ヴァイオリンの日

↑

明治13年(1880)8月28日、東京深川の松永定次郎という人が初の国産ヴァイ オリンを制作。これを記念したものです。当時は提琴(ていきん)と呼ばれ 上流階級の子女が習って広まっていきました。

明治の終わり頃になると、自由民権運動の活動家たちが新しい思想を広める ために「ラッパ節」(*1)などの『演歌』を生み出し、その演歌歌手たちの伴奏 にヴァイオリンは無くてはならないものになります。このヴァイオリンと 演歌という組合せは大正時代になると更に普及し、演歌自体はやがて政治 思想からは離れた享楽的なものに変化して行き、ヴァイオリンを片手に 歓楽街を回る「流し」の演歌師などが生まれます。

戦後は演歌の伴奏の主役はギターに取って代わられるようになり、ヴァイ オリンがポピュラーソングに使われることはむしろ稀になってしまいました。
現在では、主としてクラシックとムード音楽での利用が主となっています。

西洋でヴァイオリンが誕生したのはだいたい16世紀後半といわれています。
発明したのはガスパーロ・ダ・サロという人とされますが異説もあります。
ダ・サロはブレシャの人ですが、それに少し遅れてクレモナ(Cremona)で アマティ(Andrea Amati,1520-1580)がヴァイオリン制作を始めます。この アマティの家系図を書いておきます。

  +---Andrea-+--Antonio   | +--Geronimo   |   +---Nicolo----Nicolo

このNicolo(息子の方,1596-1684)の弟子に有名なストラディバリ(Antonio Stradivari,1644-1737)がいます。また、ストラディバリの兄弟子のAndrea Guarnieri はストラディバリと並ぶ名器の作者Giuseppe Guarneri(1687-1745) の叔父になります。何だかややこしいですね(^^; ガルネリの系図も書いて おきましょう。

  +---Andrea--+--- Giuseppe(1690-1730)   | +--- Pietro   |   +--- **** ---- Giuseppe(1687-1745)

同じ Giuseppe Guarneriでも、同名の従兄弟がいるので全く紛らわしい。とに かく、この時代は一族で技術を継承しているので同じ「ストラディバリ」と 言っても、Antonioの息子が作ったものなどはお値段もぐっと下がります。

Antonio Stradivariが制作したヴァイオリン族は現在でも600個ほど残って いるそうです。その中でも円熟期の作品は、普通の人のお家が10軒くらい 買えるようなお値段がしているようです。

ストラディバリが高価なのは、この時代から300年以上たった今でもこれを 越える音を出せるヴァイオリンがどうしても作れないからです。何度か行わ れている解体修理の際に、かなり細かいデータの採取なども行われている ようですが、それにもとづいて同じように作っても、やはり同じ音は出ない という訳でストラディバリを越えるものを作ることは21世紀の楽器制作者 への宿題として残っています。

なお、ヴァイオリン族は最初は大きさ(音域)により、ヴァイオリン、 アルト・ヴィオラ(現代のヴィオラ)、テノール・ヴィオラ、チェロの4種類 でしたが、その内テノール・ヴィオラは使われなくなり、後にコントラバス (ダブルベース)が誕生して、結局4種類になっています。ただし奏法の違い からコントラバスはヴァイオリン族とはみなさない人も多いです。

ヴァイオリンは一流の弾き手になるには3歳頃から習得することが必要です が、趣味で演奏する分には、大人になってから習い初めても比較的習得が容易 な楽器です。実際50代、60代になってから始めたという人もよくいるようです。

ノコギリのような音を出してしまう人がよくいますが、あれは弓と弦が正しく 90度の角度をなしていないため。その状態で弓を引くと、弓が揺れますので しっかり持っておくのもきついくらいです。

なお集合住宅などに住んでいて実際のヴァイオリンでの練習がしづらい人の ために最近は共鳴胴がなくヘッドホンで音を聞ける電気式のヴァイオリンも 発売されていますので、まずはそういうもので練習するとよいかも知れません。

なお、子供用には子供の身体で持てるミニスケールの3/4, 1/2, 1/4, 1/8, 1/10, 1/16 などといったヴァイオリンも販売されています。1/16なんてのは 2〜3歳くらいの子供用ですね。

(2001.08.27) dropped from daily Dance


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから