インターネット・セキュリティ (Internet Security) シマンテックの 
 Macintosh用のウィルス対策ソフト。マック用のこの種のソフトとしては 
 ほぼ唯一の存在。Norton Anti Virus にパーソナル・ファイヤーウォール 
 などを添付している。 

インターネット・セキュリティ・スィート (Internet Security suite)  マカフィのウィルス対策ソフトウィルススキャンに、パーソナル  ファイヤーウォール、スパムキラーなどの製品を付けたセット商品。    →ウィルススキャン
インターネット接続アシスタント (Internet connective assistant)  Macintosh添付のインターネット接続ユーティリティ。
インターネット・セットアップ・ウィザード (Internet setup wizard)  Windows95 Plus!に含まれる、インターネットの接続ユーティリティ。
インターネット・タクシー (Internet taxi) インターネット接続されたタクシー。  一般にGPSを装備していて、現在走っている場所をタクシーの無線グループ側で  把握し、客から呼ばれた時の配車に役立てたり、道路の混雑情報を通知したり、  運転手が不案内な場所に誘導したりするほか、車内に電源や小型端末を設置して  ノートパソコンを持った客が車内で仕事をしたり、ニュースサイトを閲覧したり  ショッピングができるようにしたりしたもの。各地で実験的なサービスが行われ  ている。
インターネット・データセンター (Internet data center)  企業などからサーバーを預かり、電源と回線の安定運用、異常の監視などを  おこなうサービス。IDCと略すこともある。    ハウジングとの差異は微妙で、同義語として使われる場合もあるが、  サーバーの設置場所を耐震構造にしたり、停電対策でUPSを入れたり、  設置場所に入室するのにセキュリティチェックがあったり、予想される  いくつかの障害について手順を明示してあればその方法で復旧したりする  など、質の高いサービスを行うものを言うことが多い。当然、料金も  単なるハウジングに比べるとかなり(3〜10倍程度)高いのものになる。
インターネット・テレビ (Internet television) 一般のテレビで  インターネットが利用できるサービス。実際には、テレビの上に  インターネットに接続するための専用ボックスを取り付けて使用する。    日本ではWebTVの名前で1998年からサービスが始まったが、普通のパソコン  を通したインターネットの利用が一般化し、そちらがブロードバンドになる  中で低速回線のまま取り残されてしまったこともあり、2002年3月でサービス  を終了した。
インターネット・テレビ (Internet television) インターネットを使用して  主としてストリーミングにより、放送をおこなっているテレビ局。日本では  まだ本格的なものは無い。    現行FMラジオ局の中でインターネット・ラジオへの移行を検討している所  があるのと同様に、特にテレビ放送のデジタル化が進むと地方局の中には  経営が成り立たなくなり、インターネットテレビに移行して電波による放送  を廃止する所も出るのではないかと言われている。
インターネット電話 (Internet phone) IP電話ともいう。  インターネット上を伝達されるパケットを利用して通話をするもの。このため  にはVoIPという技術で、音声をパケット化して目的のノードまで伝える。    以前はインターネット電話から通常の電話への通話はできたが、逆ができな  かった。しかし2004年からインターネット電話にも050で始まる電話番号が  振られることとなり、一般の電話からもインターネット電話に電話できる  ようになった。    インターネット電話は回線速度がある程度以上速くなければ使えず、また  輻輳している時は音質がかなり悪くなる場合もある。しかし同じネット上に  つながっているノード同士(Yahoo!BB同士,NTTCom同士など)では無料で  相互通話できるなどのメリットもあり、ADSLとともに急速に普及している。    NTT自身もIP電話への移行をするという説もあり、やがては回線占有方式の  電話は消滅することになるであろう。
インターネットトイレ (Internet toilet) インターネットの接続設備を  装備したトイレ。イギリスで、マイクロソフトが開発中であるという話が  関係者からあり報道されて話題になったが、実は冗談であったことが判明した。
インターネットトレード (Internet trade) インターネットを利用した株取引。  最近手数料が安くなったことから、自宅のパソコンでやる人が増えてきた。  →デイトレーダー
インターネット墓 =ネットお墓
インターネット・バンキング (Internet banking) インターネット経由  で銀行の口座を操作すること。    1980年代にはファームバンキングといって音声応答のインターフェイス  を使用して企業が銀行の振込などの操作をすることが一般化したが、最近  普及しているのはインターネットのWWWを利用してやはり振込や残高照会  などをするものである。急成長するインターネット銀行に対抗すべく、  キャンペーン期間で手数料を無料にしている銀行もあり、インターネット  バンキングは急速に個人に普及している。    コンビニのATMでの入出金も広まり、今従来型の銀行は店舗というものの  存在意義を問い直されている。  →モバイルバンキング,テレフォンバンキング,ファームバンキング
インターネット・ピアノ (Internet piano) インターネット接続機能を  持つ電子ピアノ。お手本の演奏をダウンロードしたり、逆に自分の演奏を  先生の所に送って採点してもらったりすることができる。
インターネット飛行機 (Internet plane) 機内でインターネットが使用できる  飛行機。日本航空は2004年12月から、国際線を中心にConnexion by Boeing Inc  の回線で機内でネットが利用できるようにする予定である。アンテナの物理的  な方向合せをしなくても論理的に衛星の方向に同期できるアンテナを使用する。    ニュースや航空会社のサービス案内などは機内に蓄積されたサーバーから  配信するので無料だが、メールの送受信や地上にあるサーバーの情報を参照  する場合は有料になる。料金は未定だが、1フライトあたり20〜30ドルでは  ないかといわれている。
インターネット・ファックス (Internet fax) インターネットとFAXとの融合  システム。    音声応答で各種の資料を取り出せるのと同様に、FAXのやりとりで企業の  WWWサイトの特定ページをFAXで受け取れるサービスを実施した所がある。    通常の電子メールソフトからの送信でFAXを送ったり、受信したFAXを画像と  して管理しWWWブラウザで内容を確認したりするソフトが出ている。