神無月特集(1) 天御中主から伊邪那岐・伊邪那美まで


天地が初めてひらけた時、高天原(たかまがはら)に成った神を天御中主神 (あめのみなかぬしのかみ)といいます。次に高御産巣日神(たかみむすび のかみ)と神産巣日神(かみむすびのかみ)が現れました。

この三神を一般に造化三神と言っています。その次に現れたのが宇摩志阿斯 訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)、天之常立神(あめのとこた ちのかみ)で、ここまでの5神を合わせて別天神(ことあまつかみ)と言い ます。

このあと、国常立神と豊雲野神が現れたあと、夫婦神が数世代現れます。

宇比地邇神・須比智邇神
角杙神・活杙神
意富斗能地神・大斗乃弁神
於母陀流神・阿夜訶志古泥神
伊邪那岐神・伊邪那美神

国常立神から伊邪那岐神・伊邪那美神までを神代7代と呼びます。そして、 この伊邪那岐(いざなぎ)神・伊邪那美(いざなみ)神が日本列島を生成 しますが、それは次回の配信で述べます。

上記の物語の中で、3・5・7という奇数が使われていることは注目してよ いと思います。また上記の神を全部合わせると17柱になります。これは陽 の極数9と陰の極数8を加えた数になっています。聖徳太子が制定した憲法 もこの17という数字を使って、十七条にまとめられていたことは周知。こ の記述をまとめた人は間違いなく、陰陽五行思想を修めていたことが確信で きます。

なお、高御産巣日神は高天原系の神の根本神、神産巣日神は出雲系の神の根 本神です。また国常立神はしばしば天御中主神と同一視されます。上記の 古事記の記述においても、別天神5神を紹介した上で、改めて国常立神から 記述が起こっていることに注目してよいと思います。


(1999.09.20)


(C)copyright ffortune.net 1999 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから