池田敏雄 (いけだとしお) 「富士通の鬼才」「ミスターコンピュータ」などと 
 言われた天才コンピュータ技師。FACOMおよびMシリーズの制作者。 
 1923年8月7日東京市東両国生まれ。バスケットと幾何学と囲碁が得意で囲碁 
 は五段の実力(アマの最高位。囲碁界への貢献から贈六段。死後追贈七段)。 
  
 東京工業大学卒業後1946年に富士通に入社、同社製の初期の電話機のトラブル 
 の原因解明に貢献。1948年に彼のために電話機や交換機の改良のための研究室 
 を作ってもらい、ここでの研究からコンピュータ開発の必要性に目覚める。 
  
 1950年に東京証券取引所から株の精算用の計算装置開発の話があり1953年3月 
 に試作器を完成させるが、これは受注失敗。しかしこの技術を利用して彼は 
 リレー式計算機の制作を続け、1954年10月にFACOM100と呼ばれるシステムを 
 完成させた。これを日本初の国産コンピュータとみなす人もいる。 
  
 FACOM100は富士通社内に設置されて計算受託業務に使用されていたが1956年 
 9月にはこれの商用機FACOM128Aが完成。文部省などに納入された。 
  
 当時注目されていたパラメトロンを使用した計算機も1954年頃から開発が 
 進み1959年には磁気コアを使用したFACOM212を完成。しかし彼はパラメト 
 ロンに関しては動作の遅さからあまり本命視していなかったといわれ、代り 
 にトランジスタを使用したコンピュータの開発も同時進行で進めている。 
 その成果は1961年のFACOM222P(「222」を俗にフジツーと発音する)として 
 結実した。 
  
 その後彼は主記憶を共有する2台のCPUを持つマルチプロセッサマシン 
 FACOM-230-60(1968), パイプライン機構を持つ日本初のスーパーコンピュータ 
 FACOM230-75APU(完成は1975)の開発に関わる。 
  
 また一方では、独自路線ではなかなかコンピュータの販路が広がらないので 
 IBM互換路線をという営業サイドの声に応えて1972年にはIBM360の設計者の 
 ひとりであるGene Amdahlが設立したAmdahl社との提携をまとめてその 
 技術でIBM互換機FACOM-M190を完成させる一方、設計は良くても製品品質の 
 問題で経営危機に陥っていたAmdahl社の特に生産工程の改善の指導のため 
 頻繁に日米を往復した。 
  
 そしてアムダール社の再建のめどがやっと立ってきた1974年11月10日、 
 羽田空港にカナダのコンピュータメーカーの社長を迎えに行っていた時に 
 突然倒れ、同14日死去。まさに戦死であった。享年51歳。 
  
 死亡時彼は富士通の常務の肩書きであったが富士通は専務を追贈し葬儀は 
 社葬とした。また彼は生前に48歳で紫綬褒章を受けていたが、死後政府は 
 正五位勲三等章を追贈した。 

イコライザ (equalizer) 音(特に音楽)の一部の周波数帯を強調したり弱く  したりすることのできる装置、およびその機能をシミュレーションする  ソフトウェア。しばしば行われるのは低音を強調して振動感を楽しんだり、  高音をカットして、聞きやすい音にしたりすることである。
イーサトーク =EtherTalk
イーサネット =Ethernet
イーサネットアドレス =Ethernetアドレス
いし ICのこと。「IC」というスペルを「いし」と読んだものであるが  シリコン製の固形であることから「石」であるという意味も込められて  いる。(そこらへんの地面に落ちている石の主成分の石英と長石はどちらも  珪素化合物)    真空管のことを「球(たま)」と呼んでいたことからそれに対してトラン  ジスタを「石」と呼んだものという説もある。
イージーアクセス (Easy Access) Macintoshで身体に不自由がある人を  支援する操作機能。
イージーアクセス (EZ Access) =EzAccess
石井茂吉 写研の創業者。1887-1963。1925年森沢信夫とともに写真植字機  を開発した(共同特許)。実際の技術分担は石井が書体を作り森沢が機械部分  を作ったと言われている。石井は大漢和辞典の文字の制作者でもある。  この日本最大の漢和辞典のために約5万字の文字を8年掛かりで制作した。  このスピードは通常の文字制作技術者の倍以上の速度であるらしい。
イジェクト (eject) フロッピー、CDMOなどを排出すること。  操作的には、イジェクトボタンを押す方法、パソコン側から指示する方法、  強制イジェクトスイッチをピンで押す方法などがある。
意志決定支援システム (いしけっていしえんしすてむ, decision support system)  主として企業の経営者が経営方針や戦略などを決めるために必要な情報を  提供するためのシステム。    昔からシステムのあるべき姿として語られることの多いことばであり、  また「これがDSSだ」として販売されるシステムも多いが、実際には  経営者にExcelの操作でも覚えてもらって、データベースからExcelへの  データの橋渡しのミドルウェアだけ入れておくほうが、実際の意志決定  には役立つであろう。
石田晴久 (いしだはるひさ) 日本のコンピュータ文化黎明期の理論的な  リーダーのひとり。特に1970〜1980年代にコンピュータの普及および啓蒙  活動で、多大な貢献をした。文章は技術者らしい明快で読みやすいもので  現在30〜40代のコンピュータ技術者の中にはこの人を信奉していた人も  多いであろう。勲章くらいもらってもいい人。    1936年10月30日台湾生まれ。1961年東京大学大学院修士課程修了後フルブ  ライト留学生としてアメリカに渡り、1964年アイオワ大学でPh.D取得。  1965年までMITで研究をしたあと帰国。1966年電気通信大学助教授、  1970年東京大学大型計算機センター助教授。1982年同教授。  1997年多摩美術大学教授。    著書(主として啓蒙書とコンピュータの入門書)は非常に多数。
意匠登録 (いしょうとうろく, registered design) 物品の形状・模様・色彩  およびこれらの結合を特許庁に登録したもの。存続期間は15年。  →知的財産権,特許
異常終了 (いじょうしゅうりょう, abnormal end) プログラムが正常では  ない終わり方をすること。abnormal end を縮めて abend(アベンド)と  いう人もあるがアペンド(append)などとの聞き違いもこわいし、あまり  使用しないほうが良い。    原因の多くはデータの異常や操作ミス、フロッピーなどの媒体異常、  プログラムのバグなどである。    →アボート,バグ