神無月特集(15) 佐太大神

↑
→

神無月の神様たちの会議は前半が出雲大社で、後半は佐太神社で行われます。
この佐太神社にお祭りされているのが佐太大神です。

佐太大神は出雲国島根郡の加賀の地の神崎の洞窟ででお生まれになりました。
母は神魂命(かむむすびのみこと)の娘の支佐加比比売命(ささかひ・ひめ のみこと)、父は麻須良神(ますらがみ)と書かれています。

佐太大神が生まれようとしていた時、弓矢が紛失します。支佐加比比売命が 「この子供が間違いなく麻須良神の子であるなら、弓矢よ出てこい」と念じ られたところ、最初、角製の弓矢が流れて来ました。しかし支佐加比比売命 は「これは違う」といって投げ捨てます。すると今度は金の弓矢が流れてき ました。

支佐加比比売命はその金の弓矢を拾うと、「なんと暗い洞窟だろう」とおっ しゃって、この弓矢を洞窟に射ました。すると洞窟があかあかと輝きました。
(カカと輝いたので、この地を加賀と呼ぶのだそうです)

ここで神魂命とは、神魂神社の御祭神の伊邪那美神(いざなみのかみ)では なく、神産巣日神(かみむすびのかみ)のことであろうと思われます。また、 麻須良神とは須佐之男神(すさのおのかみ)かも知れません。洞窟(大穴) で生まれたということで、この佐太大神とは実は大穴持神(おおあなむちの かみ)、つまり、大国主神(おおくにぬしのかみ=だいこくさま)のことで はないかという意見もあるようです。あるいは逆に佐太大神が実は大国主神 なのであれば、系図からたどって、支佐加比比売命は刺国若比売なのかも 知れません。その場合は麻須良神は淤美豆奴神ということになります。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから