インスタンス (instance) オブジェクト指向プログラミングにおいて、 
 クラス定義にもとづいてメモリを割り当てて生成されたオブジェクト 
 のひとつひとつのこと。 
  
 MDIのプログラムで複数のウィンドウが開かれている場合、ウィンドウの 
 数だけの文書のインスタンスが生成されている。またひとつの文書について 
 複数のウィンドウを開いて2箇所同時に編集しているような場合は、文書の 
 インスタンスがひとつだがウィンドウのインスタンスは複数あることになる。 

インスタントメッセージ (instant message) インターネットLAN,  パソコン通信などに接続している人同士で、直接会話が交わせるように  するシステム。IMと略す。    そのような仕組みをインスタント・メッセージング, そのためのツールを  インスタント・メッセンジャーという。    この分野の草分けはICQ(I Seek You)だが同社はその後AOLに吸収された。  これについてはICQの項参照のこと。現在でもそのICQ, 同じくAOLのAIM  (AOL Instant Messaging), マイクロソフトのMSN Messanger, ニフティの  デリポップなどは代表的なIMである。
インスタントメッセージング (instant messaging) →インスタントメッセージ
インスタントメッセージャー (instant messager) →インスタントメッセージ
インストーラ (installer) アプリケーションをそのパソコンで使えるように  するためのプログラム。  簡単なアプリケーションでは単にディスクにコピーしただけで(あるいは  アーカイブを解凍しただけで)使えるものも多いが、複雑なシステムでは  動作に必要なDLLなどをシステムにコピーしたりレジストリに情報を登録  したりするなどの操作が必要になるため、インストーラを用意しているもの  が多い。以前はインストーラの仕様もばらばらだったが近年ではWindowsでは  MSI方式に統一されてきた。    なおインストーラで入れたソフトはアンインストーラで削除しなければ  ならないのが普通である。
インストラクション (instruction) 命令。特に機械語の命令をいう。
インストラクションセット (instruction set) 機械語の命令体系。
インストラクションミックス (instruction mix) CPUの命令の処理速度を  評価するために平均を取ったもの。技術計算、事務計算など特定の目的別に  平均の取り方は異なっていた。MIPSはこの手法で平均を取ったものである。    最近ではCPUの高速化技法が高度化してきて、単に命令の実行速度だけでは  そのCPUの性能を評価できなくなってきたことから、このように単純に平均を  取るという考え方は意味をなさなくなってきた。
インストラクタ (instructor) 講師。しばしば各メーカーの技術認定を受けて  いる人。技術力の対外的な証明のために、職業的に講師をするつもりがなく  ても資格を取る人もいる。
インストール (install) アプリケーションソフトを特定のコンピュータで  使えるように組み込むこと。セットアップともいう。    インストーラが付属しているソフトではそれでインストールする。  アーカイブを単に適当なディレクトリに解凍すればそのまま使える  ものもある。  特にインストーラは用意されておらず最初に起動した時に自動的に初期設定  をするように作られているソフトもある(この時に特定の媒体を要求する  ものもある)。    商業的に販売されているソフトやシェアウェアなどの場合、インストール  中あるいは最初に起動した時にユーザーidを要求するものが多い。最初に  起動した時に要求するタイプはしばしば違法コピーを排除するためにそう  なっている。インストールできたところで安心したところで実際に起動した  時にidを要求すると、idを持っていない人は慌てるのである。    ただし正規ユーザーでもインストールしたまま一度も使わずに忘れていた  ソフトを急に思い立って使おうとした時に、どうしてもidのメモが見つからず  ちゃんとお金を出して買ったのにソフトが使えない、という困った事態に  陥る場合もある。ソフトはインストールしたら一度は起動してみておくのが  安全である。  →カスタマイズ
インストール・オン・デマンド (install on demand) 必要に応じてインストール  されること。Internet Explorerの外国語フォントは必要な場合に自動的に  インストールされるようになっている。またOfficeのコンポーネントも  最初は入れずにおいて必要になったらその場でインストールするように指定  しておくことができる。
インスピレーション (Inspiration) Macintosh用のアイデア・プロセッサ。
隠線消去 (いんせんしょうきょ, hidden-line elimination) →陰線処理
陰線処理 (いんせんしょり, hidden line elimination)   建物の完成予想図など3次元の図形を表示する時に、視点から裏側や内側に  なる部分は画面上に表示しないようにすること。    →Zバッファ,スプライト,陰面処理
インセンティブ (incentive) 奨励。特に報奨金。
インセンティブ規制 (incentive) 特定の産業に属する企業に対して、経営の  効率化や高品質のサービス(商品)提供が行われている場合に、それに応じた  メリットを与える方式の規制。    原発の運用状態が良い場合に政府の検査が入る間隔を長くしたり、NTTが  他の企業との競争がきちんと行われる状態にしていれば他の分野への進出を  認めるとしたり、といったものがインセンティブ規制の例である。  上限価格を設定して、それ以下なら料金の設定に認可を必要としないとする  プライスキャップ制もインセンティブ規制の一種とされることが多い。また  プライスキャップのことをインセンティブ規制という、と解釈する事典も多い。
インターオペラビリティ (inter-operability) 相互運用性。  複数の(異種)システムの間でデータの相互運用・補完運用などが可能なこと。
インターガイド (interguide) ソニーが開発した、店頭でCDの内容を試聴  できるサービス。
インターキャスト =Intercast
インダストリアル・アニメーション (industrial animation) CGの技術が  工程に採用されたアニメーション制作。今までの描画から彩色・撮影まで  全て手作業とセルでおこなっていたものと区別するための用語。    一般には下絵までは手書きで描くが、そのあとスキャナで取り込み線の  修正をした上でパソコン上で彩色、画像をレイヤーで重ねて動画にする。