return

小正月(1.15)

1月15日は小正月。一連のお正月の行事もこの小正月で一段落です。

古代においては1月の始まりというのが新月(朔)なのか満月(望)なのか意見が分かれるものがありました。そのため年始も正月朔日という考え方と正月望日という考え方があり、小正月というのはこの正月望日を元旦と考える流儀の名残と考えられます。

公式の元旦は早くから朔日になっていたため、この望日方式はむしろ民間で生き残りました。そういうわけで両者には色々な呼び分け方があります。

 朔日 大正月 男正月 本正月 
 望日 小正月 女正月 若正月 

小正月の主な行事として下記のようなものがあります。

■十五日粥
七日正月にも七草粥がありますが、十五日にも十五日粥があります。一般には小豆を入れるとされる地方が多く、小豆粥とも言われます。
■年占い
小正月に合わせて各種の年占いが行われるところがあります。特に粥占いや綱引きなどをやるところは多いようです。一般に綱引きでは陸組と浜組に分かれて綱引きをし、陸組が勝てば豊作、浜組が勝てば大漁とします。
■各種芸能
小正月に合わせて色々な舞踊が行われる所が多く残っています。有名なものでは青森県八戸の「えんぶり」がありますが、その他各地にしばしば「田遊び」などと呼ばれる芸能が残っています。
また類似のものとして、年神が各家庭を訪問するというタイプの行事があります。秋田の「なまはげ」は有名ですが(なまはげは元々小正月の行事だが最近は大晦日に実施する所が多い)、中国地方にも似たような「ほとほと」というのが残っています。

return

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから
Dropped down from 今日は何の日.