液晶 (えきしょう,liquid crystal) 液体状の流動性と、結晶状の光学的性質 
 を併せ持つ物質。1888年にオーストリアの植物学者 Friedrich Reinitzerが 
 発見した。ライニツァはある種のコレステロールを加熱していった時に、 
 物質がにごった液体になり、更に加熱すると透明になることに気付いた。 
 この透明の物質が液晶だったのである。 
  
 しかし液晶は発見されたものの使い道がなくこの技術は放置されていた。 
 しかし1960年代に表示装置の素材として使用するアイデアが生まれ、それが 
 今日のコンピュータやテレビのディスプレイとしての液晶技術のスタートと 
 なったのである。 
  
 液晶の重要な性質は下記の3点に集約される。 
  (1)溝を作ってやると、液晶が溝に沿って並んでくれる 
  (2)電圧を掛けると、その電気の方向に並ぶ 
  (3)光学的な偏光性を持つ 
 そこで溝によって横に並べていた液晶に電圧を掛けて縦に並べ替えると 
 偏光の向きが変わるため、適当なフィルターと組み合わせることで光を 
 通したり通さなかったりする装置を作ることができるのである。その 
 詳しい仕組みについてはTN,IPSの項を参照のこと。 
  
 液晶は日本では1960年代末にシャープの和田富夫らが壁掛けテレビの 
 研究から派生して技術開発を進めた。当初は液晶の寿命が短すぎて使いにく 
 かったが様々な工夫の結果、1973年に世界初の実用的な液晶表示装置を完成。 
 シャープは同年、これを搭載した電卓を発売した。それ以降、シャープは 
 現在まで液晶技術に関するトップ企業として走り続けている。 
  
 液晶は元々がコレステロールを素材に作られたもので、以前は主として 
 イカの内臓を原材料にしていたが(イカスミは自然に存在する液晶の好例)、 
 現在では様々な有機物質から合成されている。 

液晶シャッター (えきしょうしゃったー, Liquid Crystal Shutter) 液晶の原理を  利用して光を選択的に遮る装置。液晶プリンタや立体視装置などに  使用されている。
液晶センサー (えきしょうせんさー, Liquid Crystal Sensor) 種々の物質の含有量  などを液晶の回転角度によって検出するタイプのセンサー。
液晶ディスプレイ (えきしょうでぃすぷれい, Liquid-Crystal Display)   略してLCDという。  液晶を利用した表示装置で、大型のものはノートパソコンや省スペース型の  パソコン、家庭用テレビなどの画面として使用されており、小型のものは  携帯電話やPDA、電卓などのほか、家電の各種状態を表示する装置と  しても使用されている。    家電や電卓などでは以前は蛍光管の表示装置が使用されていたが、電力を  食う上に表示できる文字種/内容が限られていた。液晶であればドット構成  や7セグメント方式なので表示内容が自由であるし、電力消費は遙かに小さい。    液晶ディスプレイは初期の段階では青緑色のモノクロであったが、やがて  フィルターを掛けた白黒液晶のディスプレイが開発され、やがて三原色の  発光装置を並べたカラー液晶ディスプレイが開発されて現在はこれが主流に  なっている。    液晶ディスプレイは液晶で作った多数の発光素子を並べたものなので、  CRT(ブラウン管)と違って、最初から表示できるドット数が固定である。  パソコン用に使用されている液晶ディスプレイは現在1024×768のXGAが  主流だが、携帯電話ではまだまだ小さく、2004年現在最も新しい機種でも  240×320のQVGAがせいぜいである。この多数の発光素子の制御については  初期の段階では単純マトリックスといって、縦と横から信号を出して、  そのクロスする部分を発光させる方式(STNなど)をとっていたが、動作速度  に難があり、パソコン用のディスプレイでは1つずつの発光素子に制御用の  ICを付けるアクティブ・マトリックス方式(TFTなど)が主流となった。    また液晶で制御する光については初期の段階では外から入ってきた光を反射  させて使用していたが(反射型液晶)、現在では多くの場合、背景に光源  (バックライト)を置いて外へ透過する光を制御する方式(透過型液晶)が、  パソコンでは主流となっている。透過型は反射型に比べて見やすさ・彩度が  高く、視野角度も広くなる。ただし一部の機器ではバッテリーの節約のため、  充分な外光がある場合にバックライトを切る半透過型液晶も使用されて  いる。なおバックライトの光源としては、初期の段階ではいくつかの試みが  あったが、現在ではELを使用する方式が普通である。    液晶ディスプレイは有機ELディスプレイ,プラズマディスプレイと並ぶ  三大薄型ディスプレイのひとつであり、その中でも現在の所、代表格である。  パソコンのディスプレイとしては1980年代以降CRTが主役の座にあったが  液晶ディスプレイは初めラップトップやノート型のパソコンのディス  プレイとして使われはじめ、最近ではデスクトップ型でも利用される  ようになってきて、2003〜2004年にはCRTのシェアを追い抜くまでになった。  →TFT,TN,STN,DSTN,FLCD,EL
液晶デスクトップ (えきしょうですくとっぷ) 液晶ディスプレイを持った  デスクトップパソコン。省スペース型パソコンの代表格である。
液晶電卓 (えきしょうでんたく) 液晶ディスプレイを表示装置として使用  した電卓。一般に液晶で7セグメント・ディスプレイを構成して1桁分の  数字を表すものが多いが、ドット式になっていて、英数字や漢字などまで  表示できるものもある。    液晶電卓はシャープが1973年に世界で初めて発売した。従来の蛍光管を  使用したものに比べて消費電力が遙かに小さいため電池の持ちがとても  良くなったのが大きなセールスポイントであった。蛍光管の時代は電卓に  ACアダプタは必須のアイテムだったのである。
液晶パネル (えきしょうぱねる, liquid crystal panel) 液晶式の表示装置の  本体部分。    液晶ディスプレイは、本体の液晶パネルの後ろにバックライトを付け、  パソコンなどとのインターフェイス回路、電圧関係の回路などを付属させ  表面を保護フィルムなどで覆い、強度をもたせるためにポリカーボネイト  などで作った枠にはめ込んだものである。
液晶プリンタ (えきしょうぷりんた) 液晶シャッターを利用して画像の潜像を  作り印刷する方式のページプリンタ。ページブリンタとしては、  レーザー光線を走査させてドラム上に帯電した潜像を作り、そこにトナー  を吹きつけて帯電した所だけにトナーの粒子をくっつけ、それを紙に  転写するというレーザープリンタが主流であるが、レーザー光線を  走査させる代わりに、液晶シャッターを透過した光によりドラム上に  帯電した潜像を作るのが、液晶プリンタである。    レーザープリンタがまだ高価であった時代に、安価で静かなプリンタと  してよく利用されていた。現在ではレーザープリンタが安くなったためか  あまり見なくなってきた。