#ALLOC ITOSの基本ユーティリティでファイルの領域確保と解放を行う 
 ソフト。但しA-VX時代には一部#ALLOCが対応していないファイルが出て 
 きて#ALLOCでファイルを操作すると壊れる!という問題が出てきたため 
 事実上使ってはならないソフトとなった。A-VXでは基本的に#ABCで 
 ファイル領域の確保・解放は行う。 

ALMA (Atacama Large Millimeter Array) アンデス山中標高5000mの地に  日米欧共同で2003年11月から建設を始めた大電波望遠鏡。口径12〜7  メートルのアンテナ計89台を大小2つの円形に配置しサブミリ波の  観測をする。サブミリ波は水蒸気に吸収されるため、雨の少ないアンデス  山中に建設されることになった。総工費は1000億円程度の予定。
AL-Mail Windows用のメールソフト。
Alpha DEC社が1986年から開発を始めたしたRISC型64ビットCPU。  初の本格的実用64bitCPUとして注目を集め、WindowsNT, Unix(True64Unix),   Linux, OpenVMS などが動作していた。    DECは1998年Compaqに吸収され、その後の開発はCompaqが引き継いだが、  製造はIntelに委託された。Compaqは2002年にHPと合併したが、Compaq  時代にAlphaの開発は事実上中止されてしまいHPと合併した頃にはもう何も  残っていなかった。技術者はIntelやAMDなどに移籍してItaniumHammer  の開発に貢献したもよう。  Alphaには下記のシリーズがある   1992年 21064 150-200MHz   1994年 21164 300MHz   (1997年 21164PC - 廉価版)   1998年 21264 400-500MHz  →FX!32
alphaWorks IBMが最新のWWW技術を紹介するために運営しているサイト。  http://www.alphaworks.ibm.com/
ALR (Advanced Logic Research Inc.) アメリカの企業。アニメ関連の  ソフトを製作している。
ALS (Automatic Landing System) 自動着陸装置。
ALT (Alternate? Altemate?) PC/AT互換機についているキーで、PC98のGRPH,  マッキントッシュのOptに相当する。
ALT (Alanine aminotransferase) アラニンアミノ基転移酵素。血液検査に  おける肝機能の指標のひとつ。  →AST
ALTAIR モトローラ社の無線LAN商品。18GHz帯域に対応。
Altair ソニーが開発中で2003〜2004年に発表予定の、電波放送方式のテレビと  ネットのストリーミングの双方を楽しむことができる家電製品の開発コードネーム
Altair8800 MITS社が1974年12月に発売したパソコン(組み立てキット)。  マイクロソフトはこのマシン上で走るBASICを開発したのが発端である。  →Bill_Gates
AltaVista 検索エンジンのひとつ。http://www.altavista.com/  もともとは1995年にDEC社が始めたサービスである。1998年にDECがCompaq  に買収されるといったんCompaqの一部門になったが、1999年1月に独立して  Alta Vista社となった。しかし同年6月にCMGI社に買収され、さらに2003年2月  Overture Services社に買収された。
AltiVec PowerMacintoshG4で採用されたマルチメディア用の命令セット。
ALTO XEROXのPARC(Palo Alto Reserch Center)で1974年Alan Kayらにより  開発された小型の超高性能電子計算機。現在のパソコンの原型となったも  のである。ラスタ型ディスプレイに表示されたウィンドウシステムを  マウスで操作し、画面の内容はページプリンタで印刷され、他のマシン  ともネットワークで接続され資源が共有されているというもの。    1979年にこれを見たアップルのSteve JobsBill Atkinsonらは刺激  されてMacintoshを開発することになる。
Altsys アルトシス。Freehandの元々の開発元。同項参照。
ALU (Arithmetic and Logic Unit) コンピュータの演算装置。
AM (Amplitude Modification) 振幅変調。電気・電波による情報通信方式  の1つで、波の振幅を情報のアナログ値に比例させて伝達する方法。ラジ  オ放送などに使用される。  →FM,PM
AM (ante meridiem) 午前。ラテン後で「正午の前」という意味。  →PM
AM (Asset Management) 投資信託の設立や運用に携わる仕事。  →IB,FM
AM386 AMD社のインテル互換CPU。
AM486 AMD社のインテル互換CPU。
AMA (American Management Association) アメリカ経営協会。  →JMA
AMA (American Medical Association) アメリカ医学会。
amazon アメリカの巨大な書籍販売サイト。現在は日本サイトもある。   http://www.amazon.com   http://www.amazon.co.jp   書籍だけでなく、音楽CD,ビデオ,DVD,タロットカードなど様々な   商品を取り扱っている。amazon.co.jp でも洋書を買えるがそちらで   品切れになっているものが amazon.com には在庫があるケースもある   ため、洋書ファンはどちらもチェックしたい。
AMD (Advanced Micro Devices Inc.) アメリカのマイクロプロセッサ・  メーカー。インテル互換のCPUである Kシリーズ,Athlon,Duron  などを製作している。
AMD64 x64AMD側の名称。元々このアーキテクチュアはAMDが作ったもので  当初は中立的なx86-64の名前でIntel側の合流を促していた。後にMicrosoft,  AMD,Intelの3社で秘密裏に協議がおこなわれ、IntelもEMT64(後にIntel64と  改名)を採用して両者の互換性が確保されることになり、AMDは自社の規格を  権利関係の問題が生じにくいAMD64の名前に改訂した。    →x86-64,IA-64
Amdahl,Gene (1922-ジーン・アムダール。Gene M. Amdahl。アムダール社の創立者。  IBMの360の設計者のひとり。    1922年11月16日サウスダコタ州生まれ。ウィスコンシン大学・サウスダコタ大学・  陸軍・海軍で電子工学や理論物理学の研究をおこなう内に当時話題になっていた  コンピュータの製造に取り組み、1952年 WISC と名付けたコンピュータを完成した。  同年IBMに入社し、IBM704の設計に参加。その後いったん同社を退職するが1960年  復職してIBM360の設計に参加した。    1970年ふたたび退職すると、IBMの互換機を製造するメーカー Amdahl を設立  する。ところがこの会社はなかなか製造技術的に安定して動作するコンピュ  ータを作ることができず、会社は経営危機に陥った。それを救ったのは富士通  の鬼才池田敏雄である。「まともに動く」機械を作る才能に長けた池田の  尽力で同社は製品の品質の向上に成功する。設計能力と製造能力が別物である  ことの良い例である。池田はこのプロジェクトの途中で過労により死亡して  おり、アムダール社は池田の遺産でもある。  1979年にはAmdahlは自社の株式を全て富士通に売却。アムダール社は富士通  の子会社となった。Amdahl本人は、1980年にトリロジー社、1987年にAndor社  (カリフォルニア州クパチーノ)を設立した。