アーカイバ (archiver) 多数のファイルをひとつのファイルにまとめたり、また 
 圧縮したりするソフトの総称。何十個・何百個ものファイルをひとつにまとめる 
 ことで、それをメールで誰かに送ったり、ネットからダウンロードする時の手間 
 が大幅に削減できる。このまとめられたファイルをアーカイブという。 
 アーカイバとして代表的な形式として下記のようなものがある。 
  
 LHa (拡張子 .lzh) 
 吉崎栄泰が開発した形式で日本の代表的なアーカイバ。国産アーカイバという 
 ことでこの形式をこだわって利用する日本国内のソフトウェア作者は多い。 
 吉崎氏は阪神大震災で大きな被害を受けてこのソフトの開発を事実上中断して 
 しまったため、実際に開発して配布したのは LH6 まで(公式配布はLH5まで) 
 だが、多くの互換ソフトが多くのソフト作者により制作されており、大きな 
 ファイルで圧縮率の上がる LH7 までが利用されている。ただし公式配布が 
 LH5までであったことから、LH6以上を使う場合は一般に自己解凍形式に 
 することが多い。 
  
 ZIP (拡張子 .zip) 
 PKWare社が開発した形式で、アメリカで一般的な圧縮形式。Windows XP では 
 OS が標準で備えている。LHaと同様のLZ77方式を使用しているので圧縮率 
 もLHaとだいたい同程度である。ZIPのいい所は、WindowsXPが標準サポート 
 しているので解凍ソフトの使い方が分からない全くの素人向けに使いやすい 
 ことと、パスワードを付けて圧縮することができることである。 
  
 近年ZIPの規格について開発元のPKWare社とこれまで互換ソフトWinZipを作っ 
 ていたWinZip Computing社がお互いに非互換のZip形式を発表。同じ拡張子を 
 持つにも関わらずどちらかでしか開けられないZipファイルが生まれてしまい 
 利用者をひじょうに困惑させたが、その後両者は歩み寄りの姿勢を見せている。 
 キャビネット形式(拡張子 .cab) 
 マイクロソフトの標準のアーカイブでOSなどがこの形式で供給されている。 
 ソフト開発者がこの形式を使うことはむろん可能だが、そういう用途では 
 あまり利用されていない。 
  
 tar形式(拡張子 .tar)および gzip形式(拡張子 .gz) 
 いづれもUNIXで標準となっているアーカイブ形式。tarはファイルをひとつ 
 にまとめるだけ。gzipは圧縮するだけの機能なので、通常 tarで書庫化して 
 から gzip で圧縮する。つまり拡張子が .tar.gz という形になるのが 
 一般的である。 
 StuffIt! 形式(拡張子 .sit) 
 Raymond Lauが開発したアーカイブ形式でAladdin社で販売されている。 
 解凍するだけの Aladdin Expander は同社のサイトから無料でダウンロード 
 可能である。マッキントッシュでもっとも一般的なアーカイバである。 
 圧縮はLZW形式を使用している。 
 CompactPro形式(拡張子 .cpt) 
 Bill Goodman作のシェアウェアで、マッキントッシュではStuffIt!の次に 
 よく利用されている形式である。 
 Sea形式(拡張子 .sea) 
 StuffIt!あるいはCompactPro で作成された自己解凍形式のファイル。 
 両者が同じ拡張子を使っているわけだが、アイコンが異なるのでどちらの 
 ファイルであるかは判別できる。 

アーカイブ (archive) →アーカイバ
アカウント (account) 勘定。会計では現金とか預金といった科目の意味で  使用するが、コンピュータの世界では、一般にネットやセキュリティに  保護されたコンピュータシステムの中に入るための ID管理された、  利用者定義の実体をいう。    これは元々コンピュータがTSSやバッチ方式で利用されていた時代に  CPUの使用時間によって利用者に料金を請求していたので、その単位を  「アカウント」と呼んだことの名残である。
アカデミック・パッケージ (academic package) 学割料金のソフト製品。  ただし鉄道などの学割と違って、一般にソフトの学割は、生徒だけでなく  先生にも適用されている。これは学校で安く自社の製品を使ってもらい、  それに慣れた卒業生が自分で買う時にも、そのままその会社の製品を利用  してもらおうという意図がある。    特に高額のソフトウェアに関しては、アカデミック・パッケージは貧乏な  会社員などには羨望の的の商品である。
アカマイ (Akamai) 高速のコンテンツ配信サービスを世界的に展開している  アメリカの企業。MIT教授のTom Leighton, 大学院生の  Daniel(Danny) C. Lewinらによって1998年に設立された。    なお、Danny Lewinは2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの際にWTC  に激突した飛行機(AA11便)に乗り合わせており死亡した。    http://www.akamai.com
アーキテクチャ (architecture) 構造。一般にコンピュータのICそのもの  あるいは多数のICを結んだ回路システム、またコンピュータを利用した  業務システムなどの「作り方」や「設計製造方針」について言うもの。
秋葉原 (あきはばら) 東京都千代田区にある日本最大の電気街。JR秋葉原  駅の主として西側にひじょうに多数の電気店・電子部品店が並んでおり、  電気工作・電子工作の好きな人にはたまらない地域である。以前はパソコン  などを買うにもここや大阪の日本橋(にっぽんばし)がいいと言われたが  近年はネット通販の発達やビックカメラ・ヨドバシカメラの二大量販店  の成長により、必ずしも「安い」場所ではなくなった。
アキュポイント (Aqu Point) =トラックポイント
アキュムレータ (accumulator) 累算器。コンピュータのCPUの中核にある最も  重要なレジスタ。基本的にはフリップフロップ回路で実現されており  多数の入出力信号線により複雑な制御が可能である。  昔のコンピュータは全ての演算をこのアキュムレータ上で行っていた。  インテル系のCPUのメインレジスタが A (AX,EAX,RAX)と呼ばれるのは  Accumulator の A を取ったものである。ちなみにその後インテルはレジスタ  の数を増やすときに A,B,C,D としたが(B=Backup, C=Counter, D=Division  という連想もある)、モトローラ系では A1,A2,A3,... としていった。  そしてインテルではレジスタとメモリとの間の演算を強化していったが、  モトローラはレジスタをどんどん増やして、レジスタ内で高速に演算ができ  るようにしていった。ワークステーションが生まれた当初、どこの会社も  モトローラ系のCPUを使ったのはこのためである。
アーギュメント (argument) =引数
アクア (Aqua) Mac OS Xで採用された新しいユーザーインターフェイス。  →Luna
アクアノーバ (Aqua Nova) セガが自社で展開するテーマパークジョイポリス  に設置している多人数参加型のシミュレーション・シアター。