↑

穀雨(4月20日頃)

穀雨(こくう)は二十四節気のひとつ(3月中気)で、現在行われている「定気」法では、太陽の視黄経が30度になった時を言います。毎年だいたい4月20日頃に来ます。

これは西洋占星術の牡牛座の始まりおよび東洋占術の酉月将の始まりと、ほぼ同じになります。

七十二候では葭始生, 霜止出苗, 牡丹華 の時期になっています。

前の節気は清明、次の節気は立夏です。


四月下旬で、心はゴールデンウィークに向いている時期。「穀雨」とは穀物を潤す雨が降るという意味ですが、この時期はそんなに雨は降りません(降った場合は「菜種梅雨」という)。田畑を湿らす程度の雨が降れば田植えにちょうどよい時期になります(ゴールデンウィークは都会に行っていた息子が田舎に帰ってきて労働力が確保できるので田植えのシーズンです)。


二十四
節気
雑節
五節句
七十二候
(2013-01-11)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから