↑

霜降(10月23日頃)

霜降(そうこう)は二十四節気のひとつ(9月中気)で、現在行われている「定気」法では、太陽の視黄経が210度になった時を言います。毎年だいたい10月23日頃に来ます。

これは西洋占星術の蠍座の始まりおよび東洋占術の卯月将の始まりと、ほぼ同じになります。

七十二候では霜始降, 霎時施, 楓蔦黄 の時期になっています。

前の節気は寒露、次の節気は立冬です。


「霜降」は「霜が降る時期」という意味。実際、早朝に霜を見ることも多くなってきます。


二十四
節気
雑節
五節句
七十二候
(2013-01-11)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから