針供養(12.8)

↑

針供養は実は2月8日にやるところと、12月8日にやるところがあります。12月8日は「事納め」といい、事つまり田畑に関する作業はこの日までに終わるべき日、2月8日は「事始め」といい、田畑に関する作業をこの日から始める日、とされていました。そのため、その事納めの日、事始めの日に針供養を行うという風習が確立したようです。

一般に針供養に限らず全ての祭事について、関西では事納めの12月8日が重視されることが多く、関東では事始めの2月8日が重視されることが多いのですが実際には地域ごとにかなりのバラつきがあるようです。

現在では一般の家庭で針供養をするところはほとんど無いと思いますが、毎年全国の被服科のある学校などで、この1年間に折れた針を豆腐に刺して塚に埋める針供養が行われています。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから