天使の日(10.4)

↑

10月4日は語呂合わせで「天使の日」とのことです。

これは感触の優しさをセールスポイントとした「天使のブラ」がヒットした女性下着メーカートリンプが、この商品の販売枚数1000万枚達成(1994発売)を記念して2000年に制定したものです。

トリンプは最近、アウターに響かない「Tシャツブラ」でも静かなブームを呼びおこしましたし、2000年夏には軽やかな付け心地をセールスポイントとした「恋するブラ」も出して好評を博しています。

天使という概念は唯一神を信仰するキリスト教・イスラム教などにおける概念で、その唯一神以外の聖なる霊的存在をいいます。詳しいことはこちらでそのうち書きます。八百萬(やおよろず)の神様のいる日本や古代ギリシャなどだと全部神様のうちに分類されてしまうところなのですが。

天使にもいろいろなランクがあって上の方には熾天使とか権天使などといったすごいおかたたちがいます。人と関わるのはぐっと下の8ランク目の大天使で聖母マリアに受胎告知をしたガブリエルとか、太陽の天使ミカエルなどといったところは有名。

狭義の天使というのはこの天使のランクの一番下の9ランク目の存在で、名前が付いている天使はないと思います。一般にはぷにぷにした赤ちゃんみたいな姿で、頭の上に輪をのせている姿が日本ではよく連想されますね。もっともあの姿はローマの古き愛の神キューピッド(ギリシャ神話のエロス、インドのカーマ、日本では愛染明王と呼ぶ!!)の姿がちょっと転用されているのですが。

トリンプの「天使のブラ」のネーミングは、やはりあの天使のぷにぷに感からの連想と、付けた心地が天に浮かんでいるように快適である、といったところがあるのでしょうか。


↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから