettoで行われたことがあるように、画面の横に設置して親指で  トラックポイントを操作し、裏側(ふたの表)にボタンを設置してボタンは  人差し指で押すことで、カーソル移動とクリックを一体感を持って操作でき  るようにした例もある。  なおトラックポイントはメーカーにより色々な名称で呼ばれる。下記はその例である。   ・スティックポインター - ソニー   ・ポイントスティック - ヒューレット・パッカード   ・ポインティング・スティック - DELL   ・クイックポイント - 富士通   ・アキュポイント(Aqu Point) - 東芝   ・NX ポイント - 日本電気
トラックボール (track ball) 自由に回転するボール型のポインティングデバイス。  古くからあるカーソル移動装置で、初期のノートパソコンではこれを採用する  ものが圧倒的に多かった。    欠点はカーソルを移動させることしかできず、(多くの場合)ボタンは別に  設置しなければならないので、スムーズな流れの操作ができず、また物理的に  出っ張るためボディを薄く作ることができない。またどうしても精度が良くない。  そのため1995年頃を境に、タッチパッドに主役を譲ることになる。    トラックボールの設置場所はパソコン本体に設置する場合、キーボードと同じ面に  設置して掌で操作するタイプのもの、パソコンの側面に設置して中指で操作する  タイプのものの他、マウスと似た感じの分離型になっていて、握って使用し親指で  操作するものがある。この分離型の場合は、親指でトラックボールを回して中指や  人差し指でボタンを押すことができるので精度の問題以外ではマウスと同程度の  操作性を持つことができる。